ネットフリマで稼ぐための出品のタイミングは?トラブル回避のポイント3つ

スマートフォンの普及が進むのと並行して、スマホで商品画像を撮影して、そのまま出品できるフリマアプリの利用者もどんどん増えていっています。今までのヤフオクなどの場合、出品者よりも購入者として使う人が多かった印象ですが、ネットフリマアプリの場合、購入者も気軽に出品者になっているというのが特徴的です。

簡単に出品できることが関わっているのでしょう。特に、若い中高生からママさんまで、トレンドに敏感な層が使っています。中で取引されているものも、ヤフオクのようなマニアックなものというよりは、アイドル系やアクセサリーなどが多いです。

さらに、個人間取引の場合、消費税が基本的にはかからないようになっているので、高い商品になればなるほどお得感がありますね。このことも、拡大している一因と考えられます。

 

ネットフリマの安全性は?

1
”個人間取引”となると、不安になるのが詐欺や個人情報の部分ですよね。料金を支払ったのに商品が届かなかったり、届いたと思ったら違う商品だったり、、、という不安はあると思います。

これは正直、ないとは言えません。ですが、運営側もそうした不安は理解しているため、メルカリやフリルのようなサービスでは安全に取引ができる仕組みが導入されています。それは、商品代金を一旦、運営会社に預ける形をとり、「受取通知」をしたら、出品者に支払いがされる。というものです。

こうすることで、「お金を払ったのに商品が届かない」という不安を解消しています。そのため、出品者の立場からすると商品を売ったのに手数料が引かれる。という不満もあるかもしれないですが、もし、フリマアプリ使わなかったときのことを考えてみてください。

「どこの誰かもわからず、お店ではない人の口座にお金を振り込まなければ商品が届かない。」

きっと誰も、そんなところか商品を買うことは躊躇するでしょう。ですから、フリマアプリを通して販売することは、安全性を提供していることにもなり、お客さんも個人の口座に振り込むよりは、安心して購入することができます。

信頼を得るための手数料ということで、納得しておきましょう。
ただ楽天が運営しているラクマは、この記事の執筆時点(2016年11月26日現在)では、販売手数料は無料となっています。手数料が気になる場合は、ラクマを利用するのもいいでしょう。

 

フリマで確実に売るためには相場の確認を

2

ネットフリマは、誰でも気軽に出品できるからと言って、それはイコール、誰でも簡単に利益を上げることができる。というわけではありません。

お客さんがほしいと思うものを、ほしいと思う価格で出品しなければ、売れることはないからです。そこで、あなたがこれから出品した商品が、どれくらいの価格で取引されているのかを調べておきます。そうすれば、相場よりも高い値段で出品したせいで売れなかったり、安すぎたせいで本来得られた利益を失ってしまったりという失敗も防ぐことができます。

その相場ですが、メルカリで出品する予定であればメルカリで、フリルで出品する予定であればフリルで調べるようにしましょう。使うネットフリマのアプリによって、たとえ同じものであっても、取引されている価格が違うからです。

複数のアプリを比較して、どこで一番売れるのか、手数料・送料を含めて一番利益が出るのかを計算して、使うものを決めるのがおすすめです。

 

ネットフリマで売りやすいものは?

3

ネットフリマを転売のプラットフォームとして使う場合、同じオークションサイトで仕入れたものは現測定に、転売禁止であることは注意しておいてください。実際、自分でメルカリに出した商品が売れて、それがより高値で他の人に出品されているのを見たら嫌ですもんね。

運営としても、そういう場合は対処しなくてはならないのは明らかです。そういうわけで、メルカリで仕入れたものはメルカリ以外で、フリルで仕入れたものはフリル以外で出品するようにしましょう。

さて、そんなネットフリマで売りやすいのはブランド品です。若い年代が多いということもあって、正規品を正規価格よりもちょっと安い値段で売ることができれば、取引されやすいです。

慣れてくれば、売れるブランドに絞って取り扱っていってもいいのですが、最初は、自分がほしいものを出品していきましょう。期限を決めて、「いついつまでに売れなかったら自分で使う。」としておけば、万が一、売れなかったとしても、自分で使えるので、気持ちとして、損はしません。

継続していくことが大切ですので、まずは売れると思ったものを出品してみて、取引に慣れていきましょう。そして、出品した商品が売れたときは、それを生活に使うのではなく、次の仕入れに使うように決めておくと、どんどんお金を増やしていくことができます。好きに使っていいお金は、利益の1割という風に決めておくのもおすすめです。

