パラレルキャリアとは?副業との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

パラレルキャリアという言葉を聞いたことがあるけど、一体どのようなことをしているのか、副業と何が異なるのかわからない人も多いのではないでしょうか。

「キャリア」と付いていることから、キャリアアップに関係する言葉かなと思う人もいることでしょう。

主婦 しゅふ子
聞いたことはあるけれど、説明しろと言われるとちょっと自信ないかも。。。

(※主婦 しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

事実、パラレルキャリアという言葉が注目されるようになったのは、近年の働き方改革や終身雇用制度の崩壊が始まってからなのです。よって、意味がよくわからないのも当然といえます。

そこで、この記事では、パラレルキャリアの意味とメリットやデメリット、
そしてパラレルキャリアをスタートさせる3つのステップをご紹介していきます。

紙直樹
当サイトを監修している紙直樹です!

現在、期間限定で副業の動画講義を30名限定で無料プレゼントしています!
まずは無料で学びたい方はチェックしてみてください!
クリック

パラレルキャリアとは

パラレルキャリアとは、
ピーター・ドラッカーが「明日を支配するもの」という著書で紹介した考えです。

現在の仕事以外の仕事を持つことや、ボランティア活動などに参加することを示します。

どうしてパラレルキャリアという考え方が広まったかというと、定年まで同じ会社に勤めることが難しくなってきたからです。

急な倒産や解雇があったとき、仕事がなく、再就職しても会社内になかなか自分の居場所を作ることが難しかったりします。

しかし、パラレルキャリアを行っていることで、このような事態に備えることができます。

例えば、本業以外に第二・第三の仕事をしていたことでキャリアアップし、解雇を逃れたり、再就職もスムーズにできたりと、路頭に迷うことを防ぐことができます。

また、再就職先でなかなか馴染むことができなくても、第二・第三の活動仲間がいるため、居場所作りに悩む必要もありません。

さらに、パラレルキャリアを通じて、自分が社会にどう貢献できるのか、人のために何ができるのか、どう生きていきたいかを考える機会も得ることができます。

本業に追われる日々だと、どうしても自分の将来を考える機会を後回しにしがちです。

しかし、第二・第三の活動を行うことで、自分のどの能力を活かせば、社会に貢献できるのから人の役に立てるのかを知ることができます。

そして、自分のできることや長所を知ることで、今後自分はどのように生きていきたいかを考えることもできるのです。

パラレルキャリアは、本業がなくなったときの備えのみならず、自分がどのように生きていきたいのか、人の役に立つにはどうすべきなのかなども学ぶことができるのです。

サラリーマン これ くたすけ
副業を始めてから副業友達もできたし、人にわからないことを教えていると確かにやりがいを感じるなぁ

パラレルキャリアと副業の違い

 

パラレルキャリアと副業の大きな違いは、収入の増加を目的とするわけではないことです。

パラレルキャリアは、自分のスキルアップや生活の質の向上を目的としています。

よって、自分の余暇時間を使い、自分の夢を実現するために努力したり、ボランティア活動などで社会貢献をしたりすることなども、パラレルキャリアに含まれます。

サラリーマン これ くたすけ
ボランティアにももちろん興味はあるけれども、僕にとってはお金が大事なので、副業が優先だな。

副業もスキルアップになるし、副業でお金を稼いでからでもボランティアはできるからね。

今、パラレルキャリアが注目される理由

 

なぜ今になってパラレルキャリアは注目されるようになったのでしょうか。

その理由は下記の2つです。

➀ワークスタイルの多様化
②終身雇用制度の破綻

➀ワークスタイルの多様化

パラレルキャリアが今注目されている理由の1つとして、ワークスタイルの多様化が挙げられます。

「自分はどのように生きたいのか」をよく考える人が増えたため、 様々な働き方が確立されてきています。

その中の選択肢の1つとして、 パラレルキャリアがあるのです。

 

②終身雇用制度の破綻

前までは終身雇用制度や、年功序列制度などのシステムがありました。

しかし、今ではそのような旧来の雇用システムは破綻しています。1つの会社で勤め上げることが困難になってしまったのです。

よって、現在は自分自身で人生のキャリア設定を考え、複数のキャリアを並行して築いていくことで、リスクヘッジを行なっているのです。

 

パラレルキャリアの5つのメリット

パラレルキャリアになることで様々な良い効果が期待できます。

パラレルキャリアのメリットは、以下のとおりです!

