【フリーランスと起業】違いやメリット・デメリット解説!

近年人口が増加しているフリーランス。

起業とはどのような点で違うのかをご紹介しますね。

フリーランスと起業は一長一短。

どちらが良くてどちらが悪いということはありません。

この記事では、フリーランスと起業の違いだけでなくそれぞれの、

メリット・デメリットについて解説していきます。

また、フリーランスから起業を目指す方へのアドバイスもお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

定年まで5年 ぜに山 ほしお
一国一城の主になる起業は、男なら一度は憧れるものです。

私は雇われる人生(あと5年!)を選んだとはいえ、定年後もまだまだ働きたい。今後の参考に是非聞きたいものです。

(※ぜに山さんについて知りたいかたはこちらをクリック。)

 

紙直樹
当サイトを監修している紙直樹です!

現在、期間限定で副業の動画講義を30名限定で無料プレゼントしています!

フリーランス、起業に関しても参考になると思うので、まずは無料で学びたい方はお気軽にチェックしてみてください!
クリック

 

フリーランスと起業はどう違うの?

ここでは、フリーランスと起業がどのように違うのかを紹介します。

なんとなく、ひとくくりにされがちなフリーランスと起業。

違いについて理解しておきましょう!

 

フリーランスとは?

フリーランスは、

自分自身で仕事を請け負う人のことを言います。

特定の企業に所属せず、契約を自由に交わすことができるのがフリーランス!

能力次第で、多くの仕事が舞い込む可能性があります。

ちなみに、税法上、

フリーランスは個人事業主と同じです。

ただし、

個人事業主では、税務署に開業届を出します

副業でも個人事業主として開業届を出すべき?副業の初心者は必見!

2019年4月27日

 

起業とは?

フリーランスが、

自由に契約を交わし、業務を請け負うのに対して、

起業は、

サービスを創り出すことを言います!

例えば、

すでにあるサービスを充実させてお仕事をしたり、自分自身でサービスを生み出してお仕事をしたり、等々さまざま。

近年では、

「スタートアップ」や「ベンチャー」などと言い換えることもありますよ。

 

フリーランスの人口は1,100万人以上!

フリーランス実態調査 2018年版のデータによると、

フリーランスの人口は1,119万人以上といわれています。

これは2015年の914万人で22.6%増加です。

また、

日本の労働人口の17%が何かしらフリーランス活動をしているというデータになっています。

労働人口の17%ということは、働いている人の10人に1人以上はフリーランス活動をしているということですね!

あなたのデスクの向かいのあの人や、隣の部署のあの人も、実は何かしらのフリーランス活動をしているかも!?

(参考:フリーランス実態調査 2018年版

 

フリーランスの1日のタイムスケジュール ~先輩フリーランス5人の例をご紹介~

2019年5月11日
大学生 しゃちょぱ
法人にしていなくて、フリーランスとしてサービスを作りだす人もいれば、

仕事ばっかり請け負っている法人だってあるわ。

要するに、個人か組織かの違いとも考えられるわね。

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

フリーランスと起業:働き方の違い

ここでは、

フリーランスと起業の働き方の違いについて紹介します。

一般的に起業はどのようなものなのかイメージできる人は多いですよね。

一方、

フリーランスの働き方はさまざま

近年、良く耳にするようになったフリーランスという言葉。

一概にフリーランスといっても、さまざまな形で活躍することができます。

まずは、フリーランスの働き方から見ていきましょう!

 

フリーランスの働き方

「フリーランスとは?」でもお伝えした通り、フリーランスは会社に所属せずに自分自身のスキルでお仕事をもらいます。

一定の時間で仕事をする会社員とは違い、時間に縛られないのがフリーランス。

しかし、

クライアントさんからの信用をなくすと、お仕事をもらえませんよ。

 

自由でありながら、規律を保たなければいけません。

 

フリーランスとしての働き方は、大きく分けて4つの働き方があります。

以下で、見ていきましょう!

 

・複数系パラレルワーカー
複数の企業から契約をもらって働く人たちのこと

・副業系すきまワーカー
企業で働きながら、土日などの空いた時間を使って働く人たちのこと

・独立系オーナー
個人事業主のこと

・自由業系フリーワーカー
雇用先は特になく、お仕事を自分自身でもらって働く人たちのこと

 

起業する人の働き方

フリーランスと比べて、起業して働く人は、

考えなければいけないことが増えるといっていいでしょう。

・「何にお金を費やしてどうやってお金を儲けるのか」

・「どのような事業をするのか」

などなど、きちんと

先見の明をもって行動することが求められます。

もちろん、

成功した時には大きな利益を生み出す

ことができます。

定年まで5年 ぜに山 ほしお
自由なイメージのフリーランスも責任感がないといけませんな。起業なら尚更!

(※ぜに山さんについて知りたいかたはこちらをクリック。)

起業はわかるけどフリーランスってどんな仕事がある?

