ギャンブルは確定申告が必要?宝くじで夢を買いたい!!

年末ジャンボ宝くじの当選を期待している人たちも、数多くいます。しかし、年末ジャンボ宝くじの当選金って、1等・前後賞合わせて10億円いう大金であるものの、税金がかかってごっそり持って行かれるということもあるのではないでしょうか。

更に、ギャンブルの場合はどうなのでしょうか。

 

競馬・競輪・競艇・オートレースの場合

 

競馬・競輪・競艇・オートレースの場合、一時所得となり、税金対象となります。 一時所得には最高50万円の特別控除がありますので、50万円を超える利益を得た場合には税金がかかることになります。

さて、パチンコ・パチスロの場合はどうなのでしょうか。パチンコ・パチスロという場合でも確定申告が必要な場合があります。しかし、パチンコ・パチスロという場合相当経費に費やしている人たちもおり、線引きがなかなか難しい問題も抱えています。

実際に、かなり稼いでいる人たちがいたとしても確定申告していケースは稀と言えるかもしれません。 パチスロ雑誌上で活躍するような、パチプロのレベルにまでなれば、確定申告も必須要素と言えます。

最近はやりのオンラインカジノはどうなのでしょうか。オンラインカジノでも、確定申告は必要であり賞金を受け取ったという履歴が残るものに対しては用心しなければなりません。

 

宝くじ・toto・ロト・スクラッチは……

 

次に宝くじ・toto・ロト・スクラッチなどです。宝くじ・toto・ロト・スクラッチ等は、確定申告の必要がありません。

宝くじ・toto・ロト・スクラッチは、非課税所得と呼ばれているものです。宝くじのケースでは、購入時、国が税金を控除しているため、当選後改めて税金を払う必要はありません。 もしも、高額当選した場合ですが、税務署からお金の出所を聞かれることもあるようなので、当選証明書をしっかりもらっておくようにしましょう。

いかがでしょうか。

ほとんどのギャンブルの利益に関して、確定申告が必要ということが判って来ました。つまり、宝くじはギャンブルではなく、私達は「夢」を購入しているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)