副業ライターで稼ぐ!初心者が月5万円に到達するまでの方法を超具体的に解説!

副業でライターとして、初心者が月5万円稼ぐ方法をご紹介します。

「もう少し収入を増やしたい」
「スキマ時間を活用して稼ぎたい」

ネットで稼げる副業として人気の「ライター」ですので、これから今まさに始めたいと思う方もいらっしゃるかと思います。

副業というのは強制ではなく自主的なもののため、いざ始めてみたもののモチベーションが続かなかったり、思ったように稼げなかったりして、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

OL ちょき美
私もクラウドソーシングでライターの副業を行っていますが、5万円稼ぐのって難しい!
サラリーマン これ くたすけ
雇われる系の副業は僕はやらんぞう!
OL ちょき美
私はまずはライター副業からやりたいのでいいんです!でも確かに、雇われライターで大きく稼いでいる人ってあんまり聞いたことないなぁ

ライターは副業ジャンルの中では誰でも比較的カンタンに、在宅バイト感覚で始めることができます。だからこそ競合している人数も多く、稼げる副業ライターが一極集中してしまっているのが今の現状です。

そこで、今回は「副業ライターが月5万円稼ぐ方法」について解説します。

紙直樹
当サイトを監修している紙直樹です!

現在、期間限定で副業の動画講義を30名限定で無料プレゼントしています!
まずは無料で学びたい方はチェックしてみてください!
クリック

副業ライターが月5万円稼ぐまでの4ステップ

副業ライターが最初に掲げる目標で月5万円の収入を目指すことが多いです。

確かに5万円収入が増えると、生活も結構楽になるのではないでしょうか。

日中働いているサラリーマンや、家事育児をしている主婦などが副業に使える時間が50時間あったとして時給1,000円で換算すると、だいたい1ヶ月5万円くらいの収入は可能です。

しかし、副業ライター人口が増えた今では、時給1,000円すら稼げない人が大勢います。

使える時間が限られている以上、稼げる金額を上げないことには収入も上がらないままという事実が副業の辛いところですよね。

そんな副業ライターが月5万円稼ぐために必要なのが、4つのステップです。

①簡単な案件から実績を積む
②継続案件を獲得する
②ライティングのスピードを上げる
③文字単価アップ交渉をする

①簡単な案件から実績を積む

副業ライターは経験やスキルが重視されます。
会社員のように黙っていても上司から仕事を貰えるわけではなく、自分自身で募集中のクライアントに営業をかけて案件を獲得しなければなりません。

しかし、一度も記事を書いたことがない人が好条件の案件を獲得できる可能性はほぼ無いと言って良いでしょう。
何の実績も経験もない人に大切な仕事を任せようとは思いませんよね。それはライターの世界でも同じです。

十分な経験のない内は「初心者歓迎」と題された500~1,000文字程度の簡単なライティングから徐々に実績を積んでいくことをおすすめします。

月収1万~3万円程度しか稼げませんが、下積み時代だと割り切ってコツコツ目の前の案件をこなしていきましょう。
実績を積むことで、より良い条件の案件を獲得することもできるようになります。

②継続案件を獲得する

副業ライターといえど、毎月の収入は安定させたいと考える人がほとんどでしょう。
そんなときは、継続可能な案件に手を出してみるのもひとつの手です。

継続案件はクライアントと文字単価や納品数などの擦り合わせを行い、契約を成立させることでライティングができるようになります。

納品後も継続してライティングの案件が来ますので、毎回新しい案件を探すために使っていた時間をライティングに充てられるようなり、収入アップと安定が見込めます。

継続案件の難しいところは、必ずしも案件を獲得できるとは限らない点です。
ひとりの募集に対して複数の副業ライターが応募していることもあり、その場合はクライアントから選ばれないといけません。

未経験の副業ライターと経験を積んだ副業ライターでは後者の方が採用される可能性が非常に高いため、採用されなければ契約は発生せず、ライティングができないままお金を稼げなくなってしまいます。

採用される案件が見つかるまで粘り強くトライしましょう。

③ライティングのスピードを上げる

副業ライターはあくまでも副業の範囲内で行う必要があるため、本業に支障をきたさないようにやっていかなければなりません。

限られた時間の中で収入を上げるには、ライティングスピードを上げる必要があります。単純な話だと1時間で1,000文字書くのと2,000文字書くのとでは2倍の差がありますよね。スピードが上がればそれだけ収入も上がります。

