起業するならゼッタイ田舎!田舎で起業&ビジネスを成功させる方法

近年、田舎でビジネスをしたり、起業する人が増えています

都内に住んでいる方も、生まれ故郷は地方の人が多いはず。

地方出身の方が進学・就職で上京後、地元に戻るUターンだけでなく、
都内出身の方が地方に移住するIターンで田舎で頑張っている人たちが増加しているようです。

地方で起業して最大300万円の助成金・補助金ゲット!
UターンIターン希望者必見の地方創生推進交付金とは

田舎での起業が増えている背景には、
国をあげての働き方改革地方創生といった政策の後押しや、
地方におけるITや物流などのインフラの発達も大いに関係しているでしょう。

参考:内閣府 地方創生推進事務局

今回は、田舎での起業&ビジネスを成功させる方法をお伝えしていきます。
UターンIターンを考えている人だけでなく、
自分のビジネスを立ち上げたいと考えている人にもきっと
参考になることがあるかと思うので、是非読んでみて下さいね!

 

田舎と東京、起業に向いてるのはどっち?

 

「東京に出て一旗あげてやろう!」
そう考えて、多くの人が東京でビジネスを興しています。

たしかに、東京にはたくさん人がいて、情報も集まってくるのでビジネスチャンスが多いのも事実。

しかし、だからこそ競争は厳しく、時には自身の会社や従業員を守るために大企業相手に戦わなければなりません。

それに比べて、田舎は広い土地に対して人口が少なく、大きな産業も東京に比べるとまだまだ少ないです。

裏を返せば、
大きな企業と競合することなく、じっくりと自分のビジネスを育てていくことができます。

小資本だから、あえて田舎で起業するという選択も「アリ」なのです。

そうはいっても、
「起業するだけでも大冒険なのにましてや田舎なんて。。。」
「田舎でどうやってビジネスを成功させたらいいのか。。。」
やはり不安ですよね。

今回の記事は田舎での起業&ビジネスを成功させる方法について
お伝えしていきますが、逆に、これから東京に出ようと考えている方も
この記事を読んで、わざわざ競合の多い東京に出るのではなく、
ライバルには無い土地勘を活用した事業展開を考える
のも1つの手段
かもしれませんよ。

やり方によっては、田舎ビジネスは大きな強みを発揮できるのです。

 

田舎もいいけど夢はでっかく海外!?
海外移住を考えている人はこちらの記事がおすすめです
海外移住計画!資金はどうする?副業で無理なく計画的に資金を作る方法!

 

田舎で起業、ビジネスをする4つのメリット

2

最近、田舎発のビジネスが取り上げられるようになりました。

つまり、田舎でビジネスを展開する人がふえているのです。

田舎には、都会にはないビジネスチャンスやメリットが隠されています。
まずは、田舎ビジネスのメリットについてお話していきましょう。

 

➀勝負できるコンテンツがある

起業をして、ビジネスで成功をおさめるために必要なのは、
なんといっても「売れる商品」です。

田舎には、売れる商品があります。それは何でしょうか?

どんな田舎にも、特産品や有名な一品があるものです。

それらの品々は、すでにある程度知名度もあり、世間に認知されているものも多く、田舎ビジネスの強力な勝負コンテンツになります。

「うちの田舎は本ッ当に何もないんだって!」
という方もいるかもしれませんね。

中には”何もない”をウリにしているツワモノもいますよ!

参考:“何もない” 環境が売り! 自然の中でデジタルデトックス。会議・研修に最適!

 

②固定費がとにかく安い

土地代、家賃、人件費が、田舎は都会の企業と比べて本当に安いんです。

毎年、毎月、下手したら毎日必要な固定費が安いというのは、
費用・コストが減り、その分が利益になりますので、

起業をするにあたって、本当にありがたいのです。

倒産のリスクもグンっと減らすことができます。

都会だと節約しなければいけないですよね・・・。
1人暮らし・貯金ゼロ・手取り18万の私が1年で50万円貯金できるようになった30の節約術

 

③ストレスを感じない

都会で仕事をしていると、強いストレスを感じませんか?