 

出品は給料日前、売れるのは給料日後

4

ネットフリマでは、土日の夕方~夜、そして、給料日の直後が売れやすいです。土日の夕方から夜は、アプリに触れている人が多く、家でゆっくりしていることが多いため、購入されやすいというのがあります。そして給料日後も、財布に余裕があるタイミングですから、ほしいと思ったものを買いやすいタイミングですね。

ということは、そのときに合わせて出品すればいいのか。とも考えられるのですが、できれば、その前には出品しておくようにしましょう。お客さんの多くは、いいなと思ったものをすぐに購入するということはありません。いいねやウォッチリスト、お気に入りに登録するなどして、他の商品と悩みます。さらに、ネットフリマは買う買わないに関係なく、「見ているだけで楽しい」もので、よく開いています。

そのため、給料日前に欲しいものをあらかじめ決めておいて、お金の使い方を考えています。「今度の給料日で何買おうかな。」とウィンドウショッピングしているような状態です。これをネットフリマ上で演出しようと思ったら、給料日前に商品を出品して、お客さんの目に触れさせておくということになりますね。

そんな給料日ですが、もちろん会社によってまちまちです。ですが、確率の高い順で言うと、25日、15日、月末。という感じです。ですので、出品はその5日前くらいからやっておくといいですね。

ちょっとしたテクニックを使うのであれば、商品タイトルのところに「月末までの特別価格」というようにしておきます。そうすると、損したくない心理が働くため、使えるお給料の中でも、あなたが出品している商品にお金を使おうという気持ちが強くなります。

他の商品が、来月も同じ値段なのに、あなたの商品だけ、今月が特別価格であれば、特別価格の方を選びたくなってしまいますもんね。

また、12月はボーナス・ギフトシーズンなので、特に売れやすいです。7月もボーナスの季節ですので、そこも押さえておくと、大きな売上を作ることができます。

 

意外と高い送料、いかに抑えるか。

5

以前は、クロネコヤマトが提供してくれていたメール便が重宝していたのですが終了してしまいましたね。小さいものであれば、日本郵便が提供しているクリックポストがおすすめです。164円で追跡までできるので、受取通知をされなければ商品代金が振り込まれないネットフリマの場合、安心です。たとえ、お客さんが商品の受取通知を押してくれなくて、そのまま連絡が取れなくなったとしても、運営側に追跡番号まで伝えて、受取通知されない旨を伝えれば迅速に対応してもらえます。

 

ネットフリマで多いトラブル、どうやって避ける?

6

会社対個人の取引でもトラブルがあるのに、対応に慣れていない個人同士の取引となるとトラブルが続発してしまいます。それが理由で、始めてみたものの途中で辞めてしまう人もいます。そこで、簡単にトラブルにならない・巻き込まれないためのポイントをお伝えします。

1.商品状態は詳しく伝えること
箱や商品に汚れや傷があると、売れないんじゃないと思って隠したくなる気持ちもわかります。ですが、お客さんはきれいな商品だと思って買っているわけですから、あとから間違いなくクレームになります。

お客さんの中には、多少の汚れは気にしない、箱に穴が空いていても捨てるから問題ないと思っている人もいるので、そういう人が買ってくれるのを待ちましょう。

2.発送はできるだけ早く
お客さんはもう商品の代金を支払っているわけですから、発送が遅いと不安になってしまいます。特にAmazonになれていると翌日には届くというのが普通だと思っている人までいます。副業だから発送が遅れるなどの場合は、いつ発送する予定か、お客さんにメッセージをしておくと、トラブルを避けることができます。キャンセル率の低下にもつながるのでしっかりとやっておきましょう。

3.追跡できる発送方法を選ぶ
これは、お客さんが受取通知を押してくれないときのリスクに備えるためです。また、商品が届いたのに「届いていない」と言って、返金まで要求するような残念な人がいるのも事実です。
そのようなときに、追跡できる発送方法で送っておけば、受取されたか確認できるので、揉めたときにあなたを守るものとなります。

 

まとめ

7

ネットフリマは、これからどんどん利用者が拡大していくことが予想されます。ですが、簡単に出品できることと、簡単に利益が出ることは違います。しっかりと勉強し、実践し、その結果をもとに、より利益が出るように改善していきましょう。SideLineLab.では、ネットフリマだけでなく、様々な副業に役立つ情報を発信しています。興味のある内容があったら、ぜひ読んで吸収するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)