副業(輸出ビジネス)で稼ぐために必要な気付きとは

副業(輸出ビジネス)で稼ぐために必要な気付きとは

副業を始めたい。
やってみたけどどうやって稼ぐのかがわからなかった。
もっと稼げるようになりたい自由になりたい
サラリーマン主婦在宅ワーカーなど様々な人が
一度は考えますよね。

そんな皆様へ、月に一千万円稼ぐようになった僕こと紙直樹
教え子たちとの対談を通して稼げる極意をお伝えします。

今回は、最初の対談前回の対談とはまた違った観点でお呼びしました。

前回とは真逆の非常に苦しんできた方々をお招きしました。
苦しかった時期から稼げるようになった転機やポイント、
現在はどうやって稼いでいるかについて、
根掘り葉掘り聞いていきます。

今回のゲストは『中村 正信』さんとと『斎藤 佑貴』さんです。
よろしくお願いいたします。

輸出ビジネスで稼げるようになるには

ゲストのみなさんの自己紹介と、ebay(イーベイ)Amazon輸出で稼げるようになった転機について伺いました。

ゲストのお2人の収益と、苦戦していた時期からどうやって稼げるようになったのか
その転機について伺いました。

紙 -
最初は苦戦していたけれど、収益をグングン伸ばしているお2人です。
まずは自己紹介をお願いします。

中村 -
最近3か月の実績は、利益が10万円、10万円、40万円と突然収益が伸びました。
売上は約300万円程です。
ここについてお話していくことになると思いますが、
やればできることばかりです。
よろしくお願いします。

斎藤 -
実績としては、今まで10万円前後だった利益が、先々月に30万円程に伸びました。
売上は約220万円です。

紙 -
最初のテーマとして、ブレイクポイントについてお伺いします。
斎藤さんは2月にセミナーに来ていただいたんですよね。
その時はブラック企業に勤めていたそうなのですが、就業時間はどれくらいでしたか?

斎藤 -
朝6時に起きて会社に行ったり、出張が多く、帰ってこられないときは3か月くらい
出張に行きっぱなしということもザラでした。
しかも、拘束時間に対してまったく見合った報酬が得られなかったのです。
そこから脱却するために、紙さんの塾に入って、次の月には独立しました。

紙 -
現在利益30万円あるということで、無在庫でやっているから、
今はその30万円が丸々手元にあるというイメージですよね。
その収益になったとき、何が一番変わりましたか?

斎藤 -
作業時間の確保です。
会社を辞めて、最初の2か月は子供の世話にとてつもなく時間が取られていました。
仕事から解放された反動で、優先順位が子供との時間に振り切れていたんです。
その間は1日4時間ほど、手作業でリサーチをして出品していました。
リサーチに時間がかかってしまって、多くても30件しか出品できていませんでした。
しかし、このままではいけないと優先順位を整理して時間を確保したところ、
こうして収益が伸びるようになったのです。

紙 -
今、どんなものが売れていますか?

斎藤 -
今はおもちゃ・ホビー系が売れています

紙 -
斎藤さんはそういった物が元々好きなんですよね。
そうして強みを活かせるというのは本当に良いやり方だと思います。
優先順位を整理したきっかけはなんですか?

斎藤 -
マインドです。
今までも、稼いで家族を養っていかないといけないという意識は持っていました。
しかし、それも漠然としていて、具体的ではなかったことに気づいたのです。
どうやって収益を上げて、それを継続することができるのか、
それを深く考えたとき、優先順位を整理し、行動量を増やしていこうと
思えたので、教えやノウハウをとにかく実践しました。

紙 -
では、中村さんも収益が上がったきっかけをお願いします。

中村 -
きっかけは、このまま毎月10万円の収益で過ごせるのか?と思い至ったことです。
10万円で生活できるのならそれでも良いですが、やはり難しいですよね。
ではどうするのか?といえば、自分を変えるしかないわけです。
自分を変えるためにはやはり自分で考えていくしかないのです。
そうして深く自問自答して決めたことにしっかりと取り組むようにしたら、
収益が上がりました。

紙 -
具体的にどんなことを変えましたか?

中村 -
自分の作業を見直しました。
時間で区切り、ここまでにこうする、ここまでにこうしなければいけない、
と決めたことをひたすらやりました。

紙 -
今はどんなジャンルの物を出品していますか?

