専業主婦から正社員への復職・再就職は難しい?専業主婦がお金を稼ぐ職業は○○がおすすめ!

 

専業主婦にいったんなってしまうと、

正社員への復職・再就職はやはりハードルが高いですよね。

主婦 しゅふ子
ブランクが長ければ長いほどしり込みしちゃうわね。。

でも、また仕事がしたいって気持ちがある専業主婦は多いはず。

(※しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

 

「短大出て、2~3年働いたら結婚して寿退社する」ということが一般的な時代もありました。

しかし、結婚後に出産し、ある程度子供が大きくなってきたら、

思った以上に子育てにはお金がかかること、

自分が働いていないことで収入が足りないことに、

嫌でも直面するでしょう。

毎日毎日お金のことを考えるようになり、その苦痛から解放されたいと復職を考えだすパターンですね。

 

しかし、しばらく社会生活から離れてしまっていた普通の専業主婦に何ができるのか。

時間はなくなるが収入が安定する正社員を目指すのか、

家事育児との両立を目指すパートにするのか、、、迷うところですね。

 

専業主婦が目指すべきなのは正社員かパートか、あるいはその他にあるのか。

また、専業主婦が復職して稼ぐのにおすすめの職業がないかを、正社員と比較しながら一緒に考えていきましょう。

紙直樹
当サイトを監修している紙直樹です!

現在、期間限定で副業の動画講義を30名限定で無料プレゼントしています!

まずは無料で学びたい方はチェックしてみてください!
クリック

 

専業主婦で正社員に復職・再就職することは可能です

 

 

専業主婦でも正社員として復職や再就職することは、もちろん可能です。

中途採用ですので、退職前の実績や資格などが考慮されますが、条件が合えば問題なく再就職することができますので、復職することそのものに関して問題はありません。

 

しかし問題は、

「今までの専業主婦の生活とは一変してしまうこと」です。

 

専業主婦が正社員として復職・再就職する際には、

後から後悔しないためにも、正社員になるメリットやデメリットを必ず理解しておきましょう。

主婦 しゅふ子
せっかく復職したのに
「やめときゃよかった…」なんて後悔したくないものね!

下記の項目で、メリットデメリットをチェックしましょ。

(※しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

主婦から正社員になるメリット3個

【メリット1】安定の収入で家計が助かる

やはり、パートやアルバイトとは違い、正社員のような月給制だと収入は安定します。

毎月の収入が固定されており、また休んだとしても有給休暇を使用できるため、月収が大幅に減るという不安はありません。

月収には幅はあるものの、ある程度の収入があるため、かなり安定した生活が期待できるでしょう。

 

パートやアルバイトのように突然の契約打ち切りとなるようなリスクも減り、退職するにしても退職金が用意されているもあります。

金銭的な悩みだけを解決したいなら正社員が一番なのかもしれません。

毎日が幸せな人は見ないでください。
→【※極秘】副業始めて幸せになった人たちの日常・生態とは!?
クリック

 

【メリット2】福利厚生などが充実している

 

特に女性は出産がありますので、出産の度に再就職先を探すことは負担です。

出産を機に退職しても無収入になるのでやりくりも大変です。

正社員だと出産・育児休暇があり、出産一時金や出産手当金、育児休業給付金があることで収入が途絶えることがなく、とても助かります。

 

さらに、企業によっては

「生理休暇」「誕生日休暇」などを採用している場合もあります。

健康保険料や厚生年金保険料は会社と折半となり、特に年金においては将来受け取れる額が国民年金保険よりも高いです。

パートや自営にはあり得ないほど福利厚生が充実しているといえるでしょう。

OL ちょき美
生理休暇に誕生日休暇!
いいな~、うちの会社も採用してほしい。

(※ちょき美について知りたいかたはこちらをクリック。)

 

【メリット3】やりがいを持ちながら仕事ができる

 

パートやアルバイトは基本正社員から指示された仕事を指示通りに進めることになります。

「時給をもらう」ことに専念するのですね。

作業をこなして収入を一定額もらえたらそれで良いと考える専業主婦はパートの方が向いています。

 

正社員になると、企業から期待もされますし、責任のある仕事を任されます。

資格取得や研修制度など熱心に教育してもらえるでしょう。

結果を残した分だけ評価されるので、やりがいが感じられ、モチベーション維持の原動力にもなると言えます。

仕事が好きな主婦だと、このメリットは外せません。

主婦 しゅふ子
正社員なのかパートなのか、はたまたそれ以外か。。。
自分が大事にしていることは何かよく考えて決めた方が良さそうね。

(※しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

 