➀人脈を作ることができる

1つ目のメリットとして、人脈を作ることができる点が挙げられます。

パラレルキャリアとして活動する中で、本業では関わり合うことができない人達と出会うことができます。

新しい人脈は、生活に刺激と潤いを与え、これからの自分の人生にも大きな影響を与えてくれます。

また、本業でも人脈が広いということは、大きなメリットとなりますので一石二鳥と言えます。

 

②色々な考え方を吸収できる

メリットの2つ目は色々な考え方を吸収できる点です。

1つの会社に勤めていると、考え方が固定されて偏ってしまいがちです。

しかし、パラレルキャリアによって、多様な人と関わることが増えます。

様々な人と関わりうことで、刺激を受け、良い考え方を吸収することができ、柔軟な思考を持つことができるのです。

 

③スケジュール管理が上手になる

3つ目のメリットとしては、スケジュール管理がとても上手になることが挙げられます。

なぜかというと、本業と両立させるために、時間管理と自己管理を行っていくからです。

今まであまり意識していなかった無駄な時間を削減し、パラレルキャリア形成の時間を捻出する能力が自然と身に付きます。

スケジュール管理が上手になるということは、本業にもいい影響を及ぼしますので一石二鳥と言えるでしょう。

 

④社会貢献をしているという実感が持てる

4つ目のメリットとしては、社会貢献ができる点が挙げられます。

普段は本業だけの生活ですので、なかなか自分が社会の役に立っているという実感は得られません。

また、どのようなことをしたら人の役に立つのか考える余裕もないことでしょう。

しかし、ボランティア活動などを行うことによって自分が社会に貢献しているという充実感を得ることができます。

また、人のために動くということは、相手が何を必要としているかを知る能力を培うことにもなるので、本業にも活かせます。

 

⑤自分の長所がわかる・伸びる

最後のメリットは自分の長所がわかったり、伸びたりする点です。

パラレルキャリアを構築するための活動を通して、今まで自覚していない長所を発見したり、上手く活かす方法を学ぶことができます。

また、自分の長所を活かせる環境や人間関係の構築方法を知ることも可能となります。

 

パラレルキャリアの3つのデメリット

パラレルキャリアには、もちろんデメリットもあります。

パラレルキャリアのデメリットは下記の3点です。

➀本業に支障が出てしまう可能性がある。

デメリットの1つ目は、本業に支障が出てしまう可能性があることです。

自己管理能力や時間管理能力を向上させないと、本業とパラレルキャリアの両立をすることは困難と言えます。

よって、どちらも両立させたいという人は、しっかりと自己と時間の管理を行っていくようにしましょう。

 

②お金がかかる可能性がある

2つ目のデメリットは、お金がかかる可能性があるということです。

パラレルキャリアを行っていくにあたり、
・新しい人に会う
・新しいコミュニティーに出向く
・新しい知識を手に入れる
・パソコンどの設備
といった費用が発生することは起こりえます。

具体的には、
・移動するための交通費
・必要なセミナーの受講料
・副業の初期費用
だったりなどです。

あなたがせっかくやりたいと思ったことなのに、お金がないという理由で挑戦できないというのは非常にもったいないことです。

もしも、金銭的な不安があるのなら、先に貯金をしておきましょう。

副業でお金を貯めたいという方はこちらもご確認ください。
→副業で失敗したくない方に向けた副業の無料講義をプレゼントしています。

【2019年最新!】初心者向けおすすめ副業10選【スマホ・PC・在宅】

2019年3月8日

③会社の規則違反になる可能性がある

最後のデメリットは、会社の規則違反になる可能性がある点です。

ボランティアなどの社会貢献が目的の活動であれば、会社の規則違反になる可能性はとても低いです。

しかし、副業などでパラレルキャリアを構築する場合は、会社の規則に違反する可能性があります。

副業などのパラレルキャリアを始める場合は、事前に会社の規則を確認しておくとよいのですが、
本来、副業というのは「会社が禁止しているもの」であって「政府は推進している」という背景があります。

ですので、以下の記事に書かれている内容をチェックしておけば基本的には会社にバレることはありません。

副業が会社にバレないための4つのポイント。副業禁止でも対策すれば大丈夫!

