ダブルワークって何?

最近よく求人などでダブルワーク可能なアルバイトの募集や、正社員募集でダブルワーク不可とかの文字を目にしませんか?ダブルワークって何と思っている人も多いかもしれませんが、ダブルワークとは簡単に言うと仕事の掛けもちをすることです。
つまり企業に勤めている社員が会社以外の仕事を、就業時間の後や休みの日に他でアルバイトをすることを指します。一つのアルバイトでなく同時にいくつかのアルバイトをする場合には、普通アルバイトの掛け持ちをすると言います。そこで今回はダブルワークについて、その背景や実態を検証してみます。

 

なぜダブルワークを会社が禁止するのか

%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e3%83%bb6
日本の企業の多くは社員のアルバイトなど、副業をすることを会社の規定によって禁じています。実は他の国では公務員でさえアルバイトなど副業をすることができる国もあり、日本のように自社の社員のアルバイトを禁じている国は意外と少ないのです。また法律でも社員のアルバイトを禁止していないにも関わらず、なぜ会社は自社の社員の副業を許さないのでしょうか?一つは会社としてはアルバイトなど副業に集中するぐらいなら、もっと会社の仕事に集中して欲しいと思っているからです。それともう一つの理由は会社の仕事で得た何らかの情報が、アルバイト先などに漏れることを恐れているからです。
 

ダブルワークをする人が急増している背景

%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e3%83%bb9
会社がダブルワークを禁止しているにも関わらず、なぜダブルワークをする人が急増しているのでしょうか?それは日本人の平均年収が1997年の467万円から、2015年の420万円と18年間で47万円も減少しているからです。ここ近年は日本人の平均年収も多少は回復基調ですが、年間で47万円も減少すると月給に換算すると3万9167円も少ないのです。これでは自社の社員に、アルバイトをするなと言うほうが無理でしょう。

 

まとめ

もしダブルワークをしていることが、会社にバレたら最悪クビになるかもしれません。それでもどうしてもダブルワークをする必要に迫られているのであれば、一度会社側と話し合ってみたらいかがでしょうか?それかマイナンバーで副業がバレないように、年間の収入を20万円以下に抑えるかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)