朝は満員電車に揺られ、会社では厳しいノルマと分刻みのスケジュール、
上司の機嫌を伺いながら発言したり接待の宴会もあります。

また、社内での競争も激しい。

でも、田舎の自然豊かな環境で仕事をしていると、
そんなストレスを感じることは滅多にありません

嫌なことがあっても自然が癒してくれます。

また、人ものんびりしているので、こちらもほんわかした気分に。
少なくとも、ストレスで心と体を壊すなんてことはないでしょう。

大きいチャレンジも行いやすくなるかもしれません。

 

④助成金をもらえることもある

Uターンや Iターンで起業する際、
地方自治体から助成金をもらえる可能性があります。

条件はその場所によって様々ですが、以下のような点が上げられます。

・その地域の住民票を持ち、3年以上は定住する予定であること
・地域雇用が見込める、地元の人たちの就業機会を提供できるビジネスであること
・首都圏など他のエリアとのネットワークを持ち、ビジネスの拡大が見込める企業であること

地域によってもらえる額や申請の仕方は異なるので
条件や申請方法を事前に確かめることが必要ですが、
多くの地方自治体で助成金・補助金制度は設けているようです。

助成金についてはこちらの記事にて詳しく掲載してます。

 

田舎でビジネス・起業する2つのデメリット

3

田舎でビジネスや起業をすることはメリットしかないように見えますが、
必ずしもメリットばかりではありません。

あらゆる物事にオモテ・ウラがあるように、
田舎ビジネスにもデメリットはあります。

ビジネスを成功に導くためには、
田舎ならではのデメリットにも目を向けてしっかり対応していくことも必要です。

 

➀人がいない・消費が少ない

都会にビジネスが集中するのは、
人や情報が集まっているからとお話ししました。

それは裏を返せば、田舎には人や情報が少ないということ。
人がいないから、お客さんも少ない。

そのため、田舎で集客を必要とするビジネスをはじめるときは、
しっかりとした事前調査が必要です。

 

②新しいものをなかなか受け入れない

田舎には、いまも地縁血縁が色濃く残っていて、
身内を大事にする文化が根づいています。

価値観も、けっこう保守的だったりします。

「これは画期的なアイデアだから絶対ウケるはず」と思っても、
田舎の人はなかなか新しいものを受け入れてくれません

一歩一歩着実に理解を深めていく地道な努力が大切なのです。

田舎で起業するなら「6次産業」でITに強くあれ!

4

さて、田舎で起業することのメリット・デメリットはご理解いただけたでしょうか?

いいところも、気をつけなければならないところもある。

まあ、当たり前のことですね。

そうした点をふまえて、いま田舎で起業する際におすすめなのが
「6次産業」です。

6次産業って耳なれない言葉ですが、
要するに地方の特産品を利用して、田舎の良さを前面に出すビジネスのことです。

 

6次産業ってなに?

学校で習った記憶がある方も多いのではないかと思いますが、
もし覚えていない方は思い出しながら見てください。

農林水産業が1次産業、製造業や建設業などが2次産業、
小売り業やサービス業などが3次産業です。

6次産業とは、1次産業と2次産業と3次産業を足したもの、
つまり〈1+2+3〉で6次産業というわけです。

田舎ビジネスでいえば、
地方で生産された特産品を加工して販売するという流れになります。

いうなれば、
田舎の特産品をプロデュースして、大々的に売り出すビジネスです。

田舎は、1次産業(農林水産業)が充実しているところが多いので、
2次産業と3次産業を加えて魅力的な商品にするわけですね。

 

田舎の良さを前面に出す

田舎の特産品を6次産業化してプロデュースするといっても、カッコよさを狙ってはいけません。

むしろ、都会にはない田舎のすばらしさを前面に出したほうがいい結果が出ています。

え? ほんとうに辺鄙な田舎でウリになるようなものがなにもない?

そうでしょうか。
まわりをよく見てください。

整備されていない、手つかずの自然こそ、その土地の最大の武器になりませんか?

都会の人間があこがれる「なにか」が必ずそこにあるはずです。

 

ネット通販を活用する

特産品を加工して商品化したものは、地域の販売所におかせてもらったり、
近隣の町のスーパーに卸したり、販路を広げていくことが大切です。

地元の人に愛されるっていうことはとても重要ですからね。

それと同時に、ネット通販を活用しましょう。

ネットなら、そこにいながらにして日本中、いや世界中の人に商品を売ることができます。

システムを組んで、ある程度自動化できる仕組みを作り上げれば、
それほど手間をかけることなく売り上げを伸ばしていくことができます。

近年、地方にもIT企業が増えています。

都内でもIT企業のリモートワーク制度が進んでいるように、インターネット環境が整っていればどこでも仕事ができるからです。

ITに強いと、SNSなどインターネットを駆使した情報発信で、地方から全国に自分たちの活動をアピールすることができます。

よって、ネット通販以外にもインターネットの活用は必須です。

都会の人があこがれるようなブランディングを行いましょう。

田舎で企業をするとき、成功させる条件5つ

5

いままでお話しした以外にも、田舎で起業する際に成功に導くための大切なポイントがあります。

なかでも、「これはとても重要!」という5つの条件について、お話しておきましょう。

 

