選択肢を持つサラリーマンの生活の知恵

人は生きていく上でさまざまなことを学習して、それを生活の知恵として活かすことができます。
ウェブ上にあるサイトで掃除や調理などに関する、さまざまな生活の知恵をかんたんに探すことができます。
例えば使ってしまって小さくなった石鹸はそれを集めて容器に移し水を加えて火にかけると新しい石鹸ができとか、輪切りしたタマネギの中に卵を入れて目玉焼きを作ると卵の白みが広がらないので綺麗にできるとかです。
そこで今回はサラリーマン生活の知恵として、選択肢を持つ生き方についてご一緒に考えていきましょう。

選択肢を持つ生き方

サラリーマン生活を送っていれば1度や2度は自分が勤めている会社に不安を感じたり、今のままこの会社でそのまま働き続けることに疑問を感じた方も多いはずです。
「転職」という2文字が脳裏を瞬間よぎっても、しばらく経つとその不安や疑問はいつの間にか消えています。
しかし今の時代は会社が社員の生活を生涯保証してくれる時代でもなく、ある日突然のように会社が倒産したりリストラの宣告を言い渡される時代です。
そんな時にもし選択肢を持っていれば、慌てなくて大丈夫です。

選択肢を持つにはどうすればいいのか

サラリーマンにとって選択肢を持つ生き方とは万が一会社が倒産したり、会社からリストラの宣告を言い渡されて慌てなくて済む生活の知恵です。
今すぐに転職をしなくても転職エージェントなどの登録して、自分の市場価値がどれほどかを知ることは大切なことです。
今もらっている年収より高いのか、低いのかを知るだけでも価値があります。
もし市場価値が自分が思っていたより高ければ、何が起きても今でも新しい仕事が見つかるという選択肢を持つことになります。

まとめ

もし自分で思っていたより市場価値が低い場合は、自分のスキルや能力アップを高めたり、起業などの選択肢も視野に入れると良いでしょう。
転職して年収が下がるよりも自分のスキルや能力を活かして起業した方が、年収もキャリアもアップする可能性があるかもしれません。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【田舎で暮らすセカンドライフ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)