フリーランスという働き方

安倍首相がフリーランスという働き方を促進しようとしているという記事を目にしましたが、フリーランスとはフリーとも呼ばれ会社に所属しないで、企業などと契約を結び自分の技能やスキルで仕事や業務を引き受ける働き方です。
フリーランスにもテレビ局を辞めたアナウンサーのように、フリーランスになって会社員時代の何倍ものの年収を得るフリーランスもいます。そこで今回はフリーランスという働き方について、いろいろと詳しく検証してみます。

 

主なフリーランスの職種


フリーランスという働き方も、さまざまな職種があり一様ではありません。
主なフリーランスの職種ですがマスメディア業界ではテレビ局やラジオ局の元アナウンサーや、出版社や新聞社の元記者がフリーランスの記者やジャーナリストや評論家になったりします。例えば2016年4月30日にフジテレビを退職し、同年5月1日にジャパン・ミュージックエンターテインメントと契約し、フリーアナウンサーとして活躍しているカトパンこと加藤綾子などは、明石家さんまがテレビでフリーになったらフジテレビの5倍は稼げると話していましたが、推定年間が1億5000万円以上というから驚きです。
フリーランスの職種としては他にもカメラマンやデザイナーや通訳家や翻訳家に、IT業界のプログラマやSEなどもフリーランスが多い職種です。

 

フリーランスとして生きていくには


どんな職種であってもフリーランスとして生きていくには、どんなに技能やスキルが高くても仕事や業務の依頼がなければ生活できません。そのため自分で仕事や業務の、依頼を探す必要があります。
ウェッブサイトで見つけたり仲介業者と業務委託契約を交わしたり、なかには異業種交流会にこまめに参加して人脈作りをしている人もいますし、せっかく仕事の依頼があっても他のフリーランスと同じレベルの技能であれば、すぐに仕事がなくなってしまいます。
そのためには常にスキルアップをしないと、フリーランスとして生きていくのは難しいと言えます。

 

まとめ

カトパンのような人気のフリーアナウンサーなどは例外としても、フリーランスとして生きていくのであれば、他の人ができないような仕事をすることです。
言い換える他の人でも替えがきくような仕事ぶりだと、他のフリーランスに仕事や業務の依頼があると思ったほウが良いでしょう

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)