初心者なのに成功率がエグい。最新の副業方法はこちら
クリック

主婦から正社員になるデメリット3個

 

【デメリット1】時間に余裕がなくなる

正社員ということは、1日7~8時間は最低縛られてしまいます。

さらに、職種によっては、残業ありだったり、土日の出勤を要望されることもあります。

こうなると、

子供との時間は必然的に犠牲になってしまうのです。

 

子供との時間を何よりも大切にしたいと考える専業主婦の人は、

この点についてしっかり考慮しておかなければ後悔しかねないのです。

 

【デメリット2】突発的な事情に対応しにくい

正社員はパートやアルバイトよりも責任があり、基本的に休めません。

出産育児において、協力的に対応するように企業側も努力しているようですが、現実は同僚・上司から迷惑がられるという話は珍しくないのです。

 

子供が発熱したという保育園からの連絡があれば、お迎えになりますし、インフルエンザなどの流行病であれば数日間休まなければなりません。

祖父母など周囲に頼れる人がいる場合を除き、突発的な事情には対応しにくいと言えるでしょう。

クリック

【デメリット3】精神的な負担や責任が重い

正社員は、主婦と言えども責任があります。

大きなプロジェクトを任されることもありますし、パートやアルバイトの失敗をカバーしないといけないこともあるでしょう。

ノルマがあれば会社から無言の圧力がかかります。

 

家庭内で自分しかできない仕事を持っている主婦が、

会社でも自分しかできない仕事があるのなら、

どちらの比重も重く、精神的に負担になることも多いです。

 

指示された仕事をこなし、予定の時刻になったら帰宅したいと考えるなら、正社員の道を選ぶことに慎重になった方が良さそうです。

【※極秘】定時退社してスキマ時間で稼ぐ方法
クリック

 

長期的に見ると主婦の「起業」はアリ!

働きに出るとなると、周囲の協力がない限り正社員として働くのはかなり負担があり、精神的にも疲弊しそうですね。

突然の休みや早引きが望ましくないのはパートやアルバイトでも一緒です。

そのような悩みから、最近は起業する主婦も増えているようです。

 

安定させるまで収入も少ないですが、

地道に続ける気があるなら長期的に見て、起業する方が主婦にとってメリットも多いのです。

主婦が起業することで得られるメリットを見ていきましょう。

専業主婦でも起業できる?メリット・デメリット・起業の種類も教えます!

2019年6月29日

➀主婦が起業するメリット

 

代表的なメリットを3つ挙げていきましょう。

 

  1. 隙間時間でもできるので、家事育児と両立しやすい
  2. 上手くやれば、パートや正社員よりも稼げることが珍しくない
  3. 自立できることで自信がつき外見も内面も若さを保てる

 

主婦が起業するメリットで一番ありがたいのが、

「家事育児と両立しやすい」ことです。

時間配分や休みを自分で決めることができるので、子供との時間を取りやすいのです。

子供の急な発熱にも対応でき、子供が寝た間に仕事をすることも可能です。

 

軌道に乗せるまでは収入は少ないですが、

利益のすべてが手に入るため、固定月収や固定時給である正社員やパートよりも、稼げるようになることもあります。

また、扶養されている専業主婦時代とは違い、自立できるため自分に自信がつきます。

自分で使えるお金も増えるので、身に構うことができ、外見も若々しくなるでしょう。

主婦 しゅふ子
たしかにバリバリ働いてる人の方が、見た目が若い場合が多い気がする。

(※しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

②主婦の起業は結構多い

 

起業と言うと、

「高額の資金があって、頭脳明晰な人がするもの」だというイメージですが、そのような時代は過ぎ去りました。

子育て関連や教育関連で起業する主婦も多く、資格取得や経験を生かして起業するケースが女性には多いようです。

 

今は「低資金」「簡単」に起業できますし、

実際起業した主婦でも「家庭との両立が難しい」と回答する人は少ない傾向にあります。

 

雇用されるとなると、経歴や実績、第一印象などで合否を決められてしまいますが、自分で起業するとなると「学歴も経歴も関係なし」ということになります。

 

独身時代に資格取得や実績を残していない専業主婦であれば、正社員を目指すより、起業した方がメリットは多いのです。

そして、主婦は夫の収入があるので、大きな事業を起業する必要はなく、毎月の収入目標を達成することも難しくありません。

 

