結婚するのに貯金は平均でいくら必要?相手の貯金残高は聞く?聞かない?

結婚するのに貯金は平均でいくら必要でしょうか?

結婚は、相手との共同生活が始まりますので、お金のことについてはよく知っておく必要がありますよね。

・実際に結婚はいくらかかるのか
・みんなどのくらい貯めてから結婚するのが多いのか
・相手の貯金残高はいつ聞く?
・知らないと損する、お得な制度
・貯金ゼロの結婚について

この辺についてご説明していきます。

相手の家族にも「しっかりしている相手だ!」と思ってもらえるように、

今のうちから、結婚のお金に関する情報を集めて、できる対策はしておくことで、結婚後にトラブルが起こらないようにしましょう。

結婚に関するお金の不安は、以下の記事を見てスッキリさせましょう!

 

結婚式、新生活でいくらかかる?



ブライダルの総合情報サイトゼクシィより調査いたしました!

では実際に見てみましょう。

参考:ゼクシィ

(1)結婚式で約358万円

挙式:平均33.4万円
料理、飲物:平均122.2万円
スナップ写真:平均22.4万円
ビデオ・DVD:平均19.7万円
引出物・引菓子引出物:平均5400円(ひとりあたり)
引菓子:平均1300円(ひとりあたり)
新婦ウエディングドレス:平均27.1万円
新婦カラードレス:平均24.1万円
新郎:平均17.1万円
別撮りのスタジオ撮影:平均15.9万円
装花:平均17.2万円など

一例ですので、お金をかけるところや省くところや呼ぶ人数によって費用は変化しそうです。

一般的にはこのうち約半分はご祝儀でまかなうことが出来ますので、新郎新婦が用意する額は約180万と見積もることが出来ますね。

(2)結婚式前(婚約指輪、結納など)約165万

婚約指輪:平均36.5万円
結納会場費:平均17.9万円
結納金:平均91.8万円
結納品:平均18.3万円など

結納をせず顔合わせ食事会のみを行うことも増えてきているとのことです。

(3)結婚式後(新婚旅行など)約73万円

ハネムーン:平均61.2万円
お土産代:平均10.5万円
結婚報告ハガキ:平均1万円
お礼・お返し費用の目安:結婚祝い金の約5割など

訪れる時期を調整して旅費の高いシーズンを避けるようにすることによって、費用を抑えながら行きたいところへ行くことが出来るかもしれません。

(4)新生活で約72万円

敷金・礼金:平均18.2万円
新居の引っ越し:平均6.4万円
家具購入:平均40万円など

結婚するまで実家暮らしの方や、一人暮らしでも単身用の家具・家電しかなく新たに新居や家財道具を揃えなければいけない場合は、一通り揃えるのにもっとかかるかもしれません。

敷金や初月の家賃など、引っ越しにかかる初期費用は変えられませんが、家財道具は必要最低限のものを一番安いものを購入して、

徐々に買い足したり、バージョンアップしていくのがよさそうです。

しばらく同棲をしていたカップルでしたら、もうちょっと少なくて済むかもしれませんね。

(5)結論:合計で約668万円!!!


結構高い!!


ゼクシィにまとめられている項目4つを足し算をした金額なのですが、結構高いですね。

とはいえ、結婚式、結婚指輪、結納、新婚旅行、新生活でそれぞれ削れるところは削って自分たちなりにカスタマイズすると、もう少し抑えられそうですね。

また、「ご祝儀」「親からの援助」「お祝い金」が入ってきますので、実際に668万円貯まらないと結婚式できないわけではないです。

結婚って結構お金かかるんだなぁという印象です。

 

実際みんなどのくらい貯めてから結婚してる?

(1)理想は2人で300万!

さっきの内容からするともうちょっと必要そうですが、一般的には多いのは二人で300万円だそうです。

ゼクシィの情報はフルコースの結婚式を行った場合ですので、

実際には上記に記載されている内容をフルコースで行う人は少ないということですね。

自分たちの予算に合った結婚を行いましょう!

(2)お金をかけない結婚

最もお金をかけない結婚方法は「婚姻届を提出するだけ」という方法です。

結婚するならば、絶対に結婚式を行わなければならないというわけでもないです。

300万円2人で貯金があったとしても、結婚式にはお金をかけたくないという価値観のカップルもいるはずです。

婚姻届を提出するだけではちょっとさみしいというのなら、両家で結婚記念の食事会をすることもできます。

予算は10万円くらいで、結構いい料理が食べられます。

また、挙式だけ行うという方法もあります。

こぢんまりとした愛らしいチャペルでの挙式に新郎新婦の衣装代やヘアメイク、写真などがついて5万円ぐらいから行うことができます。

一緒に相談して、納得した結婚をしましょうね。

相手の貯金残高は聞く?聞かない?

 

結論:聞こう!

