オーナー社長と雇われ社長の違い どうせなら自分で起業したい!

「社長」といっても、オーナー社長と雇われ社長の二種類があります。

公益財団法人の日本生産性本部が新入社員を対象に実施したアンケート調査で、「どのポストまで昇進したいか?」との質問に男性社員の24.1%が部長まで昇進したいと答え、女性社員の30.8%が課長・係長・主任班長まで昇進したいと答えたことが分かっています。
社長まで昇進したいと答えた男性社員は、10年前の24.8%から15.9%と大きく下落しています。

社長になりたい新入社員が減っていることがこのアンケート調査でもよく分かりますが、今回は社長についていろいろと検証してみます。

社長にもオーナー社長と雇われ社長とある

社長にもオーナー社長と雇われ社長とある
オーナー社長とは一般に創業者のことを指し、雇われ社長とは文字通り雇われている社長のことです。
創業者でなくても創業者の一族が経営を行っている会社の社長もオーナー社長と呼ばれ、創業者のオーナー社長とはソフトバンクの孫社長や、今は企業グループ「ファーストリテイリング」の柳井代表取締役会長もユニクロのオーナー社長でした。
他にも楽天の三木谷さんもオーナー社長で、海外ではグーグルやアップルやフェイスブックなどもオーナー社長です。

それに対して社内の役員から選任されるのが雇われ社長ですが、中には日産自動車のカルロス・ゴーン氏のように外部からの雇われ社長も存在します。

オーナー社長と雇われ社長 社長になるならどちらのタイプがいい?

社長になるならどちらのタイプがいい
オーナー社長は事業が成功すれば上場したり莫大な収益を得ることができますが、もし事業に失敗すれば私財を処分してでも負債を返済しなければいけません。
また社内の人事権や事業の方向性を一人で決めることが多いのです。

それに対して雇われ社長にはほとんど実権はなく、会社の業績を向上させることが最大の仕事です。
そのため思うように業績が伸びなければ社長を交代させられます。

「お金持ち」と「時間持ち」

理想的なのはオーナー社長になること
ベンチャー企業の社長の場合、お金は十二分に持っているでしょう。
しかし、時間に追われている生活です。

基本的に、お金の量と時間の量は反比例します。
時間がある人は仕事の時間が少ないためお金がなく、お金がある人は仕事の量が多く時間がない。
これが一般的なお金と時間の関係です。

ですがこれはあくまで一般論。
一部には時間に追われることなくお金を手にする経営者がいます。

ここで、オーナー社長と雇われ社長を比較してみましょう。

オーナー社長の場合、自社の中でシステム化された仕事が従業員によってこなされます。
自分が働かなくても仕事は回り、利益が発生するということです。
のんびりしている間にも収入はどんどん増えていきます。

それに対し、雇われ社長は基本的にサラリーマンとビジネスの形態が同じです。
一社員から出世して社長になっても、会社を直接管理する必要があります。
出社し、ほかの社員と同じように会社に拘束され、仕事をするのです。
収入こそ多いかもしれませんが、時間的な余裕なんてまずありません。

さて、どちらの方が理想的なビジネススタイルだと言えるでしょうか?

当然オーナー社長ですよね。

自分の好きな仕事を楽しんでできる人もいるでしょう。
けれどそれはほんの一部に限られます。

たいていの人であれば、経済的・時間的に自由でいられるオーナー社長を選ばない理由はないのではないでしょうか。

「雇われ社長」は長く続けけられない可能性も!?

雇われ社長でいると、解雇される可能性から逃れられません
オーナー社長はその名の通り、会社を所有している人です。
解任されることはまずないでしょう。
何か問題が起きて解任されるとすれば、自分が雇っている社長にお鉢が回ることになります。
定年退職という概念もないので、一生オーナーでい続けることも可能です。

それに対して雇われ社長は、前述のように何か問題が起きれば辞職に追い込まれかねません。

この点を比較しても、オーナー社長のほうが有利であると言えるでしょう。

オーナー社長VS雇われ社長 年収や配当の差は?