フリーランスでどんなお仕事があるのかイメージしにくい方のためにどんなお仕事があるのか一部お伝えしますね。

 

・ライター
副業などの働きを含めて最も始めやすいお仕事がライティング業務です。近年では、執筆は紙媒体だけではなく、Web媒体への執筆も多くあります。

 ・デザイナー
デザイナーと言っても、さまざまなお仕事の形があります。ソフトウェアを使っての創作やウェブページを作るWebデザイナーなどもあります。

・プログラマー
プログラミング言語を習得して、お仕事を請け負う形になります。

・翻訳・通訳
外国語のスキルを活かして、翻訳や通訳業務を請け負うお仕事。ひとりでお仕事獲得ができれば、立派なフリーランス活動となりますよ。

・ネットビジネス
ネットショップやアフィリエイトなど、インターネットを使ってお金を稼ぐ方法です。

 

独立したい人必見!フリーランスと起業はどう違うの?仕事・時間・収入・税金の4つで徹底解説!

2019年4月29日
大学生 しゃちょぱ
もちろんこれ以外にもたくさんあるわよね。

フリーランスって名前の響きからして、とにかく自由に生活しているっていうイメージがあるわ!

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

フリーランスとして働くメリット・デメリット

40人の定員に対して350人を超える応募が殺到したホワイトハッカー育成プログラム

 

ここでは、フリーランスとして働くメリットとデメリットを、3つずつご紹介します。

メリットばかりでなく、デメリットにもきちんと目を向けましょうね。

 

メリット1:自由に働くことができる

フリーランスを目指す際の大きなメリットのひとつが、

自由な働き方

時間や場所に縛られず、働くことができます。

フリーランスとしての働き方はインターネット環境を必要とする場合が多いですよね。

インターネットがあれば、カフェや図書館、家などどこでも仕事の作業をすることができます。

 

メリット2:低リスクではじめられる

起業よりも、

低リスクで気軽にはじめることができるのも、フリーランスのメリット!

投資の要素が含まれる起業よりもかなり低リスクでフリーランスとしての活動をはじめることができます。

特に手っ取り早くはじめる方法が、

クラウドソージングサイトへ登録してお仕事の請負。

大きいところですと、クラウドワークスやランサーズなどがあります。

一度は聞いたことのあるサイト名ですよね!

 

メリット3:裁量権が自分にある

フリーランスは自分のスキルを提供して、お仕事をもらうものです。

自分が「次はこんな仕事がしたい!」「自分のこのスキルを活かしたい!」などなど、

スキルを存分に活かした仕事をすることができます。

また、

やりたくないことお仕事は「受けない」という選択権もあります。

覚えておかなければいけないのは、相手方あってのことですよ!

やりたいプロジェクトや業務があったとしても、

クライアントさんへの提案・営業などは必ずしなければいけません。

 

大学生 しゃちょぱ
自由で、低リスクで、裁量権が自分ってサイコーじゃない。

あたしにピッタリ!

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

デメリット1:労働基準法は適用外

フリーランスとして働く場合の最大のデメリットといえるのが、

労働基準法が適応されないというポイント。

企業で雇用されていないフリーランスには適用してもらえません。

そのため、

有給休暇や最低賃金などの法律から保護を受けることができないです。

 

デメリット2:収入=報酬!お仕事をもらわなければいけない

「報酬でお金を得る」という言葉はあまりデメリットに感じませんよね。

しかし、

報酬というのはお仕事によって受け取れるもの。

お仕事をくれるのはクライアントさんです。

クライアントさんがいなくなったら、収入(=報酬)が減るということになってしまいます。

フリーランスを目指す場合は、

さまざまなところに収入減を作ることが大切になりますよ!

フリーランスの場合、働き方がさまざまなので、平均収入をみるのは難しいです。

しかし、

「フリーランス白書2019」のデータだと、全体で一番大きい割合を占めたのは、

「200~400万円未満」でした。

(参考:フリーランス白書2019(■平均勤務時間・個人収入[Q2])

 

デメリット3:スキルが必要

フリーランスは良くも悪くも、ひとりでお仕事をしなければいけません。

スキルがなければ、「お仕事を安定して獲れない!」ということも言えます。

意外と見落としがちなのが、スキルはプログラミングスキルやデザインスキル、ライティングスキルだけではないという点!

それは何か?

ずばり、

コミュ力です。

コミュニケーション力がなければ、クライアントさんとの信頼関係を築くのは難しいです。

フリーランスになる際に、とても大切なスキルですよ。

 

大学生 しゃちょぱ
コミュ力なら自信アリ☆

将来はフリーランスの有名ユーチューバーになって憧れのインフルエンサーになるんだもん♪

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

起業して働くメリット・デメリット

 

起業にももちろん、

メリットデメリットがあります。

ここでは、

起業のメリットとデメリットを3つずつ紹介します!

 

メリット1:成功した時の収入が大きい

創り出したサービスが軌道に乗り、

安定すると大きな収入を得ることができます。

起業する際の収入の増加は起業する際のモチベーションのひとつですよね。

フリーランスよりも高リスクで始める場合が多い、起業。

仕事のやりがいも感じながら、大きな収入を得られるのはとても魅力的ですよね。

 

メリット2:肩書の信頼が厚い

フリーランスで働いているよりも、

経営者として働いた方が信用されるケースが多いです。

起業をする際は、手続きや資金など、

事業とは別の作業が多くなります。

それらをすべて解決しなければ起業をすることができません。

そうなると、

必然的に手軽に始められるフリーランスよりも周りからの信頼が高まりますよね。

 

メリット3:人の役に立つ

起業では、自分自身でサービスを生み出します。

うまくいけば、

喜んでくれる人がたくさんいるということですね!

