Googleが検索アルゴリズム変更 SEO対策も大きく変わるのか

ネットビジネスなどどんなビジネスであっても、必要不可欠なのがホームページです。ホームページを制作し、自分のビジネスを多くの人に知ってもらうためにも、ホームページの存在は大事です。
自分のビジネスを告知する媒体としてホームページはとても有効ですが、キーワードで検索した際にページの上位にあなたのホームページが表示されなければ意味がありません。
そこで今回はどうすれば自分のホームページが、ページの上位に表示されるかを詳しく検証してみます。

Googleの検索アルゴリズムとは

SEO対策でよく耳にするのがGoogleのアルゴリズムという言葉で、このアルゴリズムとは特定のキーワードで検索をする際に、数え切れないほどあるホームページをランキング化する決まりごとのことです。
つまり特定のキーワードでGoogleやYahoo!などで探しているサイトを表示する仕組みがこの検索アルゴリズムと呼ばれるものです。
ちなみにYahoo!も今はGoogleの検索アルゴリズムを使っているので、もしあなたが自分のビジネスをページの上位に表示したければこのアルゴリズムをよく理解する必要があります。

どのように変更するGoogleのアルゴリズム

ホームページを上位に表示するために自分のホームページを、最適化することをSEO対策と言います。
SEOとは「Search・Engine・Optimization」の頭文字をとった言葉ですが、これまでもSEO対策としてさまざま手法が講じられてきました。
最近ではDeNAがSEO対策として、内容に問題がある記事を掲載し、それを指摘されました。
そのためGoogleは2017年2月3日に検索アルゴリズムを変更して今後は、品質が低いサイトの検索順位を下げて、オリジナル記事を上位に表示すると発表したのです。

まとめ

Googleではエンジニアが常にこのアルゴリズムを更新していて、2012年には500回以上も更新を行ったとGoogleから公表されています。
またアルゴリズムが検索の順位を決める要素は200以上もあると言われていますが、今後はオリジナル記事が多い良質なサイトの検索順位が上位に表示されることだけは間違いなさそうです。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【朝活があなたの人生を変える?】

朝活があなたの人生を変える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)