ハイブリッドカーは本当に経済的なのか

自動車離れなる言葉もあるように、我が国では自動車の売れ行きが不調です。かつては峠を攻めたり、速い車が人気でしたが近年はとにかく「お金のかからない車」が人気です。
税金の安い軽自動車や燃費の良いハイブリッドカーなどがその代表ですが、ハイブリッドカーは本当に節約になるのか。実はこれ、誤解している人がとても多いのです。

ハイブリッドカーは車体価格が高い

ハイブリッドカーは確かに低燃費です。ガソリン車と比べれば低燃費なので購入してからのお金に関してはハイブリッドカーは文句なしに安いでしょう。
ですがハイブリッドカーは車体価格が高いのです。フィットやヴェゼル、カローラ等、ガソリンモデルとハイブリッドカーの両方をエントリーしているモデルもありますが、ハイブリッドカーの方が30万円から40万円高いです。
つまり、その分のガソリン代をペイ出来れば「経済的」ですが、実際ガソリン数十万円分を使うとなるとどのくらいになるのでしょうか。

車種によりけりではありますが…

この数字は車種によりけりではありますし、ガソリン代によっても左右されます。
ガソリン代が高くなればなるほどハイブリッドカーの経済的なアドバンテージも大きくなるのですが、ガソリンが安いとそこまで大きな違いにはならないのです。
ガソリン代を1L=120円で計算すると実は200,000km走っても数十万円の価格差はペイ出来ないのです。

もちろん経済性以外のメリットもありますが

ハイブリッドカーは低燃費なので、とりあえず購入してしまった後、ランニングコストだけを考えればガソリン車よりも安いので、どこかに出かける意欲や、ハイブリッドカーはガソリン車よりも静かというメリットがあるのも事実です。
それでも「トータルでの経済性」となると一概にお得とは言えないのです。

まとめ

経済性を求めて車を選ぶのであれば燃費だけではなく、燃費と車体価格や維持する上での税金等、様々な物をトータルで考慮しなければならないのです。
低燃費なのは事実ですが、車体価格が高いと結局はガソリン車の方がトータルでは経済的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です