貯金ができないと嘆いているあなたへ

貯金をしないといけないと考えていても、なかなかお金が貯まらないのは、自分の給料が少ないからだと思っていませんか?
でもあなたの周りにはあなたよりも給料が少ないのに、しっかりと貯金をしている人が1人や2人は必ずいるはずです。
そこで今回は貯金ができないと嘆いているあなたと一緒に、どうすればお金を貯められるかを検証してみます。

なぜ貯金ができないのか

月末になってしまうとお金が足らなくなったり、なかなか貯金ができない人にはどうも、何か共通する特徴があるようです。
貯金がなかなかできない人に多いのが、なぜ貯金をするのかその目的が明確でないことです。
逆に毎月しっかりと貯金をしている人には老後のために貯金をしているとか、子供の将来の教育費のために貯金をしているとか明確な目的があります。
貯金をする目的意識が低いため自分の給料が増えても、収入に比例して支出も増えているのです。

貯金ができない方へお勧めな先取り貯金

貯金がなかなかできないと嘆いている方に、お勧めなのが先取り貯金という方法です。
先取り貯金というのは自分の給料が銀行口座などに振り込まれたなら、自分の口座から自動送金や自動振替で定期預金をしたり、社内預金や勤務先の財形貯蓄に強制的にお金を移動させるやり方です。
つまり一定額を最初からなかったものと考えて、強制的に貯金するやり方です。
先取り貯金で定期預金をすれば途中で解約さえしければ、自動的にお金が貯っていくのでやってみる価値はありそうです。

まとめ

ビジネスでも収入を増すよりも、まずは支出を抑えることが鉄則です。お金を貯めることも一緒で、まずは支出を抑えることです。
そのためには毎月の支出を記録して自分が何に、お金を使っているかを把握することから始めましょう。
そして無駄遣いをしていないかをチェックして、無駄な支出があればそれを改めて、先取り貯金にトライしてみてはいかがでしょうか。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【フリーランスという働き方】

フリーランスという働き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)