世の中の役に立つものが作れる!という点はとても魅力的な部分です。

 

大学生 しゃちょぱ
社長って響きがカッコいいわ!

私も将来は絶対に社長になるの!

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

デメリット1:リスクがある

最初の投資金額によって上下しますが、

フリーランスよりもリスクがあるのが起業です。

投資した金額が大きければ大きいほど、成功しなかった場合のダメージが大きくなります。

リスクを避けたい場合は、

・「小さい金額で開始する」

または、

・「副業から開始する」

などがおすすめですよ!

 

デメリット2:手続きが大変

起業をする場合は、

ありとあらゆる手続きが大変になってしまいます。

印鑑を作ったり、資金作りをしたり、会社の名前を考えたり、会社のロゴマークを考えたり、登記をしたり、等々、、、

起業する時の手続きはたくさんあります。

また、業種によっては保健所などでの続きも行わなければいけません。

 

デメリット3:法人税が掛かる

利益が大きくても小さくても、起業した際は、

法人税を金額支払わなければいけません。

利益が小さくても支払わなければいけないため、事業が軌道にのらない時は経営を圧迫してしまう恐れもあります。

 

大学生 しゃちょぱ
法人は面倒なことが多そうだけれども、利益が出ていれば、人を雇って仕事をお願いすることができるもんね。

フリーランスから始めて、最終的に会社作って、社長になりたい!

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

 

地方で起業して最大300万円の助成金・補助金ゲット!UターンIターン希望者必見の地方創生推進交付金とは

2019年3月14日

起業したいフリーランスへアドバイス

Business law student with pile of books working in library

 

ここでは、これから起業を考えているフリーランスの方へアドバイスを2つお伝えします。

以下で詳しく紹介しますね。

 

アドバイス1:どんな準備が必要?

・会社名

・住所

・印鑑(会社の名前)

・事業内容などの整理(定款)

・資金

 

少なくとも上記5つは必ず必要になってきます。

事前に準備しておくようにしましょう!

これ以外にも、税務署の届け出などが必要になってきます。

 

アドバイス2:起業した方が良いケースとは?

一般的に、

所得が800万円以上の場合、起業して法人化した方がよいとされています。

ですが、利益だけでなく、

税金や社会的信頼などなどを包括的に考える事が大切。

また、

お得になる部分ばかりに目を向けないことも大切となります。

法人化を考える方は、自分自身で行っているお仕事がうまくいっているということ。

特に、従業員やメンバーを引き連れて法人化する場合は、フリーで活動している時よりも責任が大きく変わります。

「なぜフリーランスになりたかったのか」
「何が幸せなのか」

原点に戻り、もう一度見つめ直さなければいけません。

大学生 しゃちょぱ
私は、

・ちやほやされたい
・お金持ちになりたい

ってゆうのが、将来社長になりたい理由よ。

きれいごとはいったん置いておいて、シンプルに考えることがいいんじゃないかしら?

(※しゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

おわりに

 

この記事では、フリーランスと起業の違いを中心にお伝えしました。

「フリーランスが良い!」「起業が良い!」ということは一概には言えません。

一長一短なのがフリーランスと起業です。

 

とはいえ、

フリーランスの方が始めるリスクが低いのも事実です。

 

ゆくゆくは起業も視野に入れつつ、まずはフリーランスで副業を始めるのが最も現実的かもしれません。

フリーランスのお仕事についても紹介しましたので、「これから始めてみたい!」という方は是非参考にしてみてくださいね。

紙直樹
僕も元々は副業から始めて、フリーランスで軌道に乗ってから法人化しました。

フリーランスや起業を考えている人にアドバイスできる事がたくさんあるので、是非こちらの本を読んでみてほしいです!

期間限定で無料でお読みいただけます。

定年まで5年 ぜに山 ほしお
私も拝読させていただきました!

大変勉強になるので皆さんも是非!

大学生 しゃちょぱ
あたしみたいな学生にもスゴク読みやすかったです♪
(※ぜに山さんとしゃちょぱについて知りたいかたはこちらをクリック。)

 

このサイトのトップページはこちら

 

・他にもおすすめの記事はこちら↓

個人事業主と法人の違いとは?特徴とメリット・デメリットを解説!

2019年4月21日

副業するなら税金対策が必須!家賃や電気代も経費に?

2019年4月5日

・会社員・サラリーマンにおすすめの記事はこちら↓

会社員・サラリーマンにおすすめの副業記事まとめ

2019年4月10日

 

Sideline.Labの情報をもっと知りたい方は

下記SNSをフォローすれば、
Sideline.Labの情報を定期的に受け取ることができます。
フォローお待ちしております^^

公式Instagramはこちら

▼公式Facebookはこちら

▼公式Twitterはこちら

投稿者プロフィール

アバター
Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です