結婚が決まった相手の残高は絶対に聞いておきましょう

・今の預金残高がわかる通帳
・毎月いくらお給料が入ってくるのか

この2つは見せてもらったほうが後のトラブルはないでしょう。

相手が大きい会社に勤めているから安心だし、相手のことを信用しているからこそあえて、お金のことについて質問するのは失礼になりそうだから聞かない、というのも後にトラブルになることもあります。

お給料の高い会社に勤めていて、お金持ってそうな印象の人でも、入ってきたお金は全て使ってしまい、常に貯金はすっからかんという人も中にはいます。

お金のこと聞いてくるなんで嫌われるんじゃないか、と思う方もいるかと思いますが、一緒に生活をすることになるのだから、聞いてみるのをおすすめします。

また、口座の残高に加えて、借入の残高も聞いておきましましょう。

長期にわたる、車のローンの支払いや、奨学金、リボ払いがあったりすると、それが原因で生活を圧迫することもあります。

じゃあ、いつ聞こう?

自分が相手に対して結婚を意識したら聞いちゃいましょう!

プロポーズの前には聞いておきたいですね。

この話題をすることによってお互いの結婚への意識が一気に高まる可能性もあります

「ねぇ、◯◯って貯金いくらあるの?」って聞けばいいと思います。

とはいえ、お金の話はデリケートな話題ですので、ふざけたテンションでは聞かないほうがいいと思います。

みんな聞いてますよ!聞いちゃいましょう!

「教えたくない」と言われたら・・・

相手がまだ結婚は考えていないのかもしれません。

ちょっとショックですが、焦らず、もうちょっと様子見ましょう。

もし、実際に教えてもらえないまま、2人の生活が始まってしまうのであれば、お金周りのことを教えてくれないなりに生活が回るように「2人の生活費として毎月◯円入れる」「光熱費は相手から出す」などの決まり事を作り、トラブルにならないように対策をしましょう。

貯金残高がわからないからと言って結婚できないわけではなく、

2人で話し合い、納得して、2人での生活が困ったりトラブルにならないようであれば、貯金残高を細かく管理する必要はないです。

実際にお金周りのことは相手にまかせっきり、なんてカップルも少数ですが全くいないわけではないです。

しかし、突然の事故なんてことになったりして、「相続」が発生したときに把握できていないと、そのお金はそのまま銀行口座に眠ったままになってしまうので、貯金残高とまではいかなくても、「銀行口座」「証券会社の口座」「加入している保険」など、把握できるようにしましょう。


 

知らないと損!結婚した人が使えるお得な制度5つ



制度などは手続きがめんどくさそうですし、漢字が多いので苦手意識を持たれる方も多いかと思いますが、簡単に説明しますので、ぜひ知っておきましょう。

実際に必要になったら、その時に、自治体や会社の人に相談したり聞くこともできるので、

とりあえず今は手帳などにメモっておいて、
結婚したら使える制度があるんだなってことで覚えておきましょう。

使う制度にもよりますが、基本的な問い合わせ先は、「役所」「勤務先の会社」「ハローワーク」です。

うまく組み合わせて使うことで、節約になりますのでチェックしてみてください。

(1)配偶者控除・配偶者特別控除

問い合わせ先:「勤務先の会社」「役所」

結婚して法律婚の夫婦になれば、収入の多い方の「控除対象配偶者」になることができます。

「控除対象配偶者」になれば、所得から「配偶者控除」「配偶者特別控除」を差し引くことができ、所得税や住民税を節税できます。

扶養の範囲内で、一番得する具体的な金額っていくら?というところなのですが、こちらが少しややこしくて、

所得から差し引かれる控除額は、夫の所得と妻の所得の組み合わせにより異なり、配偶者控除は13万円から38万円、配偶者特別控除は1万円から38万円が夫(所得の多い方、妻も可)の所得から差し引かれてから、税額が計算されます。

また、控除額38万円を適用できる配偶者(妻)の収入が103万から150万円に変更になりましたが、103万を超えると「住民税」が高くなってしまうので、

・住んでいる市町村の住民税率はどうなっているか?
・夫の所得と妻の所得の組み合わせで異なるので、配偶者控除・配偶者特別控除が自分たちはいくら適用になるのか?

