考えたくもない、、、財産差し押さえとは?

税金の未納が続いていると催促状、督促状が送られてきます。それでも尚、お金を払えないでいると財産差し押さえとなります。
この流れはご存知の方も多いかもしれませんが、財産差し押さえとは具体的にどのようなことが行われるのでしょうか?

 

預金からの引き落としです


財産差し押さえはまずは預金口座からの引き落としです。不思議に思う人も多いかもしれませんが、自分自身の預金口座は行政側が把握しているものです。これまでの取引履歴から行政側にも知られているのでしょう。
いつ引き落とされるのかといえば、催促状に期日が明記されています。期日までの振り込みが確認されないと、数日もすると預金口座からお金が減っています。「差し押さえなんて口だけだろう」と思っている人も多いようですが、最終通告書には自分の預金口座まで明記されていますので、脅しではないことが分かるのです。
預金口座に余裕のない人にとっては死活問題ですが、単純に振り込みが面倒で、でも口座にお金があるという人にとってはそこまで困る問題ではありません。金融機関への借金ではなく、あくまでも税金の未納なだけですので仮に預金口座から強制引き落としをされてしまったとしても、ブラックリストに載ることはありません。

 

預金が不足しているので引き落とし出来ない場合


預金が不足している、あるいは引き落とされるのが嫌なので預金口座からお金を移して残高不足にすればお金を取られないだろうと楽観視している人もいるようですが、行政は民間の金融機関にはないものを持っています。それは「強制執行の権利」です。
例えばキャッシングなりクレジットカードのショッピングでのお金が足りない場合、金融機関が出来るのは催促までですが、行政の場合先に挙げたように預金口座からの強制的な引き落とし、さらには預金口座が不足している場合には自宅までやってきます。そしてお金になりそうな物を持っていきます。それを官公庁オークション等で売却して費用に充てるのです。
「ひどい話」だと思うかもしれませんが、そもそも支払わなければならない物をいつまでも支払わなかったことによる自業自得です。何を差し押さえられるのかは、まさにその日訪問する人間の気分次第です。基本的にそこで得たものを売却しますので、高値が付きそうな物を取られてしまいます。自分の生活に必要だからという言い訳は通用しません。

 

まとめ

自宅まで来られるともはや自分の力ではどうにもなりません。そのようなことになる前に、しっかりとお金を払っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)