そもそも休眠口座って誰のお金なの……? 銀行が休眠口座を使用するのは不当ではないというけど もっと正しい使い方はないものでしょうか……

「休眠口座」って何かご存じでしょうか。 頻繁に銀行の口座に向きあっている人たちには、休眠口座という言葉とは無関係かもしれません。長い間引き出しや預け入れなどの取引がされていない、眠っている銀行預金のことを休眠口座と言います。みなさんも口座にお金を入れ、結婚したりして環境が変わりずっと放置すれば、休眠口座の扱いになってしまうかもしれません。

死亡した人たちの休眠口座の問題 死体はものを言わず

死体は、もちろん銀行に行って、お金を引き出しに行くことが出来ません。そのような人たちの口座が休眠口座となり、毎年800億円を超えていると言います。銀行で10年、ゆうちょ銀行で5年と言われていますので、これを長いととるか、短すぎるととるかです。

休眠口座は、全国銀行協会などの内規により、その預金は銀行の収入となります。ただし、このような行為を銀行の不当!と捉えるべきではなく、通帳や印鑑などを持って窓口に行けば払い戻しを受けることが出来ます。

休眠口座はどう利用されるといいか考えると……

 
休眠口座を、そもそも銀行の利益として計上して問題ないのかという意見もありますが、少なくとも不当ではないと考えることが出来ます。しかし、本当の意味でこれが銀行のお金かといえば、不当でないことが正しい答えかと言えば疑問です。誰もが納得出来る方法を考えれば、それは元々は国民のお金なのですから、国民のために使うことは出来ないかと考えるべきではないでしょうか。

日本でも、いろいろな災害や困難が起こり、公的機関では支えきれない事態があります。海外では、休眠口座のお金が社会事業、福祉事業に使われている例も多く見かけることが出来ます。

まずは大事なのは、休眠口座は、国民が分かりやすい方法でいつでも探せるようにしなくてはならないことです。そして、返還を求める権利も引き続き守られるべきです。

しかし、それでも持ち主が登場しないケースは起こりうることです。持ち主が現れない預金について、国民のための社会事業などを通して、国民に還元する方法をと考えるべきではないでしょうか。

まとめ

休眠預金活用法が成立することになります。休眠預金活用法が施行し、現行の通知手続きを経たうえで休眠預金は預金保険機構に移され、公益活動にたずさわるNPO法人や自治会といった団体を公募し、助成や貸し付け、出資することが出来るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)