ですが、スピードを重視してクオリティが下がってしまうようでは本末転倒です。

・必要な情報をあらかじめ調べておく
・見出しなどの構成を先に決める

経験を積むことによる慣れもありますが、ライティング前の下準備をしっかりと行っておくことで、記事のクオリティを下げることなくスピードを上げることが可能になります。

④文字単価アップ交渉をする

副業ライターとして継続案件を獲得し、ライティングスピードが十分に上がったら最後に文字単価アップの交渉をしましょう。

単価が上がれば作業量は据え置きで、単価アップした分だけ収入が上がります。

しかし、サラリーマンとは違い毎年昇給する制度はないので、クライアントに直接交渉をしなければなりません。そのためには日頃から「質の高い記事」を納品していることが大前提となります。

質の高い記事というのは一概には言えず、クライアントによって定義が異なりますので、直接聞いてみたり、納品した記事のフィードバックを貰うことも大切です。クライアントと密にすり合わせを行い、質の高い記事を提供できていると感じたら文字単価アップ交渉に進みましょう。

単価交渉の秘訣は両方が得をするwin-winの関係にすることです。
ただただ文字単価アップを打診するだけでなく、「納品数を増やす」「画像選定も行う」などクライアントにとってのメリットを提示することで交渉成功率はグンと上がります。
文字単価1円~1.5円くらいになれば月5万円は達成できると考えて良いでしょう。

上記の4ステップを順にこなしていけば必ず月5万円の収入は達成できます。

副業ライターの案件の探し方3つ

副業ライターとして案件を獲得するためには、やはりクラウドソーシングサイトを利用するのが一番手っ取り早いです

未経験や初心者でも仕事を受けられるので副業ライターを始める入り口として優秀な上に、必要な手続きをすべてサイト側がやってくれるというメリットがあります。

ここでは筆者が実際に使用した2大クラウドソーシングサイトのおすすめポイントと、クラウドソーシング以外で案件を獲得する方法を解説します。

➀クラウドワークス

クラウドワークスは様々なメディアで紹介され、いま最も注目を集めているといっても過言ではないクラウドソーシングサイトです。

スキルや経験不問の初心者向けから、専門職のプロ向けまで多数の案件が日々更新されていて、自分に合ったものを見つけることができます。

実際にクラウドワークスを利用している人の体験談インタビューなどが公式から出ていますので、気になる方はチェックしてみてください。

クラウドワークス

②ランサーズ

ランサーズは国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

案件数こそクラウドワークスには及びませんが、「こだわり検索」が非常に便利で、様々な条件を付けて検索することができます。

文字単価で検索することで低単価の案件を検索結果から除外し、案件探しの時間を短縮できます。少しでもライティングに時間を割きたいという方にはおすすめです。

ランサーズ

③企業の採用情報から応募

クラウドソーシング以外では、Webメディアを運営している企業のライター募集に応募する方法もあります。

普段見ているウェブメディアで記事を書きたいといった方は直接契約をすることができますし、文字単価などの報酬が優れている場合が多いというメリットがあります。

しかし、クラウドソーシングの案件とは違い、まず書類審査があり、次に一次面接があり…と実際にライティングまでたどり着くには時間がかかってしまう場合もあります。

「どうしてもこのメディアで書きたい」という方はクラウドソーシングで実績を積みつつ、希望のメディアに直接契約を持ちかけるのが得策でしょう。

副業ライターが月5万円稼ぐ方法まとめ

この記事のポイントをまとめました。

・安定して案件を貰えるように簡単な案件から実績を積む
・ライティングスピードを上げて納品数を増やす
・win-winな関係を築けたら文字単価アップの交渉へ

副業ライターは簡単に稼げる職業ではないです。
ですが、やるべきことをコツコツ続けていれば必ず月収5万円以上の安定した収入を手に入れることができます。

クラウドソーシングサイトは無料で利用できて、クライアントに身元を明かす必要もないので、万が一失敗してしまったとしても何も失うことはありません。

臆することなく挑戦してみてください。

OL ちょき美
確かにクラウドワークスで会社のお給料と同じくらい稼ぐのは難しそうだな~
サラリーマン これ くたすけ
ちょき美ちゃん!雇われる系の副業ではなく、ネットビジネスをやるのがおすすめだよ!
OL ちょき美
確かになぁ。ネットビジネスもやってみようっと!

【2019年最新!】初心者向けおすすめ副業10選【スマホ・PC・在宅】

2019年3月8日

確かにクラウドソーシングというのは業務委託とはいえ「雇われている」という状態に近いです。

もし、ビジネスとしてがっつりお金を稼ぎたい場合は「ネットビジネス(インターネットを使ったビジネス)」をすることをおススメします。

ネットビジネスをやりたい人は人数限定で動画講義をプレゼントしていますので、是非勉強してみてください^^

クリックして無料動画講義を受け取る!

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Instagramはこちら

▼公式Instagramはこちら

▼公式Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)