一人暮らしの社会人が洋服代を無理なく節約した5つの方法を伝授!

 

社会人になって1人暮らしをしていると家賃、食費、光熱費やらと自分のお給料の中からやりくりしないといけませんよね?

でもオシャレもしたいし洋服代が節約出来ない・・・そんな人はいませんか?


服装次第で周りから受ける印象も変わってくるので大切ですよね。


とくにオシャレが好きな人にとっては、自分を着飾る洋服代は削りたくないですよね。

なので今回はオシャレもしつつ無理なく節約する方法をご紹介します!

・「買うつもりでもないのにウィンドウ・ショッピングしてて可愛いと思って衝動買いしてまう」
・「店員さんの押しに負けて買ってしまう」
・「自分が持っている服を把握していなくて同じようなデザインや色の物を買ってしまう」

「あーこれ私だ。」と思う人は少なくないと思います。


今から紹介する記事を読んで余計な出費で後悔することをなくしましょう。

 

洋服代を節約する方法

①プチプラブランドを使う

 

メリット:安くて流行りのもので全身コーデが揃えられる

デメリット:安いものを買うと1シーズンでヘタってしまうからシーズンごとに買い替えないといけない

プチプラとは、GU・ユニクロなどの値段が安くて使える物です。

「プチ(小さい)プライス(価格)」の略で、ほとんどの場合、女性用のファッションアイテムで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意味で使われています。

可愛いからと言って高い物を買うより、似たような物をプチプラブランドで揃えた方が節約になる事は間違いなしです!

しかし、安いものばかりを買うと、すぐにクタってしまう、流行の移り変わりが激しいから、買い替えないといけなくなる頻度が高まるので、かえって出費がかさむと言う意見もあります。

そんな時は、高い良い物を1点入れることでエレガントなイメージに変わり、

安く見えないのでオススメです。

 

②買うものがない時にウィンドウ・ショッピングをしない

 

メリット:余計な物を買わなくて済む

デメリット:何気なくぶらぶらしながらお買い物をするのが好きな人はストレスが溜まる

ウィンドウ・ショッピングをすると、ついつい洋服を買ってしまいがちですよね・・・

ウィンドウ・ショッピングとはお店のショーウィンドや店内を見て回る事です。

買う物を決めてからお買い物に行くと決めることで必然的にウィンドウ・ショッピングはしなくなります。

ウィンドウ・ショッピングをするよりメルカリやネットで同じもので安いものはないか調べてから買った方が、何気なくパッと買ってしまって後悔するより自分で納得出来るでしょう。

ウィンドウ・ショッピングが好きな人は、ネットサーフィンをすることで同じ楽しさを味わえるのでオススメです。

 

③必ず試着&買う服の色は着回し重視の白・黒・グレー

 

メリット:使えない洋服を買うことがなくなる

デメリット:試着の時間が取られる、毎回同じ色の物ばかりになって地味になってしまう

試着と買う服の色は着回し重視の白・黒・グレーにする事で間違いない買い物が出来ます。

結果として節約に繋がります。

万が一時間がなくて試着が出来ない時は一旦家に持ち帰って考えてみるのが良いでしょう。

先ほども言いましたが、良い物を1点入れる事でエレガントに見えるので、で、良い物を色物にして地味さを回避することをオススメします。

 

④家にある服をフル活用する工夫をする

 

メリット:無駄な物を買わなくなる

デメリット:ずっと着ている物が同じでつまらない、飽きる

家にある服の総量を調べて見て、使えるものはフル活用すると洋服を買わずに済みます。

そこで出た、いらない物は捨てるのが良いでしょう。

自分の服の総量が分かったら、一目見て何がどこにあるか分かるようにしまう事が大切です。

一目で把握出来ると言う事は、自分がどんな服を持っていて、どんな服が足りないのかが分かると言う事です。

これをする事によって、無駄な物を買う事がなくなり、節約に繋がります。

 

⑤洋服レンタル

 

メリット:買わずとして色々な服が着れてオシャレが出来る、買うよりお金がかからない

デメリット:試着が出来ないので自分に合うか分からない、誰が着たか分からない服を着ないといけない

デメリットの部分が気にならなければ、節約には、買わず、捨てずで色々な服が着れるので良いでしょう。

洋服レンタルとは、洋服を増やさずに、ファッションを楽しむツールのひとつです。

人気なところで言うと、「air Closet(エアークローゼット)」や「EDIST.CLOSET」、「MECHAKARI」などが挙げられます。

洋服レンタルをすることで、ブランドのお洋服を季節ごと、シーンごとに購入し、毎月平均2~3万円のお洋服代をかけている人であれば、月額1万円程度で、定価で10万円程度の洋服を毎月、数着借りることができるんです。

高いお洋服だと手洗いがNGでクリーニングが必要になりますが、レンタルだとクリーニング費用がいらない修理をしなくていいのも魅力の一つですね。

試しに利用してみるのもいいですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると5つです。

①プチプラブランドをメインで使って、良い物を1点入れる
②買うものがない時にウィンドウ・ショッピングをしない、調べてから買う
③必ず試着&買う服は着回し重視の白・黒・グレー
④どこになんの服があるのか一目見て分かるようにして家にある物をフル活用する
⑤洋服レンタル

この5つは洋服代を節約するのに欠かせない方法です。

無理をする事なく節約が出来て、かつオシャレが出来る方法なので是非試してみて下さい!

 

 

 

 

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Facebookはこちら

▼公式Twitterはこちら

公式Instagramはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です