副業が本業の収入を超えるかもしれないYoutube

副業を持っているサラリーマンや主婦も増えてきましが、その多くは副業で月に数万円は稼ぐ程度が普通です。
しかしなかには副業が本業の収入を超えることもあり、今回ご紹介するYoutubeでの副業もそんな可能性を秘めた副業です。
Youtubeで収入を得る人のことをYoutuberと呼び仕組みは至って簡単で、Youtubeに自分の動画を何でもいいので投稿しその動画の前の企業の広告で稼ぐのです。
2016年に古坂大魔王扮するピコ太郎がヒョウ柄の衣装を着て歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」は、1度だけ聞いただけで病みつきになる動画であっという間に世界中で流行りました。
ピコ太郎はこの「ペンパイナッポーアッポーペン」で数千万円を稼いだと言われています。
そこで今回はYoutubeで稼ぐ、副業をご紹介します。

億を超える年収がある日本のトップYoutuberたち

日本のYoutuberたちの中には年収が億を超えていて例えば28歳のYoutuberのHIKAKINは現在YouTubeに4つのチャンネルを持っていて、2017年5月の時点で4つのチャンネルの合計登録者は約921万人で、YoutuberのYoutubeでの累計再生回数は59億回を超えています。
高校を卒業した後に上京しスーパーの店員をしていたHIKAKINの転機になったのは、アメリカのYouTuberのミシェル・ファンの講演会を聞きに行ったことです。
ミシェル・ファンはベトナム系アメリカ人で本業はメイクアップアーティストですが、YouTubeでの動画「メイクアップ・マニュアル」が人気です。
ミシェル・ファンのYoutuberとしての年収は約3億5700万円(00万ドル)で、世界のYoutuberランキングでは7位の年収です。

副業としてYoutubeを始めるにはどうすればいいのか

YouTuberとして副業を始めるには先ずYouTubeのパートナープログラムに登録する必要があり、YouTubeのプログラム登録画面に必要事項を入力するだけでスタートできます。
後はYouTuberとしての規約や免責事項などを読んで、登録すればYouTuberとして副業を始められます。
YouTubeの登録費用なども必要なくゲームの実況やおもちゃ紹介や、自分で撮影した動画でなくても面白いテレビ番組のシーンをまとめてアップしても構いません。
YouTubeにアップさせる動画には特に制限などはありませんが、副業として収入を得たいのであればやはり人に観てもらう動画の工夫が必要です。

まとめ

HIKAKINの他にもはじめしゃちょーやマックスむらいなど数千万円を稼いでいるYoutuberはたくさんいて、彼らの多くが最初は本業を持っていて副業としてYoutubeを始めるケースがほとんどのようです。
最初は副業のつもりでも副業が本業の収入を、超えた時点で副業が本業になるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)