今、再注目のメルカリ転売!仕入れ先として使う?転売先として使う?

すでに3000万ダウンロードを突破し、周りでもメルカリを利用している人が増えたのではないでしょうか。月間流通額は100億円超えというわけで、転売の販路として無視できない大きさになっています。転売を副業でやられている方も、最近はメルカリを利用している人がほとんどですね。

そこで最近は注目が高まってきているメルカリ転売についてお伝えします。

 

そもそもメルカリとは?

1

メルカリはスマートフォン上でできるフリーマーケットのようなものです。家にある不用品を気軽に販売できるのがポイントで、出品者になるにも、特に難しいことはありません。

また、オークションでは直接出品者と購入者がお金の取引をすることになるのですが、メルカリでは、そこに仲介として運営が入ります。これによって、商品代金を支払ったのに商品が発送されない!という詐欺のリスクを減らすことができます。

その一方で、購入者が商品の受け取り通知を押さない限り入金されないということになります。悪意なく、忘れていたというお客さんもいますが、どちらにせよ出品する側にとってはリスクですよね。そのようなときは、運営に報告して受け取り処理をしてもらうことになります。ですので、商品が届いていることの証明として追跡可能な発送方法をおすすめします。小さいものであればクリックポストがいいです。ヤフーかんたん決済で支払いができて、ポスト投函ができるからです。

私も以前、本やCDをたくさん出品していたときはお世話になりました。使い方も簡単です。

また、メルカリのユーザーは比較的若い人(中高生~30代くらいまで)が多く、女性の割合が多いです。ヤフオクは30代以降の男性が多い印象です。そのため、扱う商品にもばらつきがあります。

一概に若い人が多いから、というわけではないでしょうが、少しマナーなどが悪い傾向にあります。出品されている商品の写真と現物が違ったり、商品の状態をあえて不明確にしていたりする出品者の方もいます。ブランドものの場合、偽物も多く出回っているので、メルカリを仕入れ先として使う場合は注意が必要です。

偽物を本物として売るのは違法になります。メルカリ仕入れ・Amazon販売を行っていた場合、一発で、アカウント停止になってしまうので注意してください。特に、イヤホンは偽物のことが多いです。

 

メルカリを仕入れ先として利用

2
メルカリを転売で使う場合、用途としては大きく2つに分かれるはずです。それが、仕入れ先として使うか、販売先として使うか。です。

まずは仕入れ先としてメルカリを使う場合についてお伝えします。

多くの方がメルカリを仕入れ先として使っています。というのも、性質として若い世代が多く、「早く現金化したい」と考えている人も多いからです。早く現金化したいため、価格をかなり相場より安くしていたり、ヤフオクやAmazonなど、ほかの販路での販売価格と比較することなく感覚で、「ちょっとお小遣いになればいいや」というような気持ちで値決めしていたりするので、安く仕入れることができるからです。

これは、転売をしている場合、かなりうれしいですよね。さらに、メルカリ特有の文化として成り立ち、ネットフリマに広がっているのが「価格交渉」です。

メルカリで販売したことがあるならご存知かもしれませんが、出品した商品によく「○○円は難しいでしょうか?」「○○円であれば即決したいのですがいかがでしょうか?」というコメントが来ることがあります。

このように価格交渉は運営も認めているやり取りです。ですから、一見、仕入れとしては高く思えても交渉してみればかなり安く手に入れることができた。なんてこともあります。常識はずれな価格交渉は嫌われてしまいますが、「これくらいなら、売れたほうがいいな」と思える価格で交渉するのがコツです。これはもう、個人のさじ加減としか言いようがないですが、価格交渉を使いこなすことによって、相場よりも安く手に入るものがたくさん見つかります。

 

メルカリを販売先として利用

3
では、メルカリを販売先として利用する場合はどうでしょうか。メルカリは相場よりも安いものが多いですが、その中で利益を出すことができるのでしょうか。結論から言えば、できます。

それは、転売の根本は「安く仕入れて高く売る」ことにあるからです。ヤフオクとメルカリヒは年代層が違うといいましたが、それでも一部そういったユーザーは入っています。ヤフオクにも10代、20代で出品しているはいます。

そして、10代20代向けの商品はヤフオクではユーザー層が違うためにあまり価格が高騰しません。逆にメルカリではユーザーと商材がマッチしていれば、それだけ需要が大きいわけですから価格も高くなります。

つまり、メルカリで高値で売れているものがわかれば、メルカリ転売でも利益を出せるというわけです。私の場合、ヘアアイロンやドライヤーなどの美容機器、ファッション系の商品は高値で売ることができました。

売れそうな商品を見つけたら、メルカリの検索時に詳細検索で、「1000円以上で売れているもの」「売り切れ中」を表示させます。その中から、回転率のよい商品=頻繁に売れている商品を見つけて、それを安く仕入れたり、利益が出そうなものを見つけて、Amazonやヤフオクから仕入れたりするだけです。

はじめは売れそうなものよりは、「売れているもの」を扱うほうがリスクはありません。検索したときに、3か月前に、売り切れが1つだけだった。というようなものは利益が出るとしても扱わないほうが無難でしょう。メルカリで売れたのは偶然だったとも考えられて、不良在庫になる可能性が高いです。

 

メルカリで高値で販売する方法

4
メルカリで販売された商品の半分近くは、出品後24時間以内に売れています。つまり、丸一日経っても売れない場合、値付けが間違っているか商材が悪いかの可能性があります。

・値付けについて

メルカリで早く販売しようと思ったら、ほかの出品者の方よりも安い価格で提供することが大切です。検索して商品を調べていると、自分が購入者の立場であれば安いほうがいいですよね。仕入れ価格と販売価格の最安値を比べて利益がでる適正価格で出品できるようにしましょう。もちろん、ほかの販売経路のほうが高く売れているのであれば、メルカリを仕入れとして使ってもいいです。

・商材について

商材が悪い場合は、決めつける前にメルカリで同じ商品が出品されているか検索してみましょう。これで過去に売れていない・売れていても安すぎる場合は出品している商品がメルカリに合っていない可能性があります。

その場合は販路を変えるか、損切りして格安で販売してしまいましょう。

・タイミングについて

メルカリの商品は出品してすぐが一番上に表示されます。ネットショップのようにSEO対策など必要ないので、売れやすいというのもあります。ですから、メルカリを開いている人が多い時間に出品するのが商品を見てもらえる可能性も上がり、売れる可能性が高くなる。というわけです。

もし、商品も悪くない。価格も悪くない。なのに売れない。という場合は、一度出品を削除して、もう一度出品からやり直してみてください。そうすればまた上の方に表示されます。実際、私も電子辞書をメルカリで販売したことがあるのですが、再出品することによってすぐに売り切ることができました。

 

まとめ

5
メルカリを活用した転売についてお伝えしました。メルカリはどちらかというと、価格交渉も活発ということもあって、仕入れに非常に向いています。ぜひ、メルカリというプラットフォームをうまく使いこなして、転売を楽しみながら行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)