これからは非正規社員にもボーナスや昇給があるって本当なの!?

日本の終身雇用や年功序列などの雇用制度は、アメリカやヨーロッパの諸国と比べるとかなり特異で、正規雇用や非正規雇用という区分もありません。日本の戦後の経済成長を支えた終身雇用などはもう過去のもので、年功序列も企業から見て雇用価値がないと判断されるといつリストラにあうか分かりません。それでも日本の新卒一括採用はまだまだ健在で、新卒で内定がもらえないと既卒と呼ばれ正規雇用が途端に難しくなります。しかし政府ガイドライン案で非正規社員にもボーナスや昇給と議論が始まっています。

 

非正規社員の定義


日本や韓国には正規雇用や非正規雇用という言葉がありますが、他の国々にはこのような区分はなく海外の人に非正規社員の説明をするのも厄介です。日本での非正規社員の定義ですが、契約社員やアルバイトやパート社員などを指します。非正規社員は正社員や正職員と呼ばれる正規雇用と違い給与が低い上に、ボーナスや昇給がないので生涯収入も正規雇用と比較するとかなり少ないのが普通です。さらに正規雇用と比べて雇用が不安定で、不景気になればかんたんに解雇されます。またいくら頑張っても正社員のように昇進がないので、役職に就くこともないのが一般的です。

 

今後は非正規社員の待遇はどのように変わるのか


今回の政府ガイドライン案では非正規社員に正社員と同じような仕事をさせるのであれば、会社への貢献度や責任が正社員と変わらない場合は同額のボーナスを支給するように求めています。また仮に会社への貢献に違いがある場合にはそれに応じたボーナスを支給をしなければならないと明記されていて、これまで非正規社員にボーナスを支給してこなかった会社は今後は対応を迫られるようです。

 

まとめ

もし今回の政府ガイドライン案が正式に決まれば、非正規社員も正規社員と同じようにボーナスが支給され年収が大幅にアップするかもしれません。考えてみれば能力に差がないのに非正規社員というだけで、正規社員よりも年収が少ないとうのはおかしな話で、多くの非正規雇用の人々にとっては朗報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)