社員が働きたくなるような会社とは

仕事を嫌だと思っている人は少なくても、会社に行きたくないとか、会社を辞めたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
会社に行きたくないとか会社を辞めたいと思う理由は、仕事にやりがいを感じないとか人さまざまです。
中には給料が安いからとか、上司のパワハラに遭っている人もいるかもしれません。そこで今回は社員が働きたくなるような会社とはについて、いろいろと検証してみます。

 

会社を辞めたいと思う理由


誰でも1度や2度は会社を辞めたい、と思った瞬間があるのではないでしょうか。
転職サイトのマイナビが全国の20~35歳の正社員を対象に行ったインターネット調査で、会社を辞めたいと思う理由はお金・人間関係・仕事内容・労働時間・社風・評価でした。
これらの他にも昼まで寝ていたいとか、失恋して仕事どころではないとか、仕事のことを考えるとじんましんが出るとか、特別な理由はなくただ働きたくない人もいるようです。

 

社員が働きたくなるような会社


働きたくなるような会社は、ズバリ年収が高い会社です。他にも福利厚生が充実しているとか、仕事のやりがいがあるとか、良い上司に恵まれているなどあるかもしれませんが、年収が高い会社であれば誰も会社を辞めたいと思いません。
例えば本がなかなか売れなくて厳しい状況の出版業界ですが、大卒の初任給が44万円で26歳で年収1000万円になる福音館書店という出版会社をご存知でしょうか?福音館書店の年収が高い理由の一つに「魔女の宅急便」や、「はじめてのおつかい」のようにロングセラー本があるからです。
それと福音館書店は企業として利益を追求するだけでなく、社員にも利益をきちんとを配分するという考えがあるようです。

 

まとめ

社員が働きたくなるような会社はホワイト企業と呼ばれ、新卒の3年後の定着率ランキングでもほとんど会社を辞める社員がいません。それと福音館書店のように有休が40日間あり、残業がほとんどない会社であれば誰も、会社を辞めようとは思わないでしょう。
結論としては社員が働きたくなるような会社は社員を大事にして、企業の利益を社員に還元している会社だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)