初心者がYouTubeの広告単価を稼ぐ簡単な方法

今や小学生の将来なりたい職業ランキング上位常連となった
youtuber(ユーチューバー)。

たしかにyoutubeの世間の認知度はすっかり浸透し、
有名youtuberはなんだか稼ぎもよさそうなイメージです。

 

ところで、youtubeでの収益を得る方法が、主に
広告によるものだということはみなさんなんとなく
知っているかと思いますが、その詳細については
よくわからない、という方がほとんどではないでしょうか。

 

そこで今回は、
youtubeの広告収入のしくみと、気になる
単価についても考察していきます!

 

 

そもそもyoutube広告ってどんな仕組み?

 

YouTubeで広告収入を得る仕組みは、3つあります。

1. みんな貼っている動画広告クリックによる収入
2. 商品を紹介する動画を作って企業から「紹介料」を得る方法
3. アフィリエイト商品のリンクを貼っておく

その中で、今回は1番の
動画クリックによる広告収入」について
ゼロから詳しく解説していきます!

 

一般的にyoutuber(ユーチューバー)と呼ばれる方々は、
この「広告収入」をメインとして活動しています。

youtubeで動画を観た時、
よく「5秒後にスキップできます」みたいな、
テレビCMのような関係ない動画が流れたりしますよね。

ずばり、それが広告です。

そもそも、なぜ私たち視聴者が無料で動画が観れるかというと、
あの広告のおかげなんです。

逆に動画の投稿者は、広告主が払っている広告料を
Googleに仲介してもらって報酬を頂いている、
というワケです。

 

youtubeの広告で稼ぎたい!でもどうやって?

当たり前ですが、まずはご自身の
youtubeチャンネルを作成しましょう!
そして、収益化の設定をお忘れなく!!

 

広告収入は動画の再生回数と比例します。
いくらyoutubeチャンネルに動画を投稿して、
再生数が何万回になろうと収益化の設定をしないと
報酬は発生しません。

 

収益化の設定は、ざっくりいうと

 

・youtubeとパートナー契約をする

・Googleアドセンスに申し込む

動画をあげた時に収益化にチェック

 

この3点だけです。


簡単!
しかも費用は一切かからないので
コレはやらない手はないですね!

 

※収益化設定についてはこちらの記事にも
詳しく載っているのでよかったらご参考ください。

 

あとは無事審査が通れば収益化に繋がるというワケです。

 

審査というとなんだか不安になりますが、
アダルト、人種差別、法に触れるもの、著作権侵害
この辺りを気を付けていれば大丈夫でしょう。

著作権に関しては、BGMなど音楽関係はアウトになりやすい
という情報もありますので、細心の注意を払う必要は
ありそうですね。

 

youtube広告、最新の広告単価を調査!

youtubeの広告単価は諸説有り、
そして正式には公表されていないので
ハッキリとは言えませんが、だいたい

 

1再生0.1円

 

と言われています。

仮に、再生数×0.1円と想定すると、
1万回再生につき1000円の収益となります。

「やっと1万回でもたったの1000円か、、」
と感じるか、
「動画ひとつ作ってほったらかしで1000円もらえた!」
と感じるかは人それぞれですが、人気の動画ともなると、
再生回数が何十万、何百万という桁になるので
単価が低いからといって収益が上がらないと
ガッカリする必要もなさそうです。

※0.1円というのはあくまでも諸説です。
0.05円かもしれないし0.3円の時もあるかもしれません。
あくまでも目安としてご参考いただければと思います
m(__)m

 

そして、動画の再生回数はもちろん重要ですが
再生時間も広告単価に影響しているようです。

というのも、再生時間の長い動画であれば
いくつもの広告を表示させられますし、
広告そのものも、長めのものを挟むことができるので
結果的に広告効果が高いと予想されるからです。

 

また、動画のジャンルによってもかなり変わるようです。

 

例えば、子供向けの動画は人気ではありますが、
収益を意識すると単価が低い言われています。

なぜって?
それは視聴者である子供が購買力を持たないためです。

 

広告主の立場になって考えてみると、
広告を出しても商品が売れなければ意味ナシ!
広告効果が低いアドセンスの単価を安くするのは当然でしょう。

 

単価をアップさせてyoutube広告で稼ごう!

youtubeの広告単価を上げて収益を得るには、
前述のように、再生時間やジャンルも重要ですが
それよりも簡単に高単価を狙える方法があります。

 

それは時期です。

 

では、広告クリック単価が高くなる傾向がある
といわれている月は・・・

 

ズバリ!!

3月  9月  12月

です!

 

なぜかというと、
3月と9月は一般的に企業の決算月だからです。
会社としてはこの時期に広告費を投入するでしょう。

特に3月はYouTubeバブルという言葉まで
あるとかないとか!?

 

また、12月は「年末商戦」という
言葉があるように、世の中全体でモノが売れる時期です。

ですので、広告主も広告予算を増やして
単価を上げることは安易に予想できますよね。

 

逆に、1月 4月 10月はクリック単価が
低くなる傾向があると言われています。

 

まとめ

youtubeの動画投稿で広告収入を得ようと思ったら、
動画そのものの内容と再生回数が重要なのは
もちろんですが、

動画の長さやジャンル、
掲載時期も重要であることがわかりました。

ユーチューバーになりたい!!

とまででなくても、もし
youtubeチャンネルを持っている、
またはこれから作成するつもりなら、当然
広告収入を得たいですよね!

 

せっかくなら、単価の高いジャンルを
リサーチしてみたり、単価の上がりやすい
時期に動画の投稿数を増やすと収益に
大きく直結してくるのではないでしょうか。

 

単価自体は安くても、
youtubeは何しろ巨大マーケットです。
海外ユーザも多く、意外なものがヒットする
可能性だっていくらでもあります。

なので我々一般人でも、大きな収益を上げるチャンスは
まだまだありそうです!

 

youtubeに関してはこちらの記事でもご紹介しています♪

youtubeで稼ぐ!顔出しなしでもネタ次第で競合と差をつけられる!

youtubeで儲かる仕組みとは?そもそもどうやって稼ぐのか?

 

youtube広告収入より簡単!?
他にも初心者向け副業情報たくさんあります♪

ネットビジネス初心者必見!種類別解説とランキング【2019年最新調査】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です