副業としてあまりオススメでないバイトとその理由(棚卸しバイト編)

スーパーマーケットやコンビニやドラッグストアなどで
営業が終了した後に、商品の在庫の数を数える
棚卸しのバイトのことをご存知でしょうか?

店舗が終了しお客様がいなくなってから行われる
バイトなのでほとんど人の目に触れることはありませんが、
単純作業の割に深夜のバイトなので時給が高く
学生やフリーターに人気のバイトです。そんな
棚卸バイトの内容とコツについて、今回は検証していきます。

ただ、単純作業で楽なバイトですが、
サラリーマンやOLの方が副業としてする
アルバイトとしてはあまりオススメでないようです。
その理由についても後ほど触れていきたいと思います。

棚卸しってどんなバイト?コツはある?

棚卸しという言葉はよく耳にしますが、商業用語なので
実はよく分からないという方もいるかと思います。

棚卸とは、簡単に言うと、会社や店舗が売上に対応する
商品原価を把握するために行う在庫管理のことです。

棚卸しのバイトはスーパーマーケットやコンビニや
ドラッグストアなどで店内にお客様がいる時間帯に
行う場合もありますが、ほとんどの場合は、
お店を閉めた後に商品の在庫の数を数えます。

これは昼間の時間帯だと店内にいるお客様から
店員と間違われて、いろいろと聞かれ作業が進まないからです。
逆に深夜のシフトはお客様もいないので作業もはかどり、
棚卸しのバイトをするなら夜の時間帯のほうがいいでしょう。

棚卸バイトを早く進めるコツ

前述のとおり、棚卸バイトは作業内容としては、

「とにかく品物の数を数えまくる」

これに尽きます。

数えるといっても、5個や6個のような数字ではないので
一個一個数えていると大変なです。

また、一個一個数えると途中で間違ったり、
忘れたりすることがありますよね。なので、
形や大きさにもよると思うもですが、
たて8個 x よこ10個 = 80個 のように
きちんと並べて掛け算で計数すると早いです。

また、慣れが必要ではありますが、形を見て
「この形であれば〇個」という風に数えると
速くて正確です。

そして、これは棚卸に限ったことではありませんが
どうしても質問する機会が出てきますので、
二度質問しないで済むようにメモとペンは
常に携帯しておきましょう。

 

なぜ棚卸しのバイトはあまりオススメでないのか

 

棚卸しのバイトは求人情報誌や求人サイトで探すことができ
昼間の時間帯だと時給も1000円以下ですが、
お店を閉めた後の時間帯だと時給も1000円以上です。

日給だと昼間の時間帯だと8時間で7000円前後が相場ですが、
夜間だと8時間で1万円前後が相場です。

日給の場合だと決められた商品の在庫の数を
数え終わると早く終ることもあるようですが、
やはりサラリーマンやOLの方であれば
棚卸しのバイトは夜間か土曜日になるでしょう。

いくら楽なバイトでも深夜のバイトだと翌日は昼過ぎまで
寝てしまい、貴重な休日を無駄にしてしまいそうです。

普段から休日は何もしない!
単純作業が好きだ!
たまには身体を動かす仕事がしたい!
(意外と足腰が鍛えられます)

そんな方だったら、社会人でもたまにやる分には
いいかもしれませんが、やはりできれば本業で培った
スキルや技量を活かせるような、もっと効率的な
バイトをしたほうがいいでしよう。

まとめ

棚卸しのバイトはバーコードを使って、商品の在庫の数を
読み取っていくだけで、ウェブ上で「バイト、楽」などで
検索すると棚卸しのバイトが上位に表示されます。

ただいくら楽なバイトでも、本業があるサラリーマンや
OLの方にとっては徹夜のバイトなどは避けるべきです。

本業がある方の副業としては、やはりネットビジネスがおすすめです。
よかったら、下記の記事も参考にしてみて下さいね!

初心者に人気・おすすめのインターネットビジネスとその理由とは?【完全版】

サラリーマンが副業で始められる「週末コンサルティング」「週末起業」

 

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です