2019年3月6日

会社の規則に縛られて自分の本当にやりたいことに目をつぶりたいというのであれば、会社の規則に従うのもアリですが、

会社の規則だからという理由で自分の行動を制限してしまうと、いつまで経っても自分の人生を自分らしく歩むことは難しいでしょう。

サラリーマン これ くたすけ
副業は会社が勝手に規則を設けて制限しているだけなんだね

会社のせいでやりたいことがやれないのはなんか違う気がするなぁ

パラレルキャリアをスタートする3ステップ

 

最後にパラレルキャリアをスタートさせる3ステップをご紹介します。

パラレルキャリアをどうやって築いていけば良いかわからない方は必見です!

➀やりたいことをリストアップする

始めに、自分のやりたいことをリストアップしてみましょう。

リストアップするときは、小さなことでも大きなことでも何でも良いので書いていきましょう。

やりたいことをリストアップすることで、好きなことや興味が湧いていることを客観的に把握することができます。

リストアップした中から自分が楽しく継続できるパラレルキャリアを選んでいきましょう。

例えば、
・本を出したい
・カフェを開きたい
・田舎に住みたい

といったように、「できるかわからないけれども、やってみたいこと」をとにかくたくさん書き出してください。

自分の中で眠っていた「理想の自分」と向き合うことが出来ます。

②小さなことから始める

パラレルキャリアを行なうにあたって、小さいことから始めるというのがポイントです。

最終的に大きなことを目標にすることはもちろんOKなのですが、早くやろうと大きなことから手をつけてしまうと、失敗する可能性が高いです。

パラレルキャリアの構築で失敗しないコツは、小さなものからコツコツと行動を重ねていくことです。

自分の思い描いたパラレルキャリアが大きいのであれば、やることを細分化して今の自分にできることを積み重ねていきましょう。

例えば、
・本を出したい→ブログを書く
・カフェを開きたい→カフェをやっているで仕事を手伝わせてもらう
・田舎に住みたい→田舎に住むために必要な情報をまとめて、同じ考えを持つ仲間のコミュニティーを作る

といったことです。

③本業をきちんとこなす

最後のステップは本業をきちんとこなすことです。

パラレルキャリアの形成はとても大切ですが、本業をこなさなければ生活ができません。

本業をこなしつつ、無理のない範囲でパラレルキャリアも積み重ねていきましょう。

「パラレルキャリア」という響きだけにあこがれて、あちこちに手を出しあなたの行動や収入などが、何もかもが中途半端になってしまうことはあなたのためになりません。

安定した収入がないのであれば、本業をまずは頑張るべきです。

仕事ができる人に共通する7つの生活習慣。ビジネスパーソン必読!規則正しい生活がポイント?

2016年9月14日

まとめ

パラレルキャリアについてご紹介してきましたが、自分の第2のキャリアについて考えることができたでしょうか。

パラレルキャリアは副業と違って、自分のやりたいことや社会に貢献することを目的としています。

よって収益を気にするよりも、自分の心の充実感を優先するようにしましょう。

また、パラレルキャリアを築くことで人脈を築けたり、スケジュール管理が上手になったりなどのメリットも得られます。

しかし、一方ではデメリットもありました。

本業に支障が出てしまったり、お金がかかってしまったりすることです。

今からパラレルキャリアに取り組む方は、メリットとデメリットをよく理解してから行動しましょう。

そして、自分の好きなことややりたいことなどを行い、充実した生活を送っていきましょう。

【何それ?】パラレルキャリア&パラレルワーク・・2枚目の名刺で人生を変えよう!

2016年9月10日
サラリーマン これ くたすけ
パラレルキャリアってなんだか聞こえがよくてカッコイイ!でもなるべく稼ぎたいボクはやっぱり副業だな。
主婦 しゅふ子
副業をこれから始めるというかたには、自分の好きなことのなかから始めるのがよさそう!

※しゅふ子とくたすけのプロフィールを知りたい方はこちらをクリック

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Instagramはこちら

▼公式Instagramはこちら

▼公式Twitterはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)