中村 -
今は小さい家電スポーツ用品を中心に出品しています。

紙 -
家電を取り扱うにあたって気を付けていることはありますか?

中村 -
逆に、気を付けなくて良い物を扱うようにしています
本当に機械物だと、扱っているライバルが多く価格競争になってしまうので、
そういう人たちが売らないような、安いけれど数を売れば良いような物を
売るようにしています。

紙 -
中村さんも家電が好きなんですよね。

少し本筋から外れるのですが、塾生からよくジャンルの絞り方を聞かれます。
専門店として出品するべきか、売れている物をとにかく出品するべきかですね。
お2人は今聞いた感じでは専門店形式で出品していますよね。
最初から今のジャンルで出品していたのですか?

斎藤 -
私は最初はお菓子を売っていました。
意外と売れます。

中村 -
私は最初から家電を売っていました。
価格の相場を知っていたので、出品しやすかったのです。
家電利益は1品2~3万円程度です。

紙 -
スポーツ用品はどうですか?

中村 -
こちらも売れています。
こちらはスポーツ用品ならなんでも扱うようにしています。

紙 -
スパイクやクラブなど人気どころを出品しているのですか?

中村 -
クラブを出品するより、磨くためのクリーナーを出品したりしていますね。

紙 -
やはりそうして少しズラした出品の仕方をした方がライバルが少なくて済みます。
専門店形式で出品するのであれば、まずは好きなもので売ってみると良いですね。

リサーチ方法を工夫する

売れる商品を様々な角度からリサーチして、輸出ビジネスで稼げるようになりました!

実際に稼げるようになったお2人が
どのような工夫をして売れるようになったのか、お話を伺いました。

紙 -
今はお2人とも私の塾生なので、塾のツールを使っています。
その前はどうやって出品していましたか?

中村 -
大量に出品できるツールではなく、1品ずつ出品できるツールを使っていました。
Excel(エクセル)が全く使えなかったので、File Exchange(ファイルエクスチェンジ)
いきなり使うには少し難しかったです。

紙 -
File Exchangeは説明書も英語だったりして最初はとっつきにくいですよね。
パソコンが苦手でもできますか?とよく聞かれますが、
少なくとも私はパソコンが苦手でしたし。
Excelは勉強したんですか?

中村 -
嫁と一緒に勉強しました。
経理関係の仕事をしていたことがあって、私よりも精通しているようだったので、
協力してもらってある程度の勉強はしました。

紙 -
お2人は予約商品は取り扱っていますか?

斎藤・中村 -
はい、取り扱っています。

紙 -
クレームがきたことはありますか?

斎藤・中村 -
ないですね。

紙 -
意外とクレームが来ないですよね。
prerelease(プレリリース)と書いてあってもかなり注文がきます。

中村さんは予約商品として何を出品しましたか?

斎藤 -
任天堂amiibo(アミーボ)です。
任天堂というビッグワードで検索をして、売れているのを発見したので出品しました。
Amazon(アマゾン)では買えなくて、実店舗を回って予約しました。
嫁や知り合いにも手伝ってもらって、トイザラスなどでたくさん買いました。

紙 -
今回はこれからebay(イーベイ)Amazon輸出ビジネスを始めるにあたって
とても良い話題が豊富ですね。
予約商品が売れることや予約商品にクレームがあまり来ないこと、出品の発想のズラし方などです。
ズラしってどうズラせば良いの?など、この対談をぜひ参考にしていただければと思います。

中村さんはどのような商品を予約販売していましたか?

中村 -
フィギュアと、iWatch(アイウォッチ)などのガジェット系家電です。
日本が先行発売の物は売れやすく、ヨーロッパからの注文が多かったです。
これに関しては、今は気を付けていることもないですね。

紙 -
日本先行発売の物の探し方のコツはありますか?

中村 -
ググることもありますが、価格.comなどでいついつ発売!という商品を拾ってきて
とりあえず出品していました。

紙 -
価格.comリサーチは新しいですね。
中村さんがやっている新リサーチ法についても教えてください。

中村 -
あまり言いたくはない情報なのですが、
私は一人でやっているので、リサーチの時間が足りません。
そこで、実店舗へ買い付けに行くとき、出会った外国人の方に直接
「何を買いに来ましたか?」と英語で聞きます。
「どこから来たの?」「何を買いに来たの?」という具合です。
私は秋葉原や新宿でよく聞いています。
ヨーロッパの方やロシアの方など、様々な人がいますよ。

紙 -
何をしに来ている人達なのでしょう?

