いくら稼いでるのか想像もできない芸能人の副業がスゴイ!

副業を持っている芸能人は多く副業を始める理由も芸能界は人気商売なのでいつ人気がなくなり収入が途絶えるか不安だからとか、若手の芸人やアイドルのなかにはあまりに収入が少なく芸能人の収入だけでは食べていけないからとか様々です。
芸能人の副業も時代と共に様変わりし昔は副業で自分のお店を持ったり、北国の春が大ヒットし世界中にマンションやビルなどを所有していた千昌夫のようにどちらが本業か分からないケースもありました。
芸能人の副業が様変わりした背景にはインターネットの普及が大きく、最近では2016年にお笑い芸人の古坂大魔王が演じるピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」が世界の134国で配信され、ユーチューブの動画再生回数が1億回を超え古坂大魔王の懐には数千万円が入ったとも言われています。
そこで今回は古坂大魔王の他にも、芸能人のスゴイ副業をご紹介していきます。

もはや副業と言うよりも実業家の神田うのさん


14歳でデビューした神田うのさんは17歳の時に雑誌「プチセブン」のモデルになり、これまでかずかずのバラエティー番組にも出演している芸能人です。
1999年に、毛皮メーカーとのコラボレーションで「コスタ・モーダ・ウノ」ブランドを立ち上げその後もサングラスブランド「U-NO」を発表し、現在ではストッキングと下着のブランド「Tuche’UK・UNOKANDA」や和洋ウエディングドレス「Scena・D’uno」やウェディングドレス「UNO・et・L‘ETOILE」や振袖ブランド「Scena・D’uno・ Salala」やジュエリーブランド「DUNOA」やゴールドジュエリー「Umpresse」などのブランドのプロデューサーとして手腕を発揮しています。
2007年10月8日にパチンコ店をチェーン展開する西村拓郎氏と結婚し推定5億円とも言われている豪邸神田うのさんですが、20年間も嫌われ有名人ランキングに選出されていますが副業で成功してからはそれも気にならなくなったようです。

炭火焼肉たむらで年商6億円以上を売り上げるお笑い芸人のたむけんさん

ミステリーショッパーで稼ぐ

よしもとクリエイティブ・エージェンシーのNSC大阪校11期生の同期には陣内智則やケンドーコバヤシや中川家などがいるお笑い芸人のたむけんさんですが、当初はお笑いコンビ「LaLaLa」で活動していましたがコンビ解散後はピン芸人として活動しています。
たむけんさんが副業として大阪市の城東区に炭火焼肉たむらをオープンしたのは2006年12月のことで、実はこの炭火焼肉たむらは義母が経営していたのですが事情がありたむけんさんが経営を引き継いだのです。たむけんさんにはお笑い芸人としてよりも実業家としてのほうが才能があったのか2007年11月1日に大阪市の中央区南船場に2号店をオープンします。
その後も2008年6月6日に今度は名古屋市の複合施設「サンシャイン栄」の6階に、3号店をオープンさせるなどお笑い芸人の副業の域を超えています。
この炭火焼肉たむら3号店はファッションデザイナーのNIGOがデザインしたVIPルームが完備されているなど話題性も高く、TBSのお笑い番組「むちゃぶり!」の放送内で年商が6億円であることも明らかにしています。

不動産投資や株式投資などの副業に熱心なキャイ~ンの天野ひろゆきさん

収入を増やす
フリーアナウンサーの荒井千里さんとテレビ愛知の番組で共演したことをきっかけに交際を始め、2014年に結婚したキャイ~ンの天野ひろゆきさんの副業は不動産投資や株式投資などの財テクです。
天野さんが副業として不動産投資による財テクを始めたのは20代半ばの時で、今では都内に高級マンション3部屋を所有していて不動産を含めて推定資産は約10億円とも噂されています。
「アマノミクス的蓄財術」という書籍まで出版しロケの時でも空き時間があれば携帯電話で株の取引をしたり、不動産のロケがあると誰よりも不動産投資について語る天野ひろゆきさんが財テクに熱心なことは相方のウド鈴木さんも証言しています。
仲間のお笑い芸人からも仕事の合間に携帯電話でFXでオーストラリアドルを買っているとか、品川駅と田町駅の間に新駅ができる計画があるので周辺の土地を探し回っているなどまことしやかに囁かれているようです。

ライフスタイルショップ「メゾン・ド・リーファー」を全国展開するモデルの梨花さん


父親の祖母がフランス人という梨花さんは高校を卒業後に歯科衛生士専門学校に進学しますが18歳の時に、表参道を歩いていてスカウトされ男性ファッション雑誌に写真がされそれがきっかけで今の事務所に入ります。
事務所の社長から第2のZARDにならないかと言われ最初は歌手としてデビューし、シングル「Millions・Kisses」をリリースしモデルだけでなく歌手としても活躍しています。
そんな梨花さんが副業として始めたのが2012年4月14日に、代官山にオープンしたハウス型のライフスタイルショップ「Maison・de・Reefur」です。
2017年4月17日には2店舗目となる「MAISON・DE・REEFUR」を名古屋駅直結の商業施設「タカシマヤゲートタワーモール」にオープンし、2年以内に店舗数を2桁にするなど全国展開も視界に入れているようです。

佐々木希さんと結婚したアンジャ渡部さんが副業でも稼いでいる


神奈川大学の経済学部に在学中に同級生だった児嶋一哉さんから一緒にお笑いをやろうと誘われお笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成したアンジャ渡部さんが、所属事務所の人力舎を通して女優の佐々木希さんとの結婚を発表したのは2017年4月9日のことです。
心理学に興味があり恋愛に使える恋愛心理学にも詳しいアンジャ渡部さんですが高校野球検定の他にも、夜景鑑賞士検定3級・社交ダンスラテン1級・日本さかな検定3級・ダイエット検定2級などの資格を持っています。
そんなアンジャ渡部さんが副業として始めたのが月々の会費が5000円のブログで、無料のブログとは別に有料会員への特典として一般の人が利用できないようなお店を貸し切ってオフ会を開催したり、有料会員に対して予算に合わせたお店を紹介したりしているようです。
月5000円の会費は一般の有料ブログの相場が約300円なので少し高いような気もしますが、テレビのグルメリポーターとしても活動しているアンジャ渡部さんは休みの日は美味しいと聞けば地方まで訪れるぐらいグルメで、年間に500軒以上も美味しいお店を訪れるアンジャ渡部さんの有料ブログの入会希望者が後を絶たないと言います。

まとめ


如何でしょうか梨花さんがオープンした「MAISON・DE・REEFUR」はオープン当日はわざわざ台湾から訪れた外国人など、4000人を超える人が最長で6時間も列を作ったようです。
梨花さんの他にはフォロワーが600万人以上もいてインスタの女王とも呼ばれている渡辺直美さんが副業として始めた、ブランド「PUNYUS(プニュズ)」も渋谷109にお店をオープンし芸能人たちにも愛着者が多く大人気です。
まだまだ紹介できなほどこの他には多くの芸能人が副業を始め成功を収めていて羨ましい限りですが、私たちも頑張って副業を始めれば収入が増えるだけでなく副業が起業に繋がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)