ネットで人気!会社の給料にもう頼らなくいい在宅でできる副業4つ。

国が副業推進の方向に舵を切り、民泊解禁の法案も可決されてますます個人の時代がやってきそうな雰囲気がありますよね。もう1つの会社にだけ頼って生活すればいい時代も終わりを迎えそうです。誰もが複数の企業に属したり、企業に属しながら起業していたりと働き方が多様化していくことでしょう。

 

今この記事を読んでいるということは、少なからずあなたも個人の時代がやってくるのではないかと考えているのではないでしょうか。会社員の給料だけでも正直今は、生活するには困らない。贅沢をしなかったり、もしものことが起こらなければまず死ぬことはない。そんな状況だったりするのでしょう。でも、そんな状況でもあなたは副業を考えているわけです。

 

それは会社がとにかく嫌なのかもしれないですね。残業が異常に多くこのままだと過労死が他人事ではなくなってくるように感じて在宅でできる副業を探してたまたまこの記事に出会ったのかもしれませんね。

 

理由はどうあれ、せっかくこの記事をご覧になっていただけるということで数多くの在宅でできる副業について紹介させていただきます。在宅の副業といっても専門的なスキルが求められるものから、誰にでもできるものまで、これもいろいろとあります。

 

 

1.Youtuber

まず紹介するのはもう知らない人はいないと言っても過言ではないくらいの必需サービス、Youtubeを活用した副業です。Youtubeをアニメをみたり、音楽を聞いたりするために使っている人たちが大勢いますが、その根本をたどれば、ユーザーによる動画投稿サイトです。

 

これまでは動画を投稿しようと思ったらパソコンに専門のソフトをつなぎ、編集技術やサーバーへのアップロードするなどの細かな知識が必要とされていました。ですが、スマートフォンの普及によって、今ではスマホカメラ1つで動画を撮り、そのままYoutubeに動画をアップロードすることができる時代になりました。

 

Youtubeで稼ぐ手段は基本的には広告収入です。動画を閲覧されることによって流れた広告数や時間、表示されたバナーをユーザーがクリックしたかどうかによって報酬が決まります。流行りのYoutuberは顔出ししている人がほとんどですが、実は、顔出しすることなくYoutuberとして稼ぐこともできるんです。

 

その方法をお伝えします。

 

1つは、あなたではなく、あなたのペットに顔出ししてもらうことです。Youtube上では癒やし動画などは比較的再生数が伸びやすいジャンルです。ですから、あなたのペットに顔出ししてもらうことでYoutubeユーザーの興味を引きます。

 

他にも、あなたが得意な分野を指導する動画を撮ることもおすすめです。ホワイトボードがなくてもパソコンのパワーポイントとマイクを使ってその場で即興で講義をすることもできます。最初は話すことが苦手でも100個近い動画を投稿していれば自然とうまくなっていきます。

 

習うより慣れろです。

 

自分が喋るのが嫌なら、テレビ番組の面白いシーンをまとめて投稿するというのもいいですね。著作権云々の話がありますがそこは申し立てがあれば消されてしまうことは覚悟しておきましょう。

 

Youtubeの動画1回再生あたりの収益は0.1円程度と言われいます。仮にあなたが月に10万円稼ぎたければYoutubeで合計100万PVを稼げばいいわけです。

 

 

2.Airbnb

自分が家の外に出るのではなく、お客さんをあなたの家に呼ぶという新しい発想です。いわゆるシェアリングエコノミーのことで、基本的には空き部屋を運用して、旅行者に貸し出して収益を得る方法です。

 

通常、お客さんを宿泊させて収益を得る場合、旅館業法の適用を受ける必要がありました。これがなければ逮捕されても文句は言えなかったんですね。立派に法令違反ですから。ですが、今月に入って衆議院で可決された民泊解禁につながる法律で、無法地帯であった民泊にある一定のルールが敷かれることになりました。

 

これによって今まで怯えながら運営していた人は、手順に従えば堂々と営業できるようになったわけです。具体的には観光庁などに申請を出し、営業日は180日以内に抑えるなどのことです。より詳しく知りたい場合は、Airbnbについて詳しく説明した記事がありますのでそちらをご覧ください。

 

日本ではあまりシェアの文化がないので、Airbnbが入ってきたときも「きっと失敗する」と言われていました。ですが、想像以上に自分の部屋を貸したい人がいて、それを利用する人がいることがわかりました。

 

これから日本は国内からの需要では頭打ちになってしまいます。そうなれば必然的に外国からの需要を呼びよせる必要が出てきます。今まで国内の企業同士で争っていたところが、国同士での競争になります。日本はいい国だけど、泊まるところが高すぎる。それならオーストラリアにしようかな。というようなことが起こってしまうでしょう。

 

東京五輪も迫っていて、ホテルだけでは外国人観光客のニーズを満たせなくなってきています。トレンドしても、あなたが関東圏、ちょっと離れて関西圏であれば今のうちからAirbnbに取り組み、2020年、東京五輪のときにまとめて回収するという選択をとってもいいですね。

 

 

3.クラウドソーシング

LancersやCrowdworksが有名ですね。企業に頼むよりも安く、それでもある程度のクオリティは確保したいクライアントと、会社の空き時間にもお金を稼ぎたいと考えておられるアウトソーサーとのマッチングが行われています。

 

募集されている仕事は、システム開発などの高単価なものから、体験談を入力するようなスキルが必要とされないものまで幅広いです。システム開発では1プロジェクト20万円から、高額なものになると50万、70万円とあります。そうなると、クラウドソーシングの案件をこなすだけで、他に特別な営業をしなくても会社員の給料に頼ることなく生きていくことができます。

 

もしあなたが特殊な専門スキルを持っているのであれば、実際にランサーズなどを使ってその市場価値・相場観を知るのも面白いですね。想像より高単価で取引されているかもしれません。

 

 

4.電脳せどり

 

 

「せどり」と聞くと、ブックオフやヤマダ電機などの店舗でセール品を仕入れて、それよりも高い金額でAmazonやメルカリで販売するというイメージがありませんか?もちろんこの流れはできなくはないですが、どうしても時間の拘束がきつすぎます。副業で取り組んでいくなら、出来る限り時間の制約はなくしたいというのが本音だと思います。

 

そこでおすすめするのが電脳せどり。実店舗で商品を仕入れるのではなく、ネット上で商品を仕入れます。主な仕入先はメルカリやヤフオクです。メルカリやヤフオクで価格が低く取引されているものでも、Amazonでは高値で取引されているものがあります。

 

そしてさらに時間を節約するためにFBAを使うこともおすすめです。これはAmazonに商品を納品するだけで、実際に商品が売れてからの梱包発送を任せることができるサービスです。大量に仕入れた商品をまとめてAmazonに送ってしまえば、1つ1つの送料も安くなり、利益も大きくすることができます。

 

月に10万円以上の収益を副業で目指すのなら、FBAの利用は必須と考えていいでしょう。

 

 

 

まとめ

忙しい本業の傍らでできる副業を4つ紹介しました。はじめは時間の使い方がわからず苦戦するかもしれません。ですが、そこで諦めずにしっかりと正しい努力を続けていくことで、本業に頼らない自分を作ることができます。

 

まずは在宅だけでできる事業を副業とし、もっと収益を増やそうと思えばより拘束時間の少ない仕事に転職するのも1つの選択肢ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)