世界で1番お金持ちはビル・ゲイツで資産は750億ドル

アメリカの経済誌「フォーブス」の世界の億万長者ランキング2016年が発表されましたが、1位は2015年に続いてマイクロソフトのビル・ゲイツ氏で資産総額は750億ドル(約8.5兆円)でした。
2位のアマンシオ・オルテガ氏と3位のウォーレン・バフェットは2015年と同じで、資産総額はそれぞれ670億ドル(約7.6兆円)と608億ドル(約6.9兆円)でした。
日本人の1位は2015年と同じファーストリテイリングの柳井氏で、世界の億万長者ランキングでは57位で資産総額は146億ドル(約1.7兆円)でした。
そこで今回は前年15位から5位になったアマゾンのジェフ・ベゾス氏と、前年16位から6位になったフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏に焦点を当ててみます。

アマゾンのジェフ・ベゾス氏

アマゾンの共同創設者でCEOのジェフ・ベゾス氏は1964年1月12日にアメリカのニューメキシコ州で生まれますが、母親が離婚し5歳の時にキューバ系アメリカ人と再婚したことでテキサス州ヒューストンに移住します。
幼少期から科学やコンピュータに興味を持ち始めプリンストン大学では、計算機科学と電気工学を専攻し学士号を取得しています。
大学を卒業しウォールストリートにある金融機関でトレーディング・システムの仕事に就き何度かの転職の後に、1994年にインターネット書店のCadabra.comを立ち上げます。
eコマース事業がビッグチャンスになるという確信が、今日のアマゾンの成功へつながったようです。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏

1984年5月14日にニューヨーク州で歯科医の父親と精神科医の母親のあいだに生まれたマーク・ザッカーバーグ氏は、高校の時に音楽を再生するフリーソフトウェア「Synapse Media Player」のサービスを始めてます。
これはこれまでに選択した曲からユーザーの聞く曲目を予測してくれるソフトウェアで、マイクロソフトなど数社が興味を示しましたが正式な契約までは至っていません。
その後マーク・ザッカーバーグ氏はハーバード大学に入学し、在学中にSNSサイト「Facebook(フェイスブック)」を立ち上げます。
2010年に発表されたフォーブスの「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に選ばれ総資産額は約40億ドル(約4500億円)でした。

まとめ

アマゾンのジェフ・ベゾス氏とフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏に共通している点は、どちらもインターネットビジネスに特化していることです。
投資資金も当然のことですが他の事業と比べると少なく、お金持ちになったスピードも信じられないほど早いことです。
これから起業するのであればこの2人のように、ネットビジネスに特化したほうが成功する可能性は高いと言えます。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【お金が貯まるお金持ちの格言】

お金が貯まるお金持ちの格言 ここから学んで稼げる副業を始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)