初めての海外旅行で飛行機で注意すべき点

ツアーで海外旅行に行ったことがある方でも、一人で海外旅行に出かけるとなるといろいろと不安なものです。
2017年4月9日にアメリカのシカゴにあるオヘア国際空港でアジア人の乗客が、ケンタッキー州のルイビル行きのユナイテッド航空3411便の機内で、オーバーブッキング(過剰予約)が理由で搭乗していた飛行機から無理やりに引きずり降ろされました。
こんなニュースを聞くと誰でも一人で、飛行機に乗れるのか心配になりますよね。
そこで今回は初めての海外旅行で、飛行機で注意すべき点について詳しく紹介していきます。

今回のように予約しても飛行機に乗れないこともある

飛行機は電車やバスなどと違って旅行代理店が、キャンセルや予約変更などを事前に考えて多めに予約を取っています。
以前はそのため航空会社ではリコンファーム(予約再確認)を行っていましたが、最近ではリコンファームを行っていない航空会社も増えてきました。
旅行代理店でなく航空会社のサイトで航空券を購入する場合はオーバーブッキングの心配はありませんが、格安航空券を取扱っている旅行代理店の場合は航空会社にリコンファームを行ったほうが無難です。

海外旅行に行く場合は空港へ余裕を持って行くべし

国内線の飛行機と違って国際線の飛行機の場合は空港でチェックインや、手荷物を機内に預けたり機内に持ち込む手荷物の検査などいろいろと時間が掛かります。
さらにイミグレでパスポートや航空券に問題がないかなど調べられるので、飛行機の出発時間の2時間前には空港着くようにしたほうが良いでしょう。
年始年末やお盆やゴールデンウイークのシーズンなどは、国際空港はどこもとても混雑するので注意すべきです。

まとめ

今回アメリカで起きたようなオーバーブッキングは稀にですがJALやANAなどの大手航空会社でも起きていて、両社とも自主的に便の変更に協力する乗客を募るフレックストラベラー制度があります。
こtれはホテル代などは別で、振り替え日が当日の場合は1万円が支払われ、翌日以降の場合は2万円を支払が支払われます。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【格安海外旅行の注意する点】

格安海外旅行の注意する点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)