無理しない生き方も必要

私たちは学校では同級生と学業で争い、社会人になってからも同僚との出世を争う競争社会に生きています。
また私生活でも友達との付き合いや、家族の問題などさまざまなストレスを抱えて生きています。
ある程度のストレスがあったほうが人間は成長するようですが、過多なストレスは精神的にも心身的にも悪影響を及ぼします。
そこで今回はストレスが少ない、無理しない生き方について詳しく検証してみます。

ストレスが引き起こすさまざまな症状

ストレスとは外部からの原因によって生体にひずみが生じた状態と定義されていますが、ストレスの要因も暑さや寒さや渋滞などの外的要因や、不安や不満などなどの心理的要因や会社でのパワハラや家庭の問題など社会的要因とさまざまです。
またストレスが引き起こす症状もさまざまで会社でのパワハラや仕事がストレスが原因で、眠れないとか朝から起きれなかったりします。
またストレスでイライラしたり逆に元気がなかったりアルコールや煙草の量が増えたり、食欲がなかったり逆に過食になったりします。
ストレスが原因でさまざまな病気になることもありよく知られているのがうつ病で、残業が続きうつ病で過労死するサラリーマンが未だに多数います。

頑張らない無理しない生き方もいい

日本に住んでいるとあまり気付かないかもしれませんが、日本人は真面目な人が多くさまざまなストレスを感じるようです。
日本のように1分の誤差もなく電車が到着する国などなく、自分だけでなく他人に求めるレベルも高い国です。
そんな日本に住んでいると自分だけストレスレスな生き方をすることはとても難しいことですが、時にはあまり頑張らない無理しない生き方も必要です。
そうしないと過度なストレスを抱えていると身体を壊したり、最後は心も折れてきて危険です。

まとめ

適度なストレスがないと刺激がなかったり人生が退屈なものになりますが、もし自分で過度なストレスを抱えていると感じたならば頑張らないことも考えるようにしましょう。
学校で虐めに遭ったり会社でパワハラが原因で引きこもりや過労死するくらいならば、転校や転職する選択肢があることも忘れないことです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【勝てるギャンブルはないのか】

勝てるギャンブルはないのか


ストレスが原因となって引き起こす様々な病気や疾患
http://stress-resolution.com/a_symptoms/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)