在宅で収入を得る方法

在宅で収入を得ると言えば昔であれば宛名書きや、ストラップのキャラクターのパーツを組み立てなどの、内職の仕事が主でした。内職の報酬も宛名書きで1通1円とか、ストラップのキャラクターのパーツを組み立てなどもものにもよりますが、大体1個作って3~5円が相場のようです。しかしインターネットの普及で在宅で収入を得る方法も多様化し、企業のデータの入力や集計や管理を在宅ワークと呼ばれるSOHOの仕事も増えています。そこで今回は在宅で収入を得る、どんな方法があるかを検証してみます。

 

在宅でデータ入力の仕事

3
データ入力の仕事であればパソコンを使って、ただエクセルなどに入力するだけで誰でも簡単な仕事に思うはずです。しかし在宅で仕事を探している主婦などが多数、応募して作業単価が下がってあまり稼げなくなっています。さらに近年のIT技術の発展で、手書き文字でも文字データに簡単に変換できるようになり、データ入力の仕事も減っています。たまに作業単価が高いデータ入力の仕事もありますが、よほど慣れていないと時間が掛かり思うに稼げなかったりします。

 

ライターの仕事

4
ライターの仕事と聞くと外で取材したりする仕事のように思う方もいるかもしれませんが、企業の依頼でSEO対策などのためにキーワードに沿って記事を作成する仕事です。自分の空いている時間に文章を書くだけなので、在宅で初心者でも気軽に始めることができる仕事です。単価も0.3~2円ほどとまちまちですが、インターネットで情報を検索する能力と、しっかりしたに文章を書くことができるが仕事の依頼はあります。

 

まとめ

在宅で仕事をする最大のメリットは会社に通勤する必要がなく、パソコンさえあれば空き時間に仕事ができることです。さらに在宅なので髪型や服装も自由で、人間関係に気を遣うこともありません。それとアルバイトだと体の具合が悪くてもなかなか休めませんが、在宅だと具合が悪ければ仕事をしなくても誰にも迷惑をかけることがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)