そろそろ葬式が高い過ぎ!と大いに嘆くべき時ではないでしょうか

小さいお葬式とは……

みなさんもいつか気付く筈です。葬式ってなんでこんなに高いの……と?多くの人たちが、死の観念から逃れたい思いより、葬式料金が高いことにも目を逸らし、あまり文句が言えない状態になっているのでしょうか。

今後もっと葬式料金は高騰化していくのかもしれません。死ぬにも死ねない時代がすぐそこに来てしまっているのです。

葬儀費用を賢く抑えてみたい

葬儀の経験自体、ほとんどの人たちが、皆無ではないでしょうか。経験がないから、葬儀業者から高い料金を請求されても、仕方のない、当たり前の料金として受け止めているのです。

日本消費者協会のデータによると、平成 26 年度に葬儀にかけられた全国平均額は、“188万 9千円”です。

葬儀一式費用 : 122 万 2 千円
寺院の費用 : 44 万 6 千円
飲食費用 : 33 万 9 千円

別途費用・追加料金が発生することもあるので、相当な注意も必要です。

低価格の葬儀ができる葬儀仲介業サービスがある

実際に、これでは、私達は、死ぬことも出来ない現状です。そろそろ、本気で葬儀の価格と戦っていかなければならない時期です。「家族葬」 や 「シンプルな葬儀」を選ぶことができる、 必要最低限のものだけを用意することで、価格をできるだけ抑えたプランを用意している葬儀仲介業サービスも登場するようになって来ました。追加費用なしによって、より葬儀で起こるトラブルも改善されることになります。

『小さな家族葬』では、493,000円、 『イオンの家族葬』では、 398,000円~598,000円、『シンプルな家族葬』では、398,000円~438,000円、 三社の家族葬にかかる費用は40万~60万円程度です。

家族葬で費用を抑えるコツについて考える

家族葬で費用を抑えるコツは、親しい人だけに人数を絞ることです。少ない人数で済ませるつもりが結果的には人数が増えて追加の出費が発生する場合があります。

最後に

葬儀にお金のことをアレコレ嘆いていては故人に申し訳ない思いもあるかもしれません。しかし、どんどん価格を高騰化させる葬儀システムのあり方を、ズルい!と考えるべきです。“ズルいシステム”が、故人とのお別れの障害にならぬよう私達は、“葬儀と直面しない時間の余裕のある時”にこそ、しっかり見つめていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)