お金持ちの考え方と行動

世の中には大きくお金持ちの人と庶民の人とに分類でき、庶民の人はなぜお金持ちのようにお金が貯まらないのかと嘆いています。
親がお金持ちの人もいますが、庶民からお金持ちになった人もたくさんいるはずです。
ではお金持ちになる人はどのような考え方と、行動をするのか気になりますよね。
そこで今回はお金持ちの考え方と行動について、いろいろと検証してみます。

お金持ちの考え方

よくお金持ちになる人はケチだと言われますがそうではなく、金持ちは価値があると判断すれば高価な物にでもためらいもなくお金を払います。
逆にどんなに安くてもその価値がないと判断すれば、金持ちはお金を使いません。
1人10万円もするような高級レストランでも、10万円以上の価値があると判断するから行き、1人1000円のディナーでも価値がないと判断すれば1000円でも惜しいと考えます。
つまりお金持ちの考え方は安い高いではなくその商品やサービスに、対価に見合うだけの価値があるどうかで判断するのです。

お金持ちの行動

お金持ちはケチなのではなくお金の価値を知っているので、価値がある物には金額に関係なく投資をするのです。
一般に投資をすると言うと株式投資や不動産投資のことを思い浮かべますが、お金持ちの考え方と行動はすべてこの投資をするに値するかどうかが判断基準なのです。
お金持ちはお金や時間を無駄に使うことを嫌うので、お金だけでなく時間を投資するに値しないことや人に時間を費やすこともとても嫌います。
人が持っている時間は24時間と同じですが、アルバイトの時給が1000円の人と医師の夜勤のバイトの時給が1万円と違うように、お金持ちの1時間の価値は違うので当然のことかもしれません。

まとめ

お金持ちはお金で苦労した人が多く、お金や時間に対してとてもシビアな考え方をします。
何の苦労なくお金持ちになった人などはほとんでいなく、お金持ちになる過程でだんだんとお金や時間にシビアになってきます。
私たち庶民はお金を貯めるよりも使うほうが好きですが、お金持ちは価値がある物にしかお金を使いません。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)