トレンド予想!通貨と仮想通貨

通貨に対して仮想通貨という言葉を耳にされる方も多いと思いますが、仮想通貨といえばビットコインのことぐらいであまりよく理解していない人もいます。実はビットコイン以外にも世界中には、100以上の仮想通貨が流通していると言われています。そこで今回は通貨と仮想通貨について、いろいろと検証してみます。

 

通貨とは何かと訊かれて答えられますか?


通貨とはその国で買い物をしたりサービスの対価として支払われる、お金のことを経済用語で貨幣や通貨と呼んでいます。つまり私たちがふだん使っている1000円札や1万円札などの紙幣や、1円や5円や10円や100円や500円硬貨のことです。ここまではだれでも知っている知識ですが、通貨とは実は何も紙幣や硬貨だけでなく、過去において物々交換のための貨幣として、穀物や家畜が流通していたのです。
ただ穀物や家畜は消費したりするので、紙幣や硬貨が誕生したのです。

 

仮想通貨とは何か


仮想通貨とは国家で認めた通貨に対して、特定の国家でその価値を保証しない通貨のことです。もっと分かりやすく言い換えるとすれば、ソーシャルゲームでの仮想通貨と同じで、その社会でしか使えない通貨のことです。
世界中に100以上あると言われている仮想通貨の中でも最も流通しているがビットコインで、2009年に運用が始まり「PeerToPeerネットワーク」が運営を行っていて、ビットコインの取引はユーザ同士で行われ仲介者などは存在しません。

 

まとめ

仮想通貨としては最も流通しているビットコインですが、残念ながら日本ではあまり使えるお店はありません。ビットコイン以外にもGoogleも出資しているリップルはネット決済ができ、ライトコインは決済がビットコインよりも早くできます。
仮想通貨の問題点は手形交換所がないので、マネーロンダリングに利用される恐れがあることです。海外送金など本来は銀行などの金融機関で行いますが、仮想通貨ですれば手数や税金逃れにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)