田舎で暮らすセカンドライフ

会社を定年退職したら田舎でセカンドライフを、エンジョイしようと思っている方も多いかもしれません。

なかには早期退職して田舎でゆっくり、第二の人生を過ごしたいと考えている方もいるかもしれません。最近では仕事の関係で若い時期は都会で働いて、退職後は田舎でセカンドライフを送りたいと考えている人も多く、田舎で暮らすセカンドライフに関する専門誌まで発刊されています。そこで今回は田舎で暮らすセカンドライフについて、いろいろと詳しく検証してみます。

田舎暮らし支援制度を利用する

全国には田舎で第二の人生を過ごしたいと考えている方に向けた、さまざまな支援制度があるのでこれ活用しない手はありません。

例えば北海道のオホーツク海に近い総人口が3042人の置戸町(おけとちょう)では、1年間の田舎暮らしを体験ができる支援制度があり家財道具付きの家を無償で借りれます。さらに内陸性の気候で冬は極寒なので暖房費の助成もあり、生活費として月々10万円が支給されます。

また和歌山県では40歳未満の若年移住者に50〜250万円の奨励金を交付する支援制度があるなど、全国の過疎地にある町や村では県が田舎暮らしの支援制度を行っています。

定年まで待てない方はどうすればいいのか

都会での生活にほとほと疲れ会社を早期退職して、田舎でゆっくりセカンドライフを楽しみたいと思っている方もいます。

定年退職した後であれば退職金や年金がありますが、早期退職だと退職金も少なく年金もまだ支給されません。そんな方の場合は家を建てれば100万円の補助金が出る上に宅地の賃貸料が10年間はタダという支援制度を行っているところや、3年間は宅地が無償で借りれその後に家を建てたら土地がタダになるところもあります。収入も例えば屋久島と奄美大島の間にある
多島村では農林水産業に就業する人に、収益が出るまで2年間は1日に7000円が支給されます。

まとめ

今回ご紹介したのはごく1部で全国の過疎地にある町や村では、さまざまな田舎暮らしの支援制度を行っています。

セカンドライフを田舎で過ごしたいと考えている方は、ぜひネットなどで田舎暮らし支援制度を検索してみてください。会社を早期退職して田舎でセカンドライフと考えている方も、その気になれば生活はできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)