所得補償保険と収入保障保険って何が違うの?

人生は一寸先は闇とも言いますが明日に会社の健康診断で、癌だと宣告されないとは誰も断言できません。
通勤中に交通事故に遭って、大怪我をしてもう仕事ができなくなるかもしれません。
結婚していなく独身であればまだしも、もし結婚していてまだ幼い子供がいれば家族の生活のことが心配ですよね。
そんな時のために加入するのが所得補償保険で、保険金は一定の期間は毎月受け取ることができます。
所得補償保険とよく似た名称の収入保障保険も、保険金の支払方式は所得補償保険と同じです。
そこで今回はこの所得補償保険と、収入保障保険について詳しく検証してみます。

所得補償保険とは働けなくなった時に年収の最大60%を補償

生命保険とか医療保険に加入していてももし病気や怪我で仕事ができなくなった場合でも、治療費や入院費用はカバーできても生活費までは支給されません。
サラリーマンの方であればそんな場合でも一定の期間は会社から給与が出ますが、自営業の方の場合は仕事ができなくなった時点で収入が途絶えてしまうことが多いので大変です。
そんな時に所得補償保険に加入していてば被保険者の税込みの年収の最大で60%ほどが補償されます。
保険会社にもよりますが通常は1年から最大で5年間は、毎月一定の金額を受け取ることができます。

収入保障保険って生命保険とどこが違うの?

所得補償保険と収入保障保険は名称がよく似ていますが、収入保障保険は生命保険の一種と言ってもいいでしょう。
生命保険との1番の違いは生命保険の場合は被保険者が死亡した時には保険金が一括で支払われるのに対して、収入保障保険の場合は所得補償保険と同じようにある一定の期間は毎月受け取ることができることです。
そのため定期保険と比べると保険料が安いのが特徴です。
これは定期保険と違って収入保障保険の場合は掛け捨てで、受け取ることができる保険料の総額も契約期間の満期に近くなればなるほど少なく済むからです。

まとめ

所得補償保険は保険会社にもよりますが最長で70歳までの長期保障があったり、受け取ることができる給付金も月額10万円から50万円程度の範囲で選べます。
さらに収入保障保険の場合は子供がいる既婚者が被保険者ですが、所得補償保険の場合は独身の個人事業主が病気や怪我をし、入院し収入がなくなった時に備えて加入するケースも少なくありません。
所得補償保険と収入保障保険では加入する目的が異なるので、加入する場合はどちらに加入するかはよく考ることです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【ブラックなバイトの対応法】

ブラックなバイトの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)