どうやってYouTubeで儲けるの?

2016年はお笑いタレントでDJの古坂大魔王がヒョウ柄の服を着てサングラスにパンチパーマの姿で歌う、
「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界中の134か国でYouTubeで配信され、
動画再生回数が約2か月間で5800万回を超えるなど話題になりました。

 

気になる古坂大魔王の収入


もともとあまり名前も売れていなかったお笑いタレントの古坂大魔王ですが、YouTubeから得た収入は
約2か月間で約2900万円だと言わています。
実はYouTubeには動画の画面が始まる前に広告が表示され、YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる
動画の制作者に1回の再生ごとに、0.01円から0.5円ほどの広告費が支払われているのです。
古坂大魔王の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の動画には、1回の再生で0.5円の広告費が支払われていて、
0.5円×5800万回=2900万円という計算になります。

 

日本のユーチューバーたちの凄すぎる収入


「Kan & Aki’s CHANNEL」とは3人の姉妹が登場するYouTubeで、新しいお菓子を紹介したり
家族で旅行に行った動画など日常生活をアップしています。2016年時点でのチャンネル登録者数が
145万を超え、2016年度の推定平均年収が約5975万円で、通算獲得金額が約4億万円というから驚きです。
日本人ユーチューバーの総収入ランキング1位の「Kan & Aki’s CHANNEL」ですが、
2016年度の日本人ユーチューバーの収入トップははじめしゃちょー(hajime)の8542万円で、
通算獲得金額も約3億7018万円と他のユーチューバーを引き離しています。

 

まとめ

もしYouTubeから広告収入を得るのであれば、まずはYouTubeパートナープログラムに登録しなければいけません。
YouTubeパートナープログラムの登録は未成年者でも可能で、YouTubeからの広告収入は8000円を越えた場合は
翌月の25日前後に自分の銀行口座に振り込まれます。
YouTubeの「好きなことで、生きていく」キャンペーンにあるように、いかにして視聴者の再生回数を増やすかだけを
考えればあなたもYouTubeで稼がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)