不動産投資で成功するには?

投資にも株式投資から商品取引や、FXと呼ばれる海外為替などさまざまあります。投資は銀行預金などとは違い元本が保証されていないので、不確実性というリスクが伴います。その反面もしその投資が上手くいけば、高い収益という見返りを期待できます。そんな投資のなかで不動産投資はやり方次第では、賃料利回りだけでなくキャピタルゲインによる大きな収益があります。そこで今回はサラリーマンでも不動産投資で成功するには、どうすればいいのかについて検証してみます。

 

不動産投資のリスクをしっかり理解するべし


不動産投資のリスクのなかで、最も怖いのが借入金です。もし仮に全額を自己資金で賄うことができれば、例え部屋の空きや家賃の滞納があったとしてもやっていけます。もし金融機関から借入する場合でも、40%以下の割合で借り入れすべきです。不動産投資のリスクには空室になるリスクと家賃の滞納リスクがつきものですが、空室リスクを避けるためには借り手がすぐに見つかるような立地を探すべきです。また家賃の滞納リスクは賃貸管理会社に委託するのが一般的なので、あまり心配はいりませんが賃貸管理会社との契約に、滞納保証がついていることを確認しましょう。他にも家賃が当初の予想と違って下る
リスクや、地震や火災のリスクも頭にいれて地震保険や火災保険に加入したほうが無難でしょう。

 

自己資金が少ない場合


資産家でない限り自己資金で不動産投資はできないので、自己資金が少ないサラリーマンの場合は中古の分譲マンションからスタートするのも手です。中古マンションであれば都内でも、1000万円程度から探すことができます。1000万円の中古マンションであれば100万円ほどの自己資金があれば、残金は金融機関でローンを組むことができます。自己資金が1000万円以上あれば、都内の木造アパートであれば1億円の物件でも購入できます。ただ自己資金が多少あっても、最初は不動産投資に慣れるまでは中古マンションからスタートしたほうが良いでしょう。

 

まとめ

不動産投資をする場合に、最初から多額のローンを組まないことです。特にサラリーマンの方であれば、多額のローンが命取りになるケースが多々あります。それと不動産投資はできるだけ、投資する場所を分散したほうがリスクヘッジになります。そうしないと予想しないことが起きた時に、同じ地域に投資を集中させていると、後悔することもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)