副業で稼ぎたいなら時給7500円のチャットレディの仕事を徹底検証!

副業を始めるOLや主婦が増えていますがOLや主婦の副業と言えば、先ず思い付くのがデータ入力などのクラウドソーシングです。
近くのスーパーマーケットでバイトをする主婦やなかには副業として会社が休みの時に、風俗店でバイトをするOLもいますがもし会社にばれると大変なことになります。
確かに副業として在宅でデータ入力をしても、時給換算すれば1000円にも届きそうにもありません。
その点ではキャバクラなどの風俗店でバイトをすれば、時給2000円以上は稼げるので副業として魅力的かもしれません。
しかしいくら時給が高くても副業としてキャバクラなどの風俗店で、バイトするのはちよっと無理だという女性がほとんどだと思います。
それでも1000円にも届きそうにもないクラウドソーシングの副業をするよりも、もし時給2000円以上の副業があればしたいと思っているのも確かです。
そこで今回は最大で時給7500円の、チャットレディの仕事を徹底検証してみます。

チャットレディって安全な副業なの?


チャットレディの仕事と言えばアダルトなイメージが強いかもしれませんが、アダルトなチャットレディと完全ノンアダルトなチャットレディとに分かれています。
さらに以前はアダルトサイトなどを運営しているチャットレディの仕事がほとんどでしたが、最近ではノンアダルトなチャットレディの仕事も増えています。
さらにチャットレディの仕事ではパソコンのウェブカメラを使って相手の男性と会話をするのが普通でしたが、自分の顔は出したくない方は声だけの会話だけでも仕事になります。
なかには結婚している主婦や彼氏がいる女性の場合には、いくら仕事でも知らない男性と会話をするのも嫌という方もいるかもしれません。
そんな場合はマイクを使って声を出して相手の男性と会話をしなくても、パソコンやのキーボードやスマートフォンでタイピングでのチャットでも大丈夫です。
ただウェブカメラを使って相手の男性に顔を見せたほうが稼げるのは確かですが顔全部を見せるのではなく、口元から下だけを映るように工夫するだけでも月の収入はかなり違うようです。

副業としてOLや主婦におすすめの安全なチャットレディサイトを紹介

チャットの最大手DMM「ライブチャット」の場合


チャットの最大手DMM「ライブチャット」はGTMグループが運営しているチャットレディサイトで、DMM「ライブチャット」の1番の特色は「おちゃ」・「まちゃ」・「あちゃ」と呼ばれる3つのカテゴリから自由に選べることです。
例えば「おちゃ」は完全ノンアダルトなので、結婚している主婦や彼氏がいる女性にもおすすめです。
「まちゃ」は26歳以上の女性であれば誰でも登録でき、人妻や熟女が好きな男性会員が相手の仕事になります。
「あちゃ」はアダルトチャットですがもし副業として本当に稼ぎたい人にはおすすめで最大で時給9000円になり、稼ぐ女性のなかには月収100万円を超えるようです。
この3つのカテゴリはどのカテゴリも顔出しをしなくてもOKですが、「あちゃ」はやはり顔出しをしないと大きくは稼げないかもしれません。
チャットレディの仕事の報酬は1分30円が相場ですがDMM「ライブチャット」の場合は1分50円で、例えば男性会員3人とパーティチャットで1時間のチャットをすると、50円1時間×1時間×男性会員3人=時給9000円になります。
完全ノンアダルトの「おちゃ」でも男性会員3人とパーティチャットで、1時間で最大で時給7500円になります。
DMM「ライブチャット」はチャット業界では最高水準と言われている報酬料率50%で、無料登録して1~2時間でその日の内にチャットレディの仕事をすれば最短で翌日には貴女の口座へ振り込みがあります。
さらにDMM「ライブチャット」では初めてチャットレディの仕事をする方のために、さまざまな新人さん応援キャンペーンを開催しているようです。
例えば新人期間中はDMM「ライブチャット」の目立つ場所で貴女を紹介し男性会員がすぐに見に来てくれるようにしたり、新人期間中は男性会員のチャット料金が割引になります。
また「まちゃ」の場合は新人期間中はたった30分の待機で最大、5000円の保障があるなど初心者でも副業として稼げそうです。
DMM「ライブチャット」に登録するには満18歳以上の、女性の方限定ですが高校生は応募できません。
また顔写真入りの身分証明書が必要で在宅で仕事を希望する場合には、インターネット環境とパソコンとWEBカメラかWi-Fi環境があるスマートフォンが必要です。

最大1万円のボーナスがもらえる「ポケットワーク」の場合


「ポケットワーク」の場合は通勤チャットレディと在宅チャットレディの2つから自由に選べ、通勤チャットレディの場合は部屋にパソコンやWebカメラなどが設置されていて時給5000円以上稼ぐこともできるようで、1日に3万5000円以上稼ぐ女性もいるチャット業界でも最高報酬のチャットレディサイトです。
「ポケットワーク」のパーティチャットであれば1時間に数万円も稼ぐ性もいるようで1万円の通勤新人特別報酬や、シーズン・時間帯・ランキングなどの特別報酬も用意されています。
在宅チャットレディの場合はインターネットの接続環境さえあればカメラテストからスタートし、場所に関係なく仕事ができ応募から10分から30分でチャットレディの仕事を開始できます。
在宅チャットレディの報酬は2ショットチャットであれば時給6000円は稼ぐことができ、7人でのパーティチャットであれば時給3万1500円は稼ぐことも可能です。
さらに「ポケットワーク」では24時間年中無休でチャットレディのサポートを行っているので、もしパソコンやWebカメラのトラブルや困った事や不安な事があればいつでも気軽に相談できます。
「ポケットワーク」に登録する場合には「ポケットワーク」のサイトの、応募フォームから行いますが電話やLINEからでも応募できます。
チャットレディの応募をすると折り返し「ポケットワーク」のスタッフより連絡があり、本人確認・年齢・身分証などの確認があり問題がなければ本登録が完了しIDとパスワードが発行されチャットレディの仕事がスタートできます。
「ポケットワーク」でチャットレディの仕事をしている半数は30代以上の女性なので、あまり年齢を気にすることもなくできる副業かもしれません。

まとめ


付き合っている彼氏がいるOLの方や結婚している主婦の場合には、副業としてチャットレディの仕事を始めるには抵抗があるかもしれません。
ただなかにはコンビニや居酒屋などの肉体労働ができない方や、シングルマザーや借金の返済などに迫られている女性もいます。
そのような女性にとっては風俗店でバイトをするよりもずっと安全で確実に稼げる、チャットレディの仕事は副業としてはお勧めの副業と言っていいでしょう。
データ入力などのクラウドソーシングもいいかもしれませんが、データ入力だといくら頑張っても月にせいぜい数万円しか稼げません。
アフィリエイトやせどりなどのネットビジネスも女性にとっては少しハードルが高いので、必ずしも全ての女性にとってお勧めの副業とは言えません。
その点ではチャットレディの副業は女性にしかできない仕事で、なかには50代や60代の女性もチャットレディとして頑張っていると聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)