ノマドの仕事部屋

英語で遊牧民を意味するノマドの生き方に憧れて、会社を辞めて独立開業した人も少なくありません。
今の時代はインターネットの普及でオフィスでなくても、スターバックスなどのカフェや様々な場所で仕事をすることが可能です。ノートパソコンやスマートフォンがあれば確かにどこでも仕事場とも言えますが、実際にはノマドワーキングをする人たちは自分の仕事部屋を持っているものです。そこで今回はノマドの仕事部屋について検証してみます。

 

ノマドになぜ仕事部屋が必要なのか?


ノマドというとカフェなど好きな場所で仕事をする何となく自由人のイメージありますが、本当のところはノマドワーキングをするのであれば自分の仕事部屋が必要です。
会社を辞める前はカフェなどでノートパソコンを開き作業をする姿を想像しても、実際に外での作業は落ち着かないものです。
気分転換のために近所のスターバックスにたまに行くのはいいかもしれませんが、ノマドは1日に何時間も仕事をしないと生活できません。会社員と違って会社が給料を保証してくれないので、とにかく働くしかないのです。そのためにはスターバックスよりも、仕事に集中できる仕事部屋が必要なのです。

 

どんな仕事部屋であれば仕事がはかどるのか?


仕事部屋というと戸建ての仕事部屋を想像する人もいるかもしれませんが、散らかったアパートやマンションの部屋でも自分の仕事部屋になります。もちろん冬はコタツがある部屋でも構いませんが、とにかくインターネットが使える環境で、もし資料が必要な仕事であれば、資料を収納する棚やキャビネットなどは買い揃えたほうが良いでしょう。
いずれにしても仕事がはかどるように自分が好きなようにアレンジすれば、そこが自分の仕事部屋になります。

 

まとめ

なかには幼い子供がいてアパートやマンションに住んでいるので、自分の仕事部屋などとても余裕がないという方もいるかもしれません。そんな方はコワーキングスペースや、コワーキングオフィスを利用する方法もあります。
それかせっかくノマドになったのであれば、思い切って物価が安い海外に住むのも選択肢の一つです。海外であればアパートやマンションの部屋代も日本の3分の一程度で2ベッドルームの部屋が借りれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)