株価が高まると何が良いのか

ニュースを見れば株価が当たり前のように報道されています。低くなるとまるでダメなことのように、一方高まると嬉しいニュースかのように報じられているのですが、株価の変化は何を意味しているのでしょうか。
高い方が良いかのようにニュースで扱われていますが、株価が高いと何が良いのでしょうか。

株価が高い=価値が高い

株価が高いということは、会社の価値が高まることを意味しています。「それだけ?」と思う人もいるかもしれません。「別に気持ちだけならメリットなんて何もないんじゃ?と思う人もいるかもしれませんが、株価が高まるということは時価総額も高まります。
これにより、会社が買収されることを防いだり、買収される際には高額が必要になるので会社を売却したい場合にはより高値で売却することが出来るようになります。
また、大手の中には持ち株制度を用意している所もあります。株を購入しようと思った場合、最低単元が必要になります。株価が700円の会社があるとします。この場合、700円で購入出来るのではなく、最低単元数を用意しなければならないのです。
最低単元が100であれば700×100なので最低でも70,000円が必要になります。ですが持ち株制度の場合、例えば給料の中から2万円分だけ購入することが出来ます。それでも株は株です。株価が高まれば株を持っている人の財産も増えますので、数値的なメリットがあるとも分かるでしょう。

指標としての意味合いもあります

株価が高いということは、それだけ株が買われているからこそです。株とて需要と供給の理屈が働いていますので、買いたい人の方が多ければ値段は高まりますし、売りたい人の方が多ければ安くなります。
株価が高まっているということは、買われている、あるいは買いたいと思っている人が多いからこそです。なぜかといえば投資的な意味合いだけではなく、投資家にとって今後が楽しみだから、利益になるからといった目論見があるからこそです。それだけ評価されていると言っても良いでしょう。

まとめ

株価が高まったからといって我々の日常生活に急に影響が出るような人は少数でしょう。ですが社員のモチベーションや指標の高さによって景気が動くのも事実。
高すぎるとかつてのバブル崩壊のようにリスクが…と懸念する声も出てくるのですが、基本的に高くなって悪いことはありません。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です