サラリーマンや主婦でも在宅で稼げる副業(不動産投資編)

副業も年々と変化を繰り返していて昔はサラリーマンや主婦でもできる副業と言えば、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアでのアルバイトや内職などがほとんどでした。
しかしパソコンとインターネットの普及でサラリーマンや主婦でもかんたんにできる、アフィリエイトやネットオークションなどのネット副業を始める人が増えてきました。
さらに近年では従来のワンルームマンションへの投資や中古アパートの経営などとは異なる、新たな不動産投資を副業として始めるサラリーマンや主婦が注目を集めています。
そこで今回は新たな不動産投資として注目を集めている、Airbnb(エアビーアンドビー)について詳しく検証してみます。

Airbnbってどんな副業なのか

Airbnbは2008年8月にアメリカで設立された自宅や自分の部屋を他人へ貸し出すサービスで、世界中の多くの都市でAirbnbを通じて副業で稼いでいる人がたくさんいます。
Airbnbの仕組みは意外とシンプルで他人へ自宅や自分の部屋を貸し出したいホストがAirbnbに登録し、自宅や自分の部屋の写真や1泊の料金や部屋の設備や間取りや場所を記す地図などをAirbnbにアップさせます。
それを見たゲストと呼ばれるユーザーがAirbnbのサイトを通じて部屋の予約や宿泊料金の決済を行います。

Airbnbを副業として始めるにはどうすればいいのか

まずAirbnbを副業として始める場合に法律の問題がありますが2020年に東京オリンピックを控えていることもあり、日本政府では民泊についての法改正を進めています。
そのためいまの時点ではどこでも民泊を副業として始められるわけではなく、民泊が許可されているのは国家戦略特別区域と呼ばれる経済的な回復や今後の科学技術振興に必要な地域に限定されています。
ただAirbnbを副業として始める場合にはワンルームマンションや中古アパートを、購入する必要がなく賃貸マンションを他人へ貸し出すことができます。

まとめ

Airbnbを始めたいと考えているのであれば自分が所有している物件や、これから借りようとしている賃貸マンションが民泊として利用できるか確認する必要があります。
次にAirbnbを利用するゲストは日本人もいますが、最も多いのは中国や韓国やタイなどのアジア系のユーザーです。
そのため日本語だけでなく、英語で部屋の紹介をした方がいいでしょう。
人気がある部屋は半年先まで予約で埋まっているので、サラリーマンや主婦でも少ない資金でできる副業だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)