副業としてあまりオススメでないバイトとその理由(交通量調査編)

道路に椅子を置き座り自動車や通行人の数をカウントする、
交通量調査のアルバイトはとても人気が高いバイトです。

バイトの時間は24時間か12時間がほとんどで、
主に2時間の調査の後に1時間の休憩があります。

交通量調査のバイトの人気が高いのは高時給のバイトで、
基本的にその日にバイト代が支払われるからです。

そのため交通量調査のバイトは求人情報誌や求人サイトに、
案件が掲載されるとあっという間に締め切られてしまうこともあります。

そんな人気が高い交通量調査のバイトですが、
サラリーマンやOLの方にはあまりオススメではありません。

そこで今回は、交通量調査のバイトが副業としては
あまりオススメでないその理由について検証していきます。

 

 

交通量調査とはどんなバイト?24時間拘束?

 

 

交通量調査のバイトは、自動車や通行人の数を調べることですが
交通量調査の目的は、国や都道府県や公団などが、
道路の整備のために交通量を調べたり、アウトレットなどの
大型の商業施設がその周辺に出店する前に
自動車や通行人の流れや数を調べることもあります。

国や商業施設から交通量調査の依頼を受けた業者が
交通量調査員の募集を行っていて電話で応募し、
業者が行っている登録会や研修に参加し
バイトの詳細についての説明を受けます。

バイトの時間は24時間か12時間がほとんどで、
長ッ!! と思いますが、2時間おきに休憩があるのでご安心を。

とはいえ、ずっと屋外にいるので夏と冬はキツそうです。
また、基本的に椅子に座りっぱなしでじっとしているので
肉体的にも逆に疲れそうですね、、、

 

 

高時給だが副業としてあまりススメられない理由

交通量調査のバイトの日給は、12時間で日給1万2000円が相場で、
24時間の場合だと2倍の日給2万4000円になるのが一般的です。

拘束時間は12時間ですが2時間毎に1時間の休憩があるので、
実質は8時間のバイトとおなじで、日給もバイトが終われば
その日に手渡しで支払ってくれます。

そう聞くとやはりかなり魅力的に感じますが、やはり
本業のあるサラリーマンやOLには現実的ではないと言えます。

あまりオススメでない理由は、集合時間が
朝の5時半とか6時ととにかく早いことです。

また集合時間に遅刻をしたら、その時点で
交通量調査のバイトには参加できなくなります。

さらに交通量調査のバイトが終われば
その日にバイト代が支払われますが、参加人数が多いと
バイト代をもらえるまでに1時間以上も待つこともあります。
それってすごく時間の無駄な気がしませんか?

まとめ

 

 

交通量調査員のバイトは、確かにコンビニや居酒屋など
他のバイトと比べると楽で高時給ですが、集合時間が
朝の5時半とか6時だと、集合場所にもよりますが
最低でも朝の4時前には起きないと間に合いません。

学生やフリーター、リタイアした60代以上の方などであれば
それでも問題ないかもしれませんが、本業を持っている
サラリーマンやOLの方には、やはり交通量調査のバイトは
あまりオススメでないようです。

もし本業の片手間にすこしでも稼ぎたいと考えているのであれば、
クラウドソーシングやネットオークション、フリマでの物販など、
自宅でできる副業がおすすめです。

ヤフオク、メルカリ、ラクマにおすすめな発送方法まとめ【2019年最新版】

隙間時間でできるお金稼ぎ!1日30分でもできるネットビジネス4選

 

投稿者プロフィール

本田 りさ
本田 りさ
会社員/ライター/婚活中のマルチキャリア
自身の経験もあり、様々な副業の方法、手法に興味アリ。

これから副業を検討する方も、既に取り組み中な方にも、
有益な情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

本田 りさ

会社員/ライター/婚活中のマルチキャリア 自身の経験もあり、様々な副業の方法、手法に興味アリ。 これから副業を検討する方も、既に取り組み中な方にも、 有益な情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いします^^