をチェックして、お得になるものを計算する必要があります。

人によって違ってしまうので、あなたは具体的に〇〇円まで稼ぐのが得だよ!とお伝え出来ないのですが、制度については頭に入れておきましょう。

(2)健康保険・厚生年金の被扶養者制度

問い合わせ先:「勤務先の会社」「ハローワーク」

結婚して事実上(法律婚でなくても可)の夫婦になれば、健康保険・厚生年金の被扶養者になることができます。

夫婦のうち片方が健康保険・厚生年金に加入の会社員であり、被扶養者になる方が130万円未満の収入であることが条件です。

結婚退職等で失業等手当をもらっている間は、健康保険・厚生年金の扶養には入れませんので、

失業等手当をもらってなければ健康保険・厚生年金の扶養に入ることができますので、

出産で退職するときなどは、失業等手当てをもらう時期について、ハローワークに相談してみましょう。

(3)新婚世帯に家賃補助

問い合わせ先:「役所」

新婚世帯(年齢制限があるところが多い)に月額1万円から2万円を1年ほど助成する自治体が増えてきています。

最長では3年間助成するところもあるので、結婚が決まったら住まい探しの時には自治体について調べてから住むところを決めるのをおすすめします。

月に2万円の補助が最長の3年間出れば、2万円×36か月(3年)で72万円もお得に住める地域があるというということですね。

これもお仕事の勤務地の都合などあるかと思いますが、住む場所の候補で迷ったときの決め手になるかもしれませんので、ぜひ、頭に入れておきましょう。

最大72万円の補助がでるかもしれないというのは大きいですね!

(4)不妊治療の助成金制度

問い合わせ先:「役所」「病院」

人工授精(一般不妊治療)や体外受精に関する診察、治療(特定不妊治療)など一般的に「不妊治療」と呼ばれるものには種類があり、健康保険が効かず費用が100万円以上かかることも多いです。

所得や年齢等条件を満たしていれば、法律婚夫婦に対しては国から特定不妊治療助成金が支給されます。

また、各自治体で国の上乗せで特定不助成金がある所もあります。

こちらも新居を決める際に迷ったときの判断材料にしましょう。

(5)家族手当

問い合わせ先:「勤務先の会社」

平成28年人事院の調査によれば、配偶者ができると家族手当がもらえる会社は約3分の2と結構多いです。

会社によっては「家族手当」の他に「結婚お祝い金」などがもらえる会社もあります。

ただし、条件として、配偶者の年収103万円未満という所得制限がついているところも多いので、一度お互いの会社の制度を調べて、活用できる制度は活用していきましょう。

金じゃない!愛があれば大丈夫!貯金ゼロで結婚したらどうなる?

 

多分うまくいかないでしょう。

お金にルーズで、入った分すぐに使ってしまい「お金を貯められない癖」がある人は、2人での生活がきちんと納得して楽しく過ごせるように、

結婚するまでにお互いが協力して「貯金ゼロ」になってしまう悪い癖を直しましょう。

お金が必要なときにお金がなくて、お互いのせいにして喧嘩をして嫌な気持ちになるのは避けたいですね。

相手の悪い癖が自分にも移ってしまい、結婚前から貯めていた自分の貯金も底をつき、ついにはカードローン地獄!なんてことになったら大変ですね。

困難に対応できすに困ってしまい相手が一方的に悪かった場合でも、そんな相手をパートナーとして選んだあなたにも責任がないわけではありません。

2人で生活をしていくのですから、安全に楽しく生活が出来るようにお金のことについての「目標」「現状どうなのか」をはっきりさせておきましょう。

・お互いの毎月の収入
・毎月かかる生活費
・これだけは譲れないという費用
・お小遣い制にする?しない?
・どのくらいお金をためていきたいか
・将来の夢(マイホーム、旅行、子供)

については自分の理想をもとに、きちんと話し合っておきましょう。

とはいえ、自分の理想ばかり押し付けてお互いが嫌な思いをしたり、離婚なんてことになったら「心もお財布もサミシイ・・・」なんてことになってしまうと意味がないので、

「お金がなくても幸せだと思える家庭作りが、一番の節約術」だなんて考えもあります。

お金がなくて、カツカツだったとしても幸せな人もいるので、きちんとお互いを理解して思いやることで、幸せな夫婦生活を送りましょうね。

まとめ



お金周りのことは2人で話し合い、すっきりさせたうえで結婚生活をスタートできるようにしましょう。

まとめると、

・お金は2人で300万円貯めてからするのが一般的。
・相手の貯金残高は聞く&見せてもらう。(ローン残高も)
・結婚したら使える制度があるので、最大限に使う。
・貯金ゼロの結婚は危険。

ということです。

最近ではお給料も上がりにくいので、節約もしていきましょう。

また、お給料を上げるために節約・転職もいいですが、空いている時間を活用して「副業」してみるのもおすすめです。

意外とみんな、副業してますよ!

自宅で「インターネットビジネス」して会社のお給料と同じくらい稼ぐ人がいるようです。

それ以上に稼いで、ゆくゆくは独立して経営者になる人もいます。

金遣い粗い人のが副業がうまくいくことも多いです。

これから結婚する相手に反対されるかもしれませんが、お金が増えると心に余裕が生まれますので、おすすめです。

あなたの副業を加速させるビジネスコミュニティを行っていますので、こちらを参考にしてみてください。

http://naoka01.info/official/kaminaoki2.html

 

投稿者プロフィール

アバター
Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。 これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。 副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!