副業ワンポイント!今さら聞けない、Amazon(アマゾン)輸出の守るべきルール 【禁止事項/ポリシー Amazon編】

お疲れ様です。紙です。
今回はAmazon(アマゾン)の禁止事項/ポリシーです。
しっかりお読みいただければと思います。

前回別の記事で
ebay(イーベイ)の禁止事項/ポリシーのお話をしたのですが
ebayよりもAmazonのほうが厳しいということを
大前提としてお考えください。

Amazonの出品禁止について

ebayはヤフオクと似ていて
世界のヤフオクとよく言いますけれども、

CtoC(シートゥーシー・個人間取引)がメインの
市場になっています。

それに対してAmazonは販売目的になります。

Sony(ソニー)やSEIKO(セイコー)を
海外で販売してはいけないのですが

ebayでは、「家で余っていたから出品しました」
という言い訳が通ります。

Amazonは中古品ならいいのですが、
新品だと、言い逃れができません。

Amazonでは販売ができないブランドがあるので
念頭に置いてください

基本的にebayで出品禁止に該当していたものに関しては
Amazonでも出品禁止です。

食品や生物、そういうものですね
これはebay編の禁止事項の記事を参考にしてください。

ebayの出品禁止物の中にアダルトグッズを含めていましたが
Amazonにはアダルトカテゴリーがありまして
アダルトグッズは大丈夫です。

ebayもアダルトカテゴリーがあるのですが
paypal(ペイパル)が使えないという縛りが出るため
結局は出品できなかったりするのです。

出品禁止のメーカー

Amazon輸出の主要な国は
アメリカ、カナダ、欧州5カ国になります。

特にイギリス以下の欧州では
知的財産権として、出品禁止になっているメーカーが多く
厳しくチェックされています。

一例を上げますと
SEIKO(セイコー)
CITIZEN(シチズン)
ZIPPO(ジッポ)
SIGMA(シグマ)
ORIENT(オリエント)
NIKON(ニコン)
BANDAI(バンダイ)
SONY(ソニー)
CANON(キャノン)
Fujifilm(富士フィルム)
Olympus(オリンパス)
Panasonic(パナソニック)

有名なところばかりです。
正直、全部把握している人は少ないです。

出品禁止の指摘を回避する

僕も、あまり知られていないメーカーから
出品禁止の連絡を受けたりすることがあります。

ebayに比べAmazonは販売目的ということもあり
メーカーとしても、大きな販路と考えているので

個人に荒らされると困るわけです
かなりAmazonも目を光らせています。

僕は何度も警告は受けています。
が、
生き残っています。

滅多にはないですよとしか言えないです。

有名なブランドに指摘されると
一撃でアカウント停止がくる可能性が大きかったりします。

指摘を受けた方から来た、
絞り方、どうやったら回避できるの?という質問へお答えします。

今回はMizuno(ミズノ)を出品したいとします。

Mizunoで検索して、日本人の通常の無在庫セラーが
出品しているようであれば
セーフだろうという考え方ができます。

先ほどの話は、欧州のものですが
アメリカも厳しいです。

ただ、カナダは緩く感じますが
欧州、アメリカと同じだと思ったほうがいいですね。

どのメーカーが出品禁止なのか

僕のスクールに入っていた方なら
過去のリストがあるのですが

過去のリストを参考にしても
100パーセント安全とは言い切れないところもあります。

万が一指摘を受けたときに

どこのメーカーから指摘がきたのか
連絡先のメールアドレスを把握することが大切です。

指摘がきていますよ、とAmazonが教えてくれますので
そのメールアドレスに謝罪文を送ることが大事です。

武器を連想するタイトルを避ける

ebayと同じでAmazonもタイトルをチェックしています。

僕はガンダム(Gundam)の
ガンとダムの間のスペルが離れていて
注意を受けました。

ガンダムという商品名であって
ガンではないのですが。

Gun(ガン)
Sword(ソード)
Blade(ブレイド)
Knife(ナイフ)
Weapon(ウェポン・武器)

上のような言葉が
商品のタイトルに入っていたら注意しましょう。

アカウントヘルス、守るべきポリシー

それらを守ってサスペンドを阻止する
それはまた別の記事でお話させていただきます。

まとめ

最初の出品に関してですが
Amazonはリミットがありません。

いきなりツールを使い初日から何十万点と出品することも可能です。

ですが、
アカウントが若いうちからの大量出品は
怪しいと思われてしまいます。

1週間目は500品を1日
2週間目は1000品を1日
3週間目は2000品を1日

そのぐらいの間隔で出品するのが
いいのではないでしょうか。

僕はこれで大丈夫でした。

Amazonの禁止事項とポリシーと
最初の出品に関する注意事項は、これで以上となります。

皆さまの副業ライフが素晴らしいものになりますよう。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)