バレンタインデーと商機

【超厳選】短時間で年収入を増やしやすい副業3選

2月14日はバレンタインデーですが2017年のバレンタインデーは3年ぶりの平日なので、多くの百貨店では女性が職場などで配る義理チョコの需要が拡大する商機と期待しているようです。
もともとバレンタインデーは西暦269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスを偲んで作られた日とされていますが、それがいつからか世界各地で恋人が愛を誓う日になりました。
他の国では女性に限らず男性が女性に何かプレゼントを渡したりします。
そこで今回はバレンタインデーをどのように商機に変えたのか、その背景などについて詳しく検証してみます。

義理チョコが誕生した背景

海外の他の国でもバレンタインデーに恋人や好意を寄せている人に何かプレゼントを渡す習慣はありますが、日本のように女性から男性へ贈ることや、チョコレートに限定されているのは他の国では見られません。
それではなぜ日本で義理チョコを贈る習慣が、いつどのようにして始まったのでしょうか?
日本でも1958年頃からバレンタインデーはあったようですが今のように女性が男性にチョコレートを贈ることを考案したのは、都内の製菓会社「メリーチョコレートカムパニー」の2代目社長の原邦生だと言われています。

バレンタインデーを商機に変えた原邦生

原邦生は都内で5人兄弟の次男として生まれますが、父親が経営する製菓会社が不振で借金取りが家まで押しかけ父親が一家心中を図ろうとします。
青山学院大学を卒業した原邦生は高校教員として県立高校から内定を得ていましたが、母親の強い説得で父親が経営する製菓会社に入社します。
父親が経営する製菓会社に入社した原邦生はパリに在住している先輩から、パリではバレンタインデーにはチョコレートや花やカードを交換する風習があると聞き、バレンタインデーを商機と考え伊勢丹の新宿店で社員2名と共にチョコレートを売りますが売れたのは板チョコ3枚とメッセージカード1枚のみでした

まとめ

最初のバレンタインデーでは失敗した原邦生ですが、バレンタインデーが愛のイベントであることを知り、ハート型のチョコレートに「to」と「from」の2文字を入れたり、芸大の学生を雇ってチョコレートを買ってくれた入と贈る相手の名前を入れるなどのアイデアで徐々にチョコレートが売れていきます。
原邦生はバレンタインデーを商機に変え、成功を収めますが商機とはビジネスチャンスのことです。
商機はどんな人にも必ず訪れますが、その商機をものにするかどうかはあなた次第です。

【超厳選】短時間で年収入を増やしやすい副業3選

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)