オーナー社長と雇われ社長に年収の差はあるのでしょうか?
オーナー社長と雇われ社長の収入には歴然の差があります。
当然、オーナー社長のほうが収入が高いのです。

それはなぜなのか。

まず収入の仕組み自体が違うのです。
雇われ社長はサラリーマンと同じように、固定給を得ています。

それに対してオーナー社長は、債権や株の配当などが主な収入です。
自社が発展すればするほど、収入も比例して多くなっていきます。

また、雇われ社長はいつか定年がやってきますが、オーナー社長に定年はないため、一生オーナーとして収入を得ることができるのです。

大企業の社長「雇われ社長」よりビジネスオーナー「オーナー社長」の方が良い理由

大企業の社長よりビジネスオーナーが良いのには理由があります
意外なことかもしれませんが、大企業の社長よりも中小企業オーナーのほうが収入が多いという場合もあるようです。
他にも、オーナー社長のようなビジネスのオーナーはたくさんいます。

典型的なケースとして、ネットワークビジネスのオーナーがあげられます。
この場合は自らが先人に学び、経営を切り盛りする必要があります。
当然、最初はうまくいかずに時間と経費ばかりがかさみ、稼ぎは少ないことでしょう。
続けることが難しくなり辞めてしまう人がほとんどです。

しかし、成功すれば権利収益が得られるので、お金と時間の両方を手にすることができるのです。
成功した人の中には、月収が数百から数千万に及ぶ人もいるのが事実です。

他にもネットビジネスと呼ばれる分野では、転売などを挙げることができます。
こういった手作業によるビジネスでは不労収益は出にくいですが、早めに利益が上がる可能性が高いでしょう。

また、アフィリエイトなどが不労収益として代表的ですね。
こちらも毎月数百万もの利益を得ている人が大勢います。

こうした成功者たちは一般的に知られているわけではないので、外見ではお金持ちかどうか判断しにくいでしょう。
しかし、ほかの人たちがあくせく働いている間にも、趣味や旅行を楽しんでいたりするのです。

一件ヒマそうに見えるこの人たちが自由とお金を得られているのは、しっかりと努力をした結果だということをお忘れなく。

自分のビジネスを持つ、オーナー社長になるために、人生をかけるべし!

どうせなるならビジネスオーナーになりましょう!
先ほど述べた通り、オーナー社長になって収入を得られるようになるまでには時間がかかります。
サラリーマンのように定期的に給料を得られるわけではないので、ビジネスが軌道に乗るまで利益は全く出ません。

実際のところ9割以上の人が、ネットでのビジネスで1万円の収益を得られることなく辞めていくと言われています。
それほど難しいことなのです。

しかし、よく考えてみましょう。
会社で頑張って出世し、社長になったとします。
そのままサラリーマンと同じように数十年仕事をし続けることになるのです。
そしていずれは定年退職。

それに対して、1年かもしかしたら10年かかるとしても、ビジネスオーナーとしての成功をおさめ、不労収入を得られるとしたら。

あなたは一度きりの人生で、どちらのスタイルを選びますか?

まとめ

オーナー社長と雇われ社長は同じ社長でも、実はまったく違った職種と考えたほうが良いでしょう。
ソフトバンクの孫社長もユニクロの柳井さんも、楽天の三木谷さんも大変な苦労をしてここまで来ています。

それは想像を絶するような苦難の道で、雇われ社長が同じような道を歩けるかと言えば難しいでしょう。
けれど、人生をかけてでもビジネスオーナーになるということは、魅力的であると言えます。

いきなり今の仕事をやめて、自分のビジネス一本でやっていくのではなく、
まずは副業で自分のビジネスを小さく安全に育てませんか?

そこで、こちらの記事も参考にして、ぜひ自分のビジネスを持つきっかけにしてください。

参考記事:PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

PC1台で自由に生活する男の15の法則が常識外れ過ぎる!

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です