インターネットビジネス講座 -なぜ多くの人は稼げないのか?-

なぜ多くの人が稼げないのか?

こんにちは、紙直樹です。

今回はみんな気になるであろうテーマ
「なぜ多くの人が稼げないのか?」

僕は、インターネットビジネスでPC1台で自由な暮らし、
旅行ばっかり行っている生活を送っているわけですが、
実際問題、ほとんどの人が稼げているのかというと
ほとんどの人が稼げていないというのが実情です。

どうして、僕が「みんなできますよ」と言っているのに
だいたい(感覚値ですが)8分の1くらいしか稼げていないのか。

どうして、「みんなできるよ」と言っているのに
他の人たちはどうしちゃったんだというと。。

深くまでいくとちょっときりがないので、ざっくり説明していきます。

継続が出来ない

どうして継続できないのか?

難しいのから始めちゃう。

僕もまさにこうでした。

やり方がよくわかっていない。
やり方が分からずに進めてしまう。

要は、結果が出ずにやめてしまうということです。

ノウハウを間違えている

そもそも取り組んでいるノウハウを間違えている場合があります。

ノウハウが違うというのは、
その時のノウハウ、「今これが一番やりやすい」というのをやらなければ稼ぎにくいです。

「ノウハウが違うから稼げない」と言われていますが
合っているのは何だと言われると、正直その時によって違います

僕も輸出ビジネスを結構長い事やっていました。

当時流行っていたやり方が今でも通じるかというと、
今の時代には全く通じないです。

僕は時代によって変わらないやり方をしていたので、
今やってもいけます。

(僕みたいに狙いがあれば別ですけど)
なんとなくで変なノウハウでやっていくのは難しいです。

量が足りない

いくら正しいノウハウでも、
1日10分の作業量では足りません。

「1日3分で!!」みたいなやつ。
よく見ませんか?

まぁまぁまぁ、多くは言いませんが(笑

量がどのくらいだったら「良し」と言えるのか。
何で決まると思いますか?

1つは「需要」です。

お客さんが求める水準があります。

お客さんが求める水準に満ちていない、これはダメです。
これは売れない、稼げないです。

じゃあ水準が満ちていれば稼げるのかというとそうでもなくて、
「需要」に対して「競合」がいます。

お客さんの需要と、競合(の規模)によって決まってきます。

需要と供給

お客様が求める水準が出来ている、頑張っていたとしても、
競合がやってる量が当たり前になっていたら、
それよりもうちょっとやらないと稼げないです。

競合がいないゾーンは、
ちょっとやっただけで需要を満たすことができます。

例えば、
僕が物販に取り組んでいた時、
凄いマニアックなものを売っていたんですよ。

女装した男子の写真集というのとか。
やばくないですか?(笑
誰も出していないんですよ。

でも需要あるだろうなと思って出してみました。
競合ゼロです。

ただ、女装した男子の写真集が欲しい需要は高まりまくっています。
でも、競合ゼロです。

お客さんが求めているっていうところの水準はとても低いわけです。
「何か無いかなー」と探されている状態ですから。

なので、ちょっと出品しただけですぐ売れちゃいます。

ということで、
凄い量を頑張ればいいのかというと、そうでもなくて、
目の付け所によっては、ちょっとした努力で適正な量に到達して、売れます。

ただ、「目の付け所」を見い出せるようになるには、
ある程度量を積み重ねないといけないです。

1日3分というのは、いいですけど・・・・。
ちょっとまぁ。。話半分くらいに聞いておいたほうがいいですよ、こういうのは。

ここまでのまとめ

もし、今あなたがインターネットビジネスやっていて稼げていないとしたら・・・

〇継続できていない
そもそもやめてしまっているかもしれないですね。

〇ノウハウが違うかもしれない
どういったノウハウが正しいのかというと、
これはさすがに買わないときついかなというのもあります。

僕も動画等なるべくあげていきますけど、
最新のノウハウは人から聞いたりとか、先生から聞かないと厳しいです。

買わせるために言っている訳ではないのですが、
ググっても古い情報とか出てきてしまうでしょうし、それをやっても稼げない可能性が高いです。

正しいノウハウでやりましょう。

受験の時とかも赤本を買いますよね。
そのような感じです。

〇量が足りていない
先に言った通りです。
何時間やったからいいといったものではないです。

ノウハウよりマインド

ここからが重要です。

同じ教科書を使っても、結果に差が出る。

赤本の話が出ましたが、
みなさん赤本使用したりしましたか?

