後悔しない上手な転職と後悔する下手な転職

戦後の日本では大学を卒業して企業に就職すれば、一生その会社に勤める終身雇用が当たり前でした。
そのため転職した人は勤めていた会社で何か大きな失敗や背任行為をして、会社を辞めたというレッテルを貼られていました。
しかし今では大卒の半数の人が35歳までに1度は転職を経験している時代で、昔のような転職にあまりマイナスなイメージはありません。
それでもなかには転職して後悔する人もいるようです。
そこで今回は後悔しない上手な転職と、後悔する下手な転職について詳しく検証してみます。

日本の特異な新卒採用制度

大学を卒業して企業に就職した新入社員の、約3割が3年以内に転職すると言われています。
これは大学を卒業したならばとりあえずどこかの企業から内定を貰い、入社しないと既卒となりなかなか就職できないことが背景にあるようです。
そのため入社してから、本当に自分がしたい仕事ではないと感じ始め転職するようです。
企業からすれば新卒の社員に対してはある程度の投資をしているので、3年以内に他社に転職されるのは裏切られたような気持ちかもしれません。

後悔しない上手な転職

日本では35歳を過ぎると途端に、転職が難しくなるとも言われています。
これは20代での転職であれば年収アップも比較的に容易ですが、35歳を過ぎると企業が求めるスキルや能力が高くなるため、35歳を過ぎて転職しても逆に年収ダウンするケースも多いためです。
つまり35歳を過ぎて転職するのであれば、企業が求めるスキルや能力を身に付けていないと、年収がダウンする可能性があるということを知るべきでしょう。

まとめ

後悔しない上手な転職とはあまり年収アップだけにこだわらないで、自分のスキルアップや能力を高めることを重視した方が良いでしょう。
逆に後悔する下手な転職とは年収アップだけにこだわり、転職先で結果を出せずに後で後悔するような転職をする人のことです。
転職で大事なことは自分の実力を付けることで、そうすれば将来においてまた転職したとしても、自分自身の市場価値が高くなっているはずです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【お金よりも大事なもの】

副業やネットビジネスで稼いでる人にもある、お金より大事なもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)