人工知能で将来なくなる思われる職業とは

人工知能とはAI(artificial intelligence)とも呼ばれ、コンピューターに人間に代わって知的な活動をさせる研究と技術のことです。富国生命保険が医療保険などの給付金を査定する業務を人工知能を導入し、人員の約30%を削減することがニュースになりにわかに人工知能が注目を集めています。

 

どんな職業が人工知能に仕事を奪われるのか?


人工知能が得意とするのは正確性を要求される仕事や、単純作業やマニュアル化しやすい仕事や、システム化することで計算や算出ができる仕事です。
生命保険会社の給付金の計算などは正に正確性を要求され、システム化することで計算や算出ができる仕事で、それに何と言っても単純作業です。実はこの他にもGoogleが注力している自動運転も人工知能で、トラックやタクシーの運転手などは人工知能に仕事を奪われると言われています。裁判所の判事や弁護士などの仕事も人間に過去の判例を覚えさせるよりも人工知能のほうがあるかに得意で、イギリスのオックスフォード大学で人工知能の
研究を行っているマイケル・A・オズボーン准教授は「雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか」という論文のなかで702の職種の約半分が人工知能に仕事を奪われると予測しています。興味深いのは702の職種の全部に関して人工知能に仕事を奪われる確率を書いていることです。
例えばバーテンダーの仕事が人工知能に仕事を奪われる確率は77%で、人工知能に仕事を奪われる確率が90%以上というはスポーツの審判やレジ係など多数あります。

 

人工知能の登場で創造される新たな職業とは


飛行機が登場しパイロットや客室乗務員や整備士や、管制塔や飛行場で働く仕事が新たに創造されました。同じように人工知能に仕事を奪われる職業がある一方で、人工知能のアドバイザーや輸送アナリストやマインドインストラクターなどの新たな仕事が登場すると予測する人もいます。
人工知能のアドバイザーとは人工知能が登場することで起きるさまざまなトラブルや問題を解決する職業で、輸送アナリストとは自動車の運転は人工知能が行い、人間が不測の事態に対処したり
運輸の効率化や状況判断を行います。マインドインストラクターとは人工知能の登場で自分の仕事を奪われた人や、価値観の喪失を感じる人が増えてくることが想定されるので、そのような人々に対するコンサルタントのことです。

 

まとめ

これまでは小説や映画のなかの出来事が、私たちの目の前まで来ています。産業革命の時もそうですが、機械に人間の仕事が奪われて人は常に新たな仕事を創造してきました。人工知能や機械ではできない仕事を探し、今からスキルを磨けばまだまだ間に合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)