大学受けていない方も、
高校の時参考書みたいなのを使ってたと思います。

例えば、クラスに40人います。

みんな同じ教科書を使いますよね。
国語なら国語、数学だったら数学、算数だったら算数。

みんな同じ教科書を使ってますが、
成績ってみんな差が出ませんか?

これはなんでかというと
「ノウハウよりマインド」です。

ノウハウは、
大体はYouTubeや無料情報から拾えます。
(即効性のある裏情報は買わないと無いのですが。。)

基本的な知識は僕もガンガン公開していますし、見つけられると思います。

そうするとノウハウというのはそれなりに手に入れられるわけですよね。

例えばダイエットとか。
自分がしようと思ってググってみると、結構情報がありますよね。

ならどうして、多くの人がダイエットがうまくいかないのか。

量が足りなかったりとか、
バナナダイエットとか、本当かよ!みたいなものを
やってしまったりなどあると思います。

結局マインド、考え方と動き方というのが非常に大事なんです。

結果に直結することだけをやる

中学生の時とかいませんでしたか?

1日テスト前に8時間やっているけど、点が大して高くない人。

逆に、1日2時間しか勉強してないのに成績上位の人。

あれは結局、
やっている時間のうちに
どれだけテストでいい点を取るために時間を使えているか
です。

勉強

例えば
8時間やっている人は、
教科書の端から端まで見ています。

一方、
2時間しかやっていない人は
先生が「テストに出るよ」と言うところだけやっていると思います。

テストに出るよといったところから
何か傾向を探してこのへん出るなというのをやっていたとしたら
2時間だとしても成績があがると思います。

稼ぐ系でも同じで、
いくら正しいノウハウを使っていたとしても、

会社帰ってきてから1日6時間やっています。
2時間顧客対応、2時間梱包、1時間出品、1時間リサーチ
とやっている人と、

一方で、
2時間しかやっていないけどリサーチオンリー。
出品とか雑務は外注さんに振っている人。

どっちの方が売り上げが上がるのかというと
2時間の方なんですよね。

リサーチが売り上げに直結する作業です。
梱包とかしていても売り上げは上がらないです。

やっぱりリサーチなんです。

売り上げにつながる仕事をどれだけやったかで売り上げが決まるのです。

テストでいい点を取るのも
テストでいい点取るための努力をどのくらいしたかで決まるわけですね。

まとめ

どうして多くの人が稼げないのか。

  • 継続が出来ない
  • ノウハウを間違えている
  • 量が足りない

それから、
マインドを軽視してしまっている。

「正しいやり方があれば俺は稼げるんだ!」
「正しいやり方ゲット!」
でも稼げない。。

これはノウハウはあっているんだけど、
やり方・考え方を間違えているということです。

どうしたらいいのか。

難しいですが、
ノウハウよりも動き方考え方マインドを突き詰めていかなきゃいけないです。

それだとあまりにもザックリしすぎているので、

どのように考えてどのように努力をしていけばいいのか
ということについても書きました

電子書籍amazonランキングで1位を獲った
「自由人の条件」

自由人の条件

こちらを今、無料プレゼントしています。

動画をご覧いただきますと、終盤左の方にテロップが出ています。

スマホの方は動画ページのコメント欄にプレゼントURL書いてありますので
そちらよりゲットして頂ければ
今回の考え方が全部詰め込まれていますのでご覧になってください。

動画ページはこちら
【紙直樹 インターネットビジネス講座】なぜ多くの人が稼げないのか?

それでは以上となります。
ありがとうございました。

なぜ多くの人が稼げないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です