借金で苦しんでいる方へ

クレジットカードで安易にキャッシングをして借金が膨らんで返済できなくなり、自分ではどうしようもなくなり借金地獄におちいるケースはよくあることです。もしあなたが借金で苦しんで返済に行き詰って、金融業者から厳しい督促を受けいるのであれば、合法的ないくつかの方法があります。そこで今回は借金で苦しんでいる方へ、賢い借金返済方法についていろいろと検証してみます。

過払い金がないかチェックしてみる

過払い金とは利息制限法の上限金利である年15~20%と、出資法の上限金利である年29・2%とのグレーゾーン金利を原則無効と判断され、債務者が利息制限法の上限を超えて払った金利を過払い金とみなしています。あなたが借金の返済で過払い金があるかないかや、過払い金があればウェブ上にある引き直し計算というアプリで、借金の借入金額と取引期間
を入力すると簡単に計算できます。10年以上前に金融業者から借金した場合は、ほとんどが出資法の上限金利の29.2%で貸付けをしていました。気を付けることは過払い金があっても、最終取引日から10年が経ってしまうと法律で時効になり、過払い金の請求できなくなることです。

過払い金の請求ができない場合

過払い金の請求ができない場合でもいくつかの方法で、借金地獄から抜け出すことができます。先ずは任意整理という方法で、これは弁護士や司法書士などの法律の専門家があなたに代わって、金融業者と交渉して支払いが可能な返済額や返済方法を決めてくれます。具体的には親の助けで一括返済をするので借金の金額を減額して欲しいとか、必ず返済するので毎月の返済額を返せる金額まで減して欲しいとかです。任意整理は裁判所が関与する民事再生や自己破産とは違い、保証人に迷惑を掛けないで借金を返済する方法です。

まとめ

できるなら払い過ぎている利息があればそれを元本に充当して借金額を減らすとか、任意整理で働いて借金を返済するようにしましょう。安易に民事再生や自己破産をすると、保証人に迷惑が掛かったりします。それに借金に苦しんでいるのも、元々はあなたが原因です。民事再生や自己破産をして借金地獄から脱出しても、保証人に迷惑を掛けるような生き方は避けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)