➀熱く語れる強い動機をもつ

田舎で起業を成功させるためには、
地域のビジネス界で認めてもらわなくてはなりません。

たとえば、お役所に許可をもらわなくてはいけないこともあるでしょうし、
地域の金融機関に融資をお願いすることもあるでしょう。

また、農協や漁協の協力を得る必要が出てくるかもしれません。

新参者であるあなたが地域のサポートを得られるかどうかは、
どれだけ熱い情熱をもって動機を語れるかにかかっています。

動機が強ければ強いほど、共感してくれる人は増え、
あなたのビジネスを応援してくれるはずです。

 

②人づきあいを大切にする

田舎の人たちは一度仲良くなれば、身内として熱心に協力してくれます

ビジネスの内容はもちろんのこと、
あなたの普段の生活や考えていることもオープンにして、
地元の人たちとの壁を取り除く努力をしましょう。

冠婚葬祭などの行事や飲み会にも積極的に参加して、あなた自身を知ってもらうことです。

参考記事:仕事ができる人に共通する7つの生活習慣。ビジネスパーソン必読!

 

③地元に利益を落とす

地元の人を雇ったり、仕事をお願いしたり、
地域のイベントに協力するなど、地元に利益を落とすようにしましょう。

地元の人たちの善意に乗りっぱなしになることのないよう、
お互いにウィン-ウィンの関係を築くことができれば、

あなたの田舎ビジネスはきっとうまく転がっていくことでしょう。

 

④安易に商品価値を下げない

田舎の特産品を加工して付加価値を高め、
新しい商品として売り出しても、最初はうまく売れないかもしれません。

売上げが立たない苦しさはわかりますが、
安易に値下げしたり、まとめ売りするのは得策とはいえません。

一度下げてしまった商品価値を上げるのはすごくむずかしいからです。

調理例をのせたレシピ集をおまけでつけたり、
各地で開かれる物産展に出すなど、

アイデアとフットワークで認知度を高める努力を続けていれば、
自然と商品価値が高まり、ビジネスもうまく回転していきます。

 

⑤まずはシンプルにいこう

はじめは、あれもこれもと手を広げず、
勝負する商品を認めてもらうことにエネルギーを集中することです。

とくに、ビジネスをはじめた当初は
限られた運転資金でやりくりしなければなりませんから、
極力ムダな出費をおさえ、主力のビジネスに力を注ぎましょう。

シンプル・イズ・ベストです!

複雑なことをするよりも、単純な仕組みで取り組んだほうが、
ビジネスを軌道に乗せやすいのです。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
田舎でビジネスを起業し、成功するための方法をお話してきました。

よく探せば、田舎には魅力的なコンテンツがたくさんあります。

地元の人は気づきにくいその魅力に磨きをかけ
地元の人たちと協力しながら外部にアピールしていけば、

田舎で起業をすることはメリットがたくさんあります。

「地方だから儲からない」はもう通用しない時代です。
IT化も益々進み、今後も田舎で起業する人はどんどん増えるでしょう。

ここで述べた、田舎で起業するメリット・デメリットをよく考え、
あなただけのオリジナルで、地方発のビジネスが成功することを祈っています。

田舎で起業して、オーナー社長を目指しましょうね!
オーナー社長と雇われ社長の違い。どうせなら自分で起業したい!

 

起業の前に、まずは副業をしたい方は

いきなり起業することに抵抗がある方は、
今の仕事をしながら副業で小さくビジネスを始めてみることをお勧めします。

初心者におすすめの副業はこちら。
【2019年最新!】初心者向けおすすめ副業10選【スマホ・PC・在宅】

 

 Sideline.Labではインターネットビジネスのコミュニティーも運営しています。

田舎で起業したい人、これからビジネスを始める人、
今やっているが伸び悩んでいる人、副業を今から始める人、
副業を法人化させたい人、、、etc

コミュニティーには年齢も立場も違う、色々な方が幅広く所属していますので、もしご興味がある方は参考にされてください。

現在、期間限定で無料のプレゼントを行っていますので、自由な人生を得るための答えを電子書籍と動画講義で実際にご自身で確認してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です