中村 -
だいたいは観光か、これを買いに来ましたと答えてくれます。
止まっているホテルやスケジュールまで教えてくれる人もいますよ。
友達へのお土産としてなど、わざわざその商品を買いに来ているようです。

紙 -
商品数などボリュームが出てくると、やり方も王道的になりますね。
今はお2人ともそういう時期だと思うのですが、個性的なやり方も
たくさんしているようですね。

リサーチに関しては以上となります。

稼げるようになるアドバイス

どうやったらそんなの稼げるの?それは稼いでいる人と比較し、気付きを得ることです
前の対談でゲストのお2人ともお話ししたのですが、
やはり大変なこともたくさんあります。
しかし、それでもやはり自分で選んで解決していけるので、
会社に勤めているよりも楽しいのです。

最後に、初心者の人と稼げていない人に向けて一言ずついただきました。
特に初心者の方はどこから手を付ければよいかなど、
お2人の目線からのお話です。

中村 -
よくある話だと思うのですが、
1年後、10年後の自分はどうなっているのかを考える機会は少ないと思います。
私はそれを毎日考えるようにしていました。
その思考が植えつけられると、じゃあこうしないと!という先の行動が見えるのです。
そして自分を疑うことです。
自分との作業量は実際に40万円稼いだ時と10万円稼いでいる時で違うんだろう?という事ですね。

紙 -
頑張ったからいけるはず、でも頑張ってもいけなかった、
とそこで諦めて終わってしまう人がほとんどです。
そういった意味で、自分がやっていることのやり方と作業量を見直すということは大切ですね。

中村さんお願いします。

中村 -
私は最初、アカウントを作成してすぐにsuspend(サスペンド)されてしまったこともあり
ほとんど放置していました。
登録した時のFacebook(フェイスブック)ebayの情報が、
英語の住所の書き方を知らなかったせいで食い違っていたのです。
これは書類を提出すればちゃんと直ります。
当時はそれが原因で怖くなってしまって、
ネットでebayについて調べたりする時間を作りました。

紙 -
インターネットで調べてみると、なかなか正しい情報にたどり着けないですよね。

中村 -
そうなんです。
なので、紙さんの塾のような正しい情報を教えてもらえる環境というのは
とても大切だと感じました。
自分だけでやれる自信がない人は、教わるというのもひとつの道だと思います。

紙 -
人によって合う合わないはあるかもしれませんが、ひとつの道です。
実際に今10万円しか稼げていない人は、40万円稼げている自分をまだ知らないですよね。
やり方ももちろんですが、最新の情報を仕入れられているか、
しかし普遍的な、商売の勘みたいなものを養えているかを再度見直すということは
とても大切ですね。

まとめ

ebay(イーベイ)Amazon輸出において、リサーチ方法の工夫、自分の作業の見直しはとても大切なのです。

まとめていきましょう。

今回は、稼ぐためには何をどうしたら良いかがかなり見えた対談でした。

様々なリサーチ法が出ましたね。
店頭で仕入れたり、予約商品を販売するというのも良いことがわかりました。
できる人は街頭リサーチも有効です。
都内であれば秋葉原新宿、関西なら京都などでもできそうですね。
価格.comリサーチというのも、斬新でした。

すでに輸出ビジネスを始めている人については、とにかくノウハウを重ねて、自分の作業量を知ることです。
稼げていない人は、稼げている人と自分の差は何か、に焦点をあててみてください。
それに気付いた時がターニングポイントです。

稼げるようになったら、自動化(外注化)を視野に入れてどんどん拡大していきましょう。
自動化については、前回の対談で詳しくお話していますので、ぜひ見てみてください。
■URL:https://sideline-lab.com/pro-styles-behind-automating-side-jobs-import-business/

これらの情報を、今から、すぐにでも実践して、
みなさんも稼げる人になりましょう!

よろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

アバター
Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!
副業(輸出ビジネス)で稼ぐために必要な気付きとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です