主婦起業には例えば以下のようなものがあります。

  • 自宅にネイルサロンを開く
  • 自宅でピアノ教室を開く
  • マッサージ店を持つ

などなど。。。。

実際に専業主婦が起業すると言っても、

収入は全体平均の2割が10万円以下、4割が20万円以下です。

このくらいの小さな起業ですから、主婦でも怖がらずに起業することができるのですね。

OL ちょき美
初期投資も少ない起業だったら、よりチャレンジしやすそうだね。

(※ちょき美について知りたいかたはこちらをクリック。)

 

「なんでもっと早くやらなかったんだろう…」
と経験者が口を揃えて言う最旬ネット副業
クリック

③まずは在宅で小さく「副業」感覚でネットビジネスを始めるのがおすすめ

 

夫の収入という柱があるからこそ、

専業主婦は在宅で副業感覚のビジネスをすることができます。

専業主婦こそ起業に向いていると言っても過言ではありません。

起業の中でも、

「ネットビジネス」はとてもおすすめです。

 

  • ネットなので24時間365日、好きな時間で働ける
  • 世界中に取引先があるので選択範囲が広い
  • 基本的にパソコンがあればできるので場所は選ばない

 

隙間時間にもできますし、終日子供の行事でも、深夜に作業をすることもできます。

納期や契約さえ守れば、自分で予定が立てられ、急な予定変更も可能です。

誰に迷惑がかかるわけでもありません。

また、大阪にいるからといって、東京の企業と契約することもできますし、もっと言えば海外にも取引先を広げることができるのです!

 

パソコンがあればできるので、

自宅でも、外出先でも問題なく作業をすることができ、場所は選びません。

里帰り先の実家でも、カフェでも、夫の転勤先が海外であっても、今までと変わらず仕事を継続することができるのですね。

 

  • 得意の洋裁を生かしてネット販売をする
  • web面談で心理カウンセラーをする
  • webライターやwebデザイナーをする
  • ネットショップを開く

 

忙しい子育て主婦だからこそ、起業することをおすすめします!

仕事を諦めたり、子供との時間を犠牲にする必要もありません。

時間を有効に使い、仕事も子育ても家族団らんも、すべて手に入れましょう。

主婦 しゅふ子
私もwebライターやハンドメイドのネット販売してるけど「起業」という感覚は特になかったな。
主婦業との「副業」のつもりだったら、
「私なんか。。。」と思ってる主婦の人でも、きっとできると思います!

(※しゅふ子について知りたいかたはこちらをクリック。)

【限定無料公開中】
副業から6年で年商10億になった社長の

「世界一まとも」な副業の教科書2019年版
クリック

専業主婦だからこそ、起業に挑戦してみよう

 

正社員にもメリットはありました。

しかし、正社員になると犠牲にすることも増えます。

今しかない子供との時間を犠牲にして、本当に後悔はないですか?

 

専業主婦の起業は、低資金で簡単に始められます。

特にネットビジネスであれば、パソコンがあればできるのでリスクが低く、周囲に迷惑がかかることはありません。

 

会社の方針や同僚・上司、取引先とのやり取りが、家庭よりも優先される正社員より、自分で仕事も働く時間も取引先も決められる起業の方が、家庭との両立をしやすいのです。

まずは、自分にできそうなものがないかリサーチすることから始めてくださいね。

今の人生に満足している人は見る必要ないです。
クリック

このサイトのトップページはこちら

新着記事の一覧はこちら

【※限定公開】副業で失敗したくない人の賢い副業の方法

・他にもおすすめの記事はこちら↓

主婦起業・ママ起業は甘い?失敗しないための6つのポイント

2019年7月1日

ベビーシッターの副業ってどう?資格はいる?メリット・デメリットは?

2019年6月27日

・学生におすすめの記事はこちら↓

学生におすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・会社員・サラリーマンにおすすめの記事はこちら↓

会社員・サラリーマンにおすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・主婦・女性におすすめの記事はこちら↓

主婦・女性におすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

・ビジネス・お金持ちに関するおすすめの記事はこちら↓

ビジネス・お金持ちに関するおすすめ記事まとめ

2019年4月10日

・YouTubeで稼ぎたい人におすすめの記事はこちら↓

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐのにおすすめの記事まとめ

2019年5月30日

 

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Instagramはこちら

▼公式facebookはこちら

▼公式Twitterはこちら

▼ちょき美の個人Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)