転職するために役立つスキルアップとは

 

そもそもスキルアップって何なの?

3
スキルアップとは今している仕事の技能やレベルをアップさせることですが、
なぜスキルアップする必要があるのかをちゃんと理解している人は意外と少ないのものです。
スキルアップすることで、同期入社組よりも早く出世したり、転職する際に有利に働きます。

 

転職する際になぜスキルアップが大事なにか?

7
転職も昔と違って一生同じ会社で働きたくても、40歳までに部長になれない人はリストラの候補に上がる時代で、
誰もが自分の意思に関係なく転職せざるを得ない現代社会です。予期しないリストラの宣告で転職を余儀なくされる
と、あまりに低い自分の市場価値に困惑するのが普通です。自分で考えている年収よりも遥かに低い年収でしか、
転職できない現実に驚くサラリーマンがいかに多いことか。
20代の若手社員と同じ程度のスキルであれば、会社も40代や50代の社員をリストラして若い社員を採用したほうが
良いに決まっています。40代や50代のサラリーマンが良い条件で転職するには、若い人にはないようなスキルが欠かせないのです。

 

どんなスキルアップが転職に役立つのか?

4
サラリーマンの中にはさまざまな資格を取得する資格マニアと呼ばれる人もいますが、
自分のキャリアアップにつながるような資格を取得しないと転職する際に役立ちません。
例えば建築士であれば2級建築士よりも1級建築士の方が明らかに転職する際に有利ですし、
マンション販売や不動産会社の営業職でも、宅地建物取引士の資格を持っていると年収アップも期待できます。

 

まとめ

誰もがリストラの候補に上がるこの時代であればスキルアップを心掛けて、常日ごろから英会話の勉強を行うなど
すべきです。近年では日系企業に勤めているサラリーマンに、急な海外駐在員の辞令が出るケースが増えています。
普段から英会話などスキルアップを心掛けていればそんな急なケースにも対応でき、
転職する際にもある程度の